HOME >  組織・研究分野 >  大堀研究室

組織・研究分野

ソフトウェア構成 [大堀] 研究室

教員・職員

photo 教授   大堀 淳   (電気通信研究所)
准教授 上野 雄大 (電気通信研究所)

 現代社会では、その制御機構の中枢が多様で膨大なソフトウェア群によって担われている。 高度情報化社会の発展や、その基盤となる計算機やネットワークの進歩に伴い、 多様かつ複雑な問題を高性能な計算資源を駆使して解決する高度なソフトウェアが必要となっている。 このような社会が信頼性・利便性を確保しながら発展してゆくためには、 高信頼・高性能なソフトウェアを高い生産性で開発するための基盤技術の確立が必須である。
 そこで本研究室では、 ソフトウェア開発の基盤であるプログラミング言語および膨大なデータの処理の基幹をなすデータベースを中心に、ソフトウェア構成基盤の研究を行っている。 特に、高信頼プログラミング言語の基礎理論および実装技術の研究、 さらに、基礎研究成果を活かした実用システムの開発を目指している。

研究テーマ

  1. 次世代高信頼プログラミング言語SML#の開発
  2. コンパイルの論理学的基礎
  3. データベースとプログラミング言語の統合
  4. アルゴリズム構成・効率化のためのプログラム変換
  5. 高信頼Webプログラミングのためのスクリプト言語
東北大学 電気・情報系
〒980-8579 仙台市青葉区荒巻字青葉 6-6-05
TEL : 022-795-7186(教務係)
Email :

mail