研究室公開

OPEN LABORATORY

未来を拓くスマート技術

45

圏外でも通信できる!?ネットワーク新時代

スマホと無人機がつくる未来のネットワーク

加藤(寧)・西山研究室

EXHIBIT

オープンキャンパスでの展示

スマホアプリの体験操作、小型マルチコプターの展示

圏外でもスマホ同士でメールができることを知っていますか? 圏外でもドローン(無人航空機)を使えば遠くの人と会話できるようになることを知っていますか? 私たちは「いつでも・どこでも・だれとでも簡単に自由につくれるネットワーク」を合言葉に研究しています。ネットワークは“つながる”から“つくる”時代へと進化しつつあり、IoTなど新しい利用分野も急成長しています。その最先端をのぞいてみませんか?

スマホアプリが研究室をナビゲート

SmartCampusへ

研究スローガンとスマホdeリレー

私達の身の回りは様々な通信機器とそれらをつなぐ情報通信ネットワークで溢れています。スマートフォンや携帯電話、タブレット端末、ウェアラ ブルコンピュータのほか、ゲーム機、電子レンジ、冷蔵庫といった家電製品、さらにはカーナビゲーション、無人航空機、環境観測器など、ありと あらゆるものに通信機能が搭載される時代となりました。これにともない、それらをつなぐネットワークも多様化が進んでいます。光ファイバネッ トワーク、無線アクセスネットワーク、携帯電話ネットワーク、衛星ネットワーク、車車間通信ネットワークなどに加え、アドホックネットワー ク、センサネットワークなど様々な通信ネットワークが構築されています。では、私達はこれらの情報通信ネットワークの能力を最大限利用できて いるのでしょうか?また、これらの情報通信ネットワークの能力そのものをさらに向上させることはできないのでしょうか?本研究室では次の時代 の情報通信ネットワークの姿を追い求め、理論を背景としたネットワークデザインとプロトコルデザインを軸として、最適な情報通信ネットワーク の実現に向けた研究開発の推進とプロフェッショナルの育成に力を注いでいます。研究分野の重要なキーワードには次のようなものがあります。
 1) 衛星・無人航空機ネットワーク
 2) 光と無線の融合ネットワーク
 3) モバイル・アドホック・センサネットワーク
 4) レジリエントネットワーク
 5) IoT、ビッグデータ、M2M、ITS

スマホdeリレーのアプリ画面

当研究室が開発した端末間通信アプリ「スマホdeリレー」を搭載したスマートフォンです。スマートフォンに標準搭載されている WiFiのみを用いて直接通信できます。この画面は、2台のスマートフォン間で、メールの送受信をしている様子です。