研究室公開

OPEN LABORATORY

先進マルチメディア情報知能システム
情報工学コース

26

圏外でも通信できる!?ネットワーク新時代

無人機がつくる未来のネットワーク

加藤(寧)研究室

EXHIBIT

オープンキャンパスでの展示

無人機が創り出す未来の通信体験

あらゆる機器がネットワークにつながるIoT時代が到来したことをきっかけに、様々なサービスの可能性を切り拓くことが期待されるドローン。そのドローンには、映像伝送におけるリアルタイム性の向上を可能とするための先端情報技術が求められています。私たちの研究室では、ドローンによる最新リアルタイム映像伝送システムの実現を目指して研究しています。このオープンキャンパスにて、ドローンに載せる試作機を用いた未来の通信を体験してみませんか。

スマホアプリが研究室をナビゲート

SmartCampusへ

研究スローガン

私達の身の回りは様々な通信機器とそれらをつなぐ情報通信ネットワークで溢れています。スマートフォンや携帯電話、タブレット端末、ウェアラブルコンピュータのほか、ゲーム機、電子レンジ、冷蔵庫といった家電製品、さらにはカーナビゲーション、無人航空機、環境観測器など、ありと あらゆるものに通信機能が搭載される時代となりました。これにともない、それらをつなぐネットワークも多様化が進んでいます。光ファイバネッ トワーク、無線アクセスネットワーク、携帯電話ネットワーク、衛星ネットワーク、車車間通信ネットワークなどに加え、アドホックネットワー ク、センサネットワークなど様々な通信ネットワークが構築されています。では、私達はこれらの情報通信ネットワークの能力を最大限利用できて いるのでしょうか?また、これらの情報通信ネットワークの能力そのものをさらに向上させることはできないのでしょうか?本研究室では次の時代 の情報通信ネットワークの姿を追い求め、理論を背景としたネットワークデザインとプロトコルデザインを軸として、最適な情報通信ネットワーク の実現に向けた研究開発の推進とプロフェッショナルの育成に力を注いでいます。研究分野の重要なキーワードには次のようなものがあります。
 1) 衛星・無人航空機ネットワーク
 2) 光と無線の融合ネットワーク
 3) モバイル・アドホック・センサネットワーク
 4) レジリエントネットワーク
 5) IoT、ビッグデータ、M2M、ITS

衛星ネットワーク

近年、IoTの台頭によって衛星ネットワークの利用用途は更に拡大することが見込まれています。それに伴い、今後は衛星ネットワークに対してこれまで以上に高速かつ大容量な通信が求められるようになります。そのため、次世代の衛星通信システムには、限られた通信資源を有効に活用するために、通信環境の変動に合わせて通信容量や利用地域を変更できる柔軟性が必要不可欠となります。本研究室では、通信環境が変動する中でも高い通信性能を維持する衛星通信システムの実現を目指しており、周波数共用をはじめ、省電力、時間配分など様々な角度から通信資源の割当を効率化するための研究を進めています。研究課題例は以下の通りです。
 1)通信環境変動に合わせた周波数チャネル割当て方式に関する研究
 2)通信要求の地理偏差に順応するための電力リソース割当て方式に関する研究
 3)通信要求の時間変化に追従するためのタイムスロット割当て方式に関する研究
 

レジリエントネットワーク

私たちが経験した東日本大震災のような大きな災害の発生時には、普段使われている通信インフラの倒壊や機能停止が起こりえる一方、被災者の安否確認や災害対応者の連絡の手段として情報通信の重要性はより一層大きなものとなります。このときの被災地で必要となる情報通信サービスを提供する手段として、通信機器同士の相互接続によりインフラに頼らないネットワークを構築する技術の実現が期待されます。
災害に強いICT機器や仮想ネットワークの活用により、刻一刻と変化する災害時の環境にしなやかに対応できるレジリエントなネットワークの実現を目指しています。研究課題は以下の通りです。
 1)対災害無線メッシュネットワークに関する研究
 2)サイバーフィジカルシステムとしての対災害ネットワークに関する研究
 3)ネットワーク仮想化による対災害ネットワークの性能向上に関する研究