HOME >  組織・研究分野 >  西條研究室

組織・研究分野

医用イメージング [西條] 研究室

教員・職員

[PHOTO.1] 教授 西條 芳文
(医工学研究科)
[PHOTO.2] 助教 長岡 亮
(医工学研究科)

コンピュータグラフィックス(CG)は、映画、アニメやゲームの領域だけではなく、医療現場でも役立っています。 これは、身体の中を思うように覗いて、高精度な診断を行い、その結果を治療に活かしたいという医師の強い要望を、 この10年間で急成長したコンピュータ技術とそれを自由自在に操る技術者・工学者が受け止めたという、 東北大学伝統の医工連携のわかりやすい実例だと思います。

 私たちは、身体の中でも、特に、心臓や血管などの動きのある臓器の超音波やCT(コンピュータ断層法) による三次元イメージングと高精度組織診断に関する研究や、身体の中の血液の流れを超音波やMRI(磁気共鳴画像) で計測し、コンピュータで流れや圧力を解析したりするという研究を行っています。 また、既存の医用診断技術で得られた画像を解析するだけではなく、高周波数の超音波でナノレベルの 解像度を実現した超音波顕微鏡と言うオリジナルな診断装置を開発して、身体の中の様々な臓器や生きた細胞のイメージングを実現し、 さらに超音波顕微鏡で得られたデータにより各種病態をバイオメカニクス的な視点から解析しています。

研究テーマ

  1. 心血管系の三次元イメージング
  2. 生体組織の高精度診断
  3. 心血管系の血液の流れの解析
  4. 高分解能生体イメージングのための超音波顕微鏡の開発
東北大学 電気・情報系
〒980-8579 仙台市青葉区荒巻字青葉 6-6-05
TEL : 022-795-7186(教務係)
Email :

mail