研究室公開

OPEN LABORATORY

先進マルチメディア情報知能システム
情報工学コース

68

安全なネットワークの実現に向けて

秘密計算~気まずくならない告白って?~

曽根・水木研究室
2号館403号室

EXHIBIT

オープンキャンパスでの展示

気まずくならない告白って?

友達同士の二人がいて、付き合うかどうかを決めたい場面を考えよう。秘密計算という暗号技術を使うと各々の答(YES/NO)を秘密にしたまま、交際成立か不成立かだけを計算でき、たとえ不成立でも気まずくならずに済みます。そして実は赤と黒のカードを使っても手軽に計算できます。会場ではパネル展示だけですが、デモを見たい方は徒歩約十分のサイバーサイエンスセンターへ。スパコン公開や秘密が電波で漏れる電磁的情報漏えいの研究の話もあるよ。

スマホアプリが研究室をナビゲート

SmartCampusへ

カード組を用いた秘密計算

赤と黒からなるカード組を使うと,秘密計算を実現することができます。本研究室で開発した暗号プロトコルでは,赤2枚,黒2枚の合計4枚のカードを用いて,論理積(0と1の世界の掛け算)の結果を秘密に計算することができます。告白の場面に当てはめると,AliceさんとBobくんのそれぞれの気持ちを1と0で表現することにし(YES = 1, NO = 0),その掛け算の結果だけを知ることで,交際成立か不成立かだけがわかります。たとえ不成立でも,気まずくならずに済みそうですね。

電磁情報セキュリティ

電磁放射による情報漏洩のために秘密情報の機密性が損なわれたりすることがあります。そのため,伝送ケーブルにおける電磁イミュニティの確保のために,ケーブルの条件を評価する技術を研究しています。また,暗号ハードウェア等の情報システムにおける秘密情報の電磁的漏洩の抑止のために,そのメカニズムの解明と,対策技術の提案を研究課題としています。

東北大学のキャンパスネットワーク

本研究室の教員は,東北大学のキャンパスネットワークStarTAINSの構築管理運用を担当しています。