HOME >  組織・研究分野 >  藤掛・石鍋研究室

組織・研究分野

画像電子工学 [藤掛・石鍋] 研究室

教員・職員

[PHOTO.1] 教授 藤掛 英夫
(画像電子工学分野)
[PHOTO.2] 准教授 石鍋 隆宏
(表示デバイス工学分野)
[PHOTO.3] 助教 柴田 陽生

 従来のガラス基板に替わりプラスチックなどの基板を用いた高画質の液晶ディスプレイは、 薄い・軽い・割れないなどの特質を備えるため、 携帯情報端末などの小型ディスプレイ用途はもとより据え置き型の大画面ディスプレイにまで大きな波及効果をもたらします(シートディスプレイ)。

さらに基板を一層薄くして柔軟化させたフレキシブルディスプレイは、 あらゆる生活環境での情報提示を可能にするため、高品位な映像情報ネットワークの 進展を伴ってエレクトロニクス全般を牽引する基盤技術となります。 これにより、将来の情報化社会やライフスタイルが変革されていく可能性があります。

 本研究室では、柔らかい有機材料(液晶、高分子、有機半導体、複合膜など) における分子配列の自己組織化や界面現象を解明するとともに、 高度な分子配列制御技術の開発により革新的な光・電子機能を開拓していきます(ソフトマターエレクトロニクス)。 それらを基に、ヒューマンファクターも加味した高画質フレキシブルディスプレイ(図1) やヒューマンインターフェース用の高機能光学デバイスをはじめ、 先進的な画像デバイス技術を提案・構築していきます(図2)。

 また、分子配列制御を軸にして、次世代フレキシブル/プリンタブルエレクトロニクスの構築にも積極的に取り組んでいます。

研究テーマ

  1. プラスチック基板を用いた液晶ディスプレイの製造基盤技術および高画質化に関する研究
  2. 有機分子の自己組織化/界面現象の解明と分子配列制御技術の高度化に関する研究
  3. 液晶性/結晶性を活用した塗布型高移動度有機半導体に関する研究
  4. 液晶物性の高精度評価技術と低電力・高機能ディスプレイデバイスに関する研究
  5. 光学的等方相を利用した次世代液晶技術とフレキシブルデバイスへの応用に関する研究
東北大学 電気・情報系
〒980-8579 仙台市青葉区荒巻字青葉 6-6-05
TEL : 022-795-7186(教務係)
Email :

mail