研究室公開

OPEN LABORATORY

未来を拓くスマート技術

58

人、モノ、社会、街と共生するサイバー空間

現実・仮想空間を融合したコミュニケーション

菅沼・阿部(亨)研究室

EXHIBIT

オープンキャンパスでの展示

現実・仮想空間を融合したタウンマネージメント支援システムのデモ

人、モノ、社会、街と共生するサイバー空間の実現を目指した研究開発の成果として,現実・仮想空間を融合したタウンマネージメントアプリケーションのデモを行います.具体的には,街中に埋め込まれた様々なセンサから得られるデータを蓄積し,プライバシに配慮しながらそれらを分析・解析して,タウンマネージメントに有用な情報を生成・提供するプラットフォーム,およびそのプラットフォームを利用したVRアプリケーションを、HMD(Oculus Rift)で体験できます。

災害に強いネットワーク制御技術の研究開発

災害時においても残存機器内から情報を迅速に回復できるしなやかなストレージ基盤技術の実現に向けて,ネットワークの利用状況や災害のリスクに応じて動的に通信回線を制御するスマートルーティングの研究開発を行っています.これにより安全な場所へ効率的かつ高速にデータを転送することが可能となります.具体的には、Software Defined Network (SDN) 技術を用いて,自律的にデータ転送の経路を多重化し,かつボトルネックや災害により不通となった経路を回避することが可能となります.

スマホアプリが研究室をナビゲート

SmartCampusへ

共生空間における共生感提供機能

現実空間と仮想空間を感覚的に融合することで,両空間のユーザ間のコミュニケーションを効果的に支援する「共生空間」の実現を目指しています.両空間のユーザが互いの空間やその中のユーザの存在を感じる感覚「共生感」に着目し,最新のデバイスやセンサを活用して共生感を醸成する機能(共生感提供機能)の研究・開発を進めています.具体的には,鏡型共生感提供機能「シンビオミラー」,額縁型「シンビオフレーム」,HMD型「シンビオグラス」等の開発を行っています.
 

タウンマネージメント支援システムと仙台市田子西地区での実証実験

共生空間の概念を適用した応用システムとして,タウンマネージメント支援システムの研究開発を行っています.具体的には,街中に埋め込まれた様々なセンサから得られるデータを蓄積し,プライバシに配慮しながらそれらを分析・解析して,タウンマネージメントに有用な情報を生成・提供するプラットフォーム,およびそのプラットフォームを利用したアプリケーションとしてのタウンマネージメント支援システムの開発を,国際連携プロジェクトとして進めています.また,仙台市田子西のエコモデルタウンをフィールドとした本支援システムの実証実験を計画しています.
 

映像の階層的解析による人物と物体とのインタラクション検出

人物と物体の様々な「インタラクション」(人物が物体を掴む・離す・動かす等)を映像から高い精度で検出する手法について研究を進めています.本研究室が提案する手法では,まず,映像を階層的に解析し「映像からの個々の人物領域の抽出 → 各人物領域中での各部位の特定 → 前腕と周辺領域の決定」を行います.次に,決定された前腕と周辺領域の見え方の変化から,「前腕の動き」や「前腕周辺での物体の動き」を調べ,人物と物体のインタラクションの有無を判定します.