HOME >  組織・研究分野 >  八坂研究室

組織・研究分野

応用量子光学 [八坂] 研究室

教員・職員

photo 教授 八坂 洋 (電気通信研究所)
助教 横田 信英

応用量子光学研究分野では、新世代光情報通信ネットワークの実現を目指した革新的な新機能半導体光デバイスの実現を第一の目標とし、また、レーザ発振や線形・非線形光学応答の新しい制御・活用に基づく超小型・超広帯域コヒーレント光源の創出と新領域への展開を第二の目標として研究を進めている。

本研究分野では、新原理に基づく高機能半導体光デバイス創出のため、半導体レーザや半導体光変調器をベースとした高機能半導体光デバイス、及び新機能半導体光集積回路の研究を行っている。光の強度、位相、周波数、偏波を自由に操ることのできる半導体光デバイス・光集積回路を実現することで、超大容量、超長距離光通信ネットワークの実現を目指している。

また、高周波エレクトロニクスの高周波極限、レーザー・フォトニクスの低周波極限に相当するテラヘルツ帯の電磁波スペクトル領域応用では、情報通信、物質科学、医学、各種センシングなどの科学技術分野における新展開が期待されており、超広帯域周波数可変コヒーレントテラヘルツ波光源システム、テラヘルツ帯コヒーレントラマン(THz-CARS)顕微分光システムを用いたテラヘルツ帯バイオフォトニクスの研究を進めており、局所電場増強効果等を用いた新しいバイオ機能センシング手法の開発や、超高解像度のテラヘルツイメージング等への展開を目指している。

本研究分野では、あわせて光エレクトロニクス的手法による情報通信・計測や、半導体光デバイスの超高速動作とその演算処理への応用など、新しい光エレクトロニクス分野の開拓をはかっている。

研究テーマ

  1. 高機能半導体光デバイスの研究
  2. 新機能半導体光集積回路の研究
  3. 非線形光学効果を用いた超広帯域コヒーレント光源の研究
  4. テラヘルツ帯バイオフォトニクスの研究
東北大学 電気・情報系
〒980-8579 仙台市青葉区荒巻字青葉 6-6-05
TEL : 022-795-7186(教務係)
Email :

mail