研究室公開

OPEN LABORATORY

医工学・ヘルスケア

24

がん転移の診断と治療~臨床応用を目指して

超音波とナノバブルの医療応用

小玉研究室

EXHIBIT

オープンキャンパスでの展示

ポスターおよびPCとプロジェクターをもちいた投影による説明を行います

がんの早期診断と治療を目的に研究を行っています.ナノバブルと呼ばれる非常に小さい気泡と超音波を組み合わせ,これまでにない転移巣をターゲットとした治療の実現を目指しています.今回の展示では,超音波診断装置を用いたがん転移リンパ節のイメージングや,ナノバブルを超音波で壊した衝撃を利用して薬剤を転移巣に直接届けるドラッグデリバリーと呼ばれる最新の技術を紹介します.

スマホアプリが研究室をナビゲート

SmartCampusへ