HOME >  組織・研究分野 >  学生実験室

組織・研究分野

学生実験室

専攻・コース

附属共同利用施設 [at]

電気情報物理工学科の学生実験では、4セメスター(2年後期)の電気情報物理工学実験A、5セメスター(3年前期)、の実験B、6セメスター(3年後期)の実験Cが必修科目として行われており、延べ800名近くの学生がこの実験室を利用している。

実験テーマは以下に示しているように、実験Aでは、電気情報物理工学の基礎を学ぶために、電気・電子回路素子、真空電子や半導体工学、信号処理などの基礎実験が行われている。 実験Bでは、電子工学、光計測、計算機工学、高電圧工学、超音波工学、生体工学など広範な分野の基礎的な実験を行っている。 実験Cでは、さらに専門的な内容を学ぶために、光および伝送工学、半導体応用、信号処理技術、制御設計技術、ネットワーク技術、発電および電力変換工学、真空技術、超電導体などの先端的なテーマに触れることができるようになっている。

さらに、7セメスター(4年前期)には学生実験Dが実施されている。これは配属先の研究室における短期研修として行われるもので、最先端の研究活動の実際を体験できるようになっている。 いずれの実験においても口頭発表や面接が行われており、レポートのまとめ方や、発表の仕方も併せて習得できるようになっている。

学生の指導は専任のスタッフや多数の教員が担当しているほか、多くの大学院生がティーチングアシスタントとして後輩の指導にあたっている。

実験テーマ一覧

実験A
  • LCR(インダクタ、
    コンデンサ、抵抗)回路
  • 磁性体
  • 強誘電体と
    その圧電・焦電的性質
  • 真空中の荷電粒子
  • プラズマ現象の基礎
  • 半導体
    (導電率・Hall効果)
  • 半導体
    (ダイオード・トランジスタ)
  • 信号のサンプリング
実験B
  • 計算機の基礎
  • 光ファイバ
  • 直流回転機
  • IC演算増幅器
  • レーザー光の基礎特性
  • 絶縁破壊現象
  • 超音波の発生と
    超音波計測
  • 神経方程式の動的性質
  • 液晶デバイス
実験C
  • アンテナ・分布定数回路
  • 光通信の基礎
  • トランジスタ増幅器
  • 変調・復調
  • ディジタル信号処理
  • 制御系設計の基礎
  • コンピュータネットワーク
  • 交流回転機
  • パワーエレクトロニクスの基礎
  • 磁化プラズマ
  • 超電導体
東北大学 電気・情報系
〒980-8579 仙台市青葉区荒巻字青葉 6-6-05
TEL : 022-795-7186(教務係)
Email :

mail