研究室公開

OPEN LABORATORY

物理で切り拓く先端材料

28

スピン-究極の微小磁石が拓く未来技術-

生体用磁場センサを体験!

安藤(康)研究室

EXHIBIT

オープンキャンパスでの展示

磁場センサーのデモンストレーション、および、スパッタリングを用いた金薄膜の作製体験

脳や心臓に流れる電気によって発生する磁場を、「生体磁場」と呼びます。生体磁場を計測できれば、病気の治療や生体機能の解明などに役立ちます。しかし、生体磁場は非常に微弱なため(地磁気の約100万分の1)、計測は非常に難しいのです。私たちは、「スピン」という究極の微小磁石を用いて、室温動作の生体磁場測定装置の実現を目指しています。展示では、磁場測定のデモと素子作製の基本技術である薄膜作製を体験できます。

スマホアプリが研究室をナビゲート

SmartCampusへ