HOME >  組織・研究分野 >  中沢・廣岡・吉田研究室

組織・研究分野

超高速光通信 [中沢・廣岡・吉田] 研究室

教員・職員

photo 教授 中沢 正隆 (電気通信研究所)
准教授 廣岡 俊彦 (電気通信研究所)
准教授 吉田 真人 (電気通信研究所)
助教 葛西 恵介

[Fig.1]
図1: 超高速光通信実験の様子

[Fig.2-1]
[Fig.2-2]
図2: フォトニック結晶ファイバのSEM写真
上側:ファイバ全体
下側:コアの周りを拡大した様子

インターネットで扱われる情報が音声、静止画、動画と多彩になり、また利用者が広がるにつれ、 快適なコミュニケーション環境を提供する大容量・超高速ネットワークの実現が大変重要になってきている。 超高速光通信技術はそのネットワークを支える中核技術である。 本研究分野は、光・量子エレクトロニクスをもとにして、超高速光通信の基盤となる超短光パルス発生・伝送技術、 ソリトンを中心とする非線形波動技術、超高速レーザ技術、光信号処理技術の研究を行い、21世紀のグローバルな超高速光ネットワークの構築を目指している。

光ソリトン通信に関してはファイバ伝送路に分散マネージメントを施すことにより、群速度分散のトレランスとパワーマージンが従来に比べて大幅に改善されることを示してきた。 今後、1チャンネル当りの伝送速度を100 Gbit/s以上に高速化すること、さらにはこのソリトンを高速光信号処理へ積極的に応用することが研究課題である。

フェムト秒光パルスの発生およびそれを用いた光時分割多重(OTDM)超高速伝送の研究にも力を入れている。 最近新型のモード同期ファイバレーザと光ソリトンパルス圧縮技術とを組み合わせて40 GHzで100 fsのパルス列を発生させることに成功している。 さらに時間領域での光フーリエ変換を利用した新たな超高速無歪み伝送の研究開発に取り組んでいる。 また、高安定なモード同期レーザはその縦モード間隔が新たな周波数基準になるため、その方面への応用も探求している。 さらに、光ファイバの断面内に空孔を沢山もうけたフォトニック結晶ファイバの開発とその光通信への応用を目指して研究を進めている。

研究テーマ

  1. 超高速光ソリトン伝送および非線形光学効果に関する研究
  2. フェムト秒光パルスを用いた光時分割多重超高速伝送に関する研究
  3. 超短パルスモード同期レーザと周波数標準・光マイクロ波領域への応用
  4. フォトニック結晶ファイバならびに新機能性光ファイバの研究と新たなる光通信の開拓
東北大学 電気・情報系
〒980-8579 仙台市青葉区荒巻字青葉 6-6-05
TEL : 022-795-7186(教務係)
Email :

mail