特設テーマ

RESEARCH THEME

好奇心を刺激する、4つのテーマ。

電気情報物理工学科オープンキャンパス2017では、類似分野をまとめて見られるように4つの特設テーマを用意しています。
1号館2F「医工学・ヘルスケア」「未来を拓くスマート技術」「物理で切り拓く先端材料」/ 南講義棟・1号館ロビー「ロボット・人工知能」

医工学・ヘルスケア

~未来の医療・健康社会を工学の力で切り拓く~

工学の力で医学の進歩に貢献するのが「医工学」。加速する高齢社会に向けて重要性が一層高まっています。本学科は90年以上前から東北大の医工学研究をリードしてきました。毎日の健康のためのヘルスケアシステムからがんなどの重大疾病を治療する先端医療システムまで、未来の医療をお見せします。

医療と健康寿命を支える医用超音波診断技術   サイバー医療で健康社会を作る!
体に優しい超音波治療   バイオエレクトロニクス&バイオセンシング
リンパ節転移の診断と治療   生体ナノシステムを視る・操る・創る
人の動きを測る、調べる、制御する   ヒトゲノムで健康になろう
人工心臓をワイヤレスで動かせ!   プラズマで創る! 癒す! 育てる!

ロボット・人工知能

~人間のパートナーとなる知能システムを創る~

私たちのくらしに徐々に入り出しているロボットや人工知能。でも、私たちが安心して任せられるパートナーとしてはまだまだ。人間の真のパートナーとなれる知能システムを実現するために本学科で展開されているいろいろな研究に触れて、未来を予感し、あなたのワクワクを見つけてください。

生き物のようなロボットを創る   音でつながる人と機械
アルゴリズムの知られざるチカラ   コンピュータの知能に挑戦
人・ロボット・ソフトウェアが奏でる世界   AIチップが拓く賢い省エネと安全輸送技術
人とコンピュータが共存する社会へ   自然言語処理:言葉がわかる人工知能
快適な音環境・高度な音響通信技術の実現   我々は何を見ているのか
ヒトとコンピュータのギャップを埋める   人工知能で人間のようなコンピュータを体験

未来を拓くスマート技術

~サイバー空間と現実空間の融合を生み出す~

来るべき未来社会像とされる「超スマート社会」の実現のために必要とされているのが、「サイバー空間と現実空間の融合」。この融合を実現する「見る」技術と「つながる」技術について私たちが提案する将来を見ていただき、現実・仮想空間を融合したコミュニケーションを体感していただきます。

フォトニクスが拓く光通信と光計測の未来   薄くて軽く、曲げられるディスプレイ
圏外でも通信できる!?ネットワーク新時代   ビッグデータ社会を支える通信用レーザ技術
ワイヤレスネットワークの未来へようこそ   インターネットを支える磁気ストレージ技術
人、モノ、社会、街と共生するサイバー空間

物理で切り拓く先端材料

~物理を物作りに生かして社会の発展を支える~

現在の高度技術社会を支える電子技術。ナノ(10の−9乗)レベルまで進んだ超微細な世界で更なる革新を生むために鍵となるのは、実はみなさんが高校で勉強している「物理」なのです。「物理」に立脚することによってどのような新しい材料や素子が生み出されるのか、世界の最先端に触れてください。

プラズマで創る! 癒す! 育てる!   低次元ワールドが拓くナノ錬金術
電子が回るナノ舞台 ~モノづくり最前線   スピン-究極の微小磁石が拓く未来技術-
タンパク質シミュレーション   工学の中の理論物理
光が彩るサイエンス   スピンが織りなす世界
熱電材料が創るクリーンな未来   超低温の神秘・超伝導の不思議
生物が創り出した回転ナノマシン   針で読み書き!ナノ世界のプラスとマイナス
計算機による物質設計   新たな物理で動作する二次元材料・デバイス