HOME >  組織・研究分野 >  先端電力工学研究室

組織・研究分野

先端電力工学(東北電力)共同研究講座 [先端電力工学] 研究室

教員・職員

[PHOTO.1] 客員教授 八島 政史
(電力中央研究所)
[PHOTO.2] 客員教授 岡本 達希

現代社会を支える基幹エネルギーである「電力」には高い信頼性が求められています。発電所で作られた電力を需要家に送り届ける電力流通設備(電力ケーブル,送変電機器,配電設備など)はその「かなめ」となるもので,安定供給を担うための基盤的な電力技術の深化はもとより,再生可能エネルギー発電の導入や地球環境への対応,社会インフラとしての先進性など,新たな技術開発が求められています。

一方,電力流通設備を取り巻く環境は,電力自由化による競争原理の導入,発電量が変動しやすい再エネの連系拡大,高度経済成長期に拡張された経年設備が順次更新時期を迎えるなど,大きく変化ししつつあります。 しかしこのような情勢においても,社会の基盤を支えるため,電力の安定供給や効率的な電力設備形成が不可欠です。

そこで,先端電力工学研究室では,再生可能エネルギーの大量導入や電力自由化など不確かなエネルギー情勢においても一層効率的で安全かつ安定に電力を供給するため,下記のような新しい時代に適した電力流通設備の維持管理・運用技術,ならびに先進的な監視・診断技術について研究を行っています。

研究テーマ

  1. 電力流通設備の安定運用に資する維持管理技術
  2. 電力流通設備の経年特性の評価と先進的な監視・診断技術
  3. 再エネの大量連系や系統運用の変化に対応した電力流通設備の運用技術
東北大学 電気・情報系
〒980-8579 仙台市青葉区荒巻字青葉 6-6-05
TEL : 022-795-7186(教務係)
Email :

mail