研究室公開

OPEN LABORATORY

医工学・ヘルスケア

14

体に優しい超音波治療

超音波で照準を定め超音波でがんを治療する

梅村・吉澤(晋)研究室

EXHIBIT

オープンキャンパスでの展示

簡単なデモ実験を通じて治療用超音波のパワーを実感していただきます

超音波は,医療分野で体内の臓器の像を撮ったり血の流れを調べたりする目的など,広く使われています.最近では,超音波のエネルギーを患部に集めてがんなどを治療することにも用いられるようになりました.全く切開することなく患部を治療することができるので,体に優しく高齢化社会のニーズに応える治療方法として注目されています.展示では,簡単なデモ実験を通して治療用超音波の効果を実感していただきます.

スマホアプリが研究室をナビゲート

SmartCampusへ

超音波治療の概念図

体外で発生させた超音波を,虫眼鏡で集光するように患部に集めます.これにより,全く切開をせずにがんなどを選択的に治療することが可能となっています.

生体を模擬したゲルへの超音波照射

赤い点線で囲った部分が超音波を集めた焦点領域に相当します.生態模擬ゲルはアルブミンというタンパク質を含んだゲルであるため,超音波照射による温度上昇で変性して白く濁ります.これによって,超音波治療の治療領域の評価を行うことができます.