東北大学工学部電気情報物理工学科

Department of Information and Intelligent Systems

情報知能システム総合学科から2015年4月に名称変更

  • 電気工学
  • 通信工学
  • 電子工学
  • 応用物理学
  • 情報工学
  • バイオ・医工学

Blog ブログ
未来をつくるあなたへ

2015年1月のアーカイブ

「光技術 革新と進化がもたらす社会」(1月31日開催)レポート

 本日1月31日(土)17時から東北大学百周年記念会館 川内萩ホールで、東北大学及び河北新報社が主催する『東北みらいプロジェクトレクチャーシリーズ』の「光技術 革新と進化がもたらす社会」が開催されました。
『光通信が実用化されて半世紀。光ファイバー、半導体レーザー、発光ダイオード等、東北大学は、その根幹を成す革新的技術を世界に送り出してきました。高速大容量通信の進化はとどまることを知らず、今日の高度なIT社会を支えています。本レクチャーシリーズでは、青色発光ダイオード(LED)の発明で、2014年ノーベル物理学賞を受賞したカリフォルニア大学サンタバーバラ校教授の中村修二氏を招き、最先端の光技術と、その技術によってもたらされる未来社会を展望します。 』というのがイベントの趣旨。プログラム等の詳細は、東北大学ホームページをご参照ください。

 当日の詳細は、河北新報の2月15日朝刊に特集紙面が組まれるほか、「宮城の新聞」にも1週間のうちには記事がアップされるとのことですのでそれらにお任せするとして、このコラムでは会場の雰囲気と、最後に行われた「高校生からの質問タイム」での中村教授、秩父教授からの回答を紹介したいと思います。

  ※2015.2.5追記

      講演の詳細が「宮城の新聞」のWebページにアップされました。ぜひご覧ください。


日経産業新聞『大学解剖』欄 東北大学特集

 日経産業新聞の『大学解剖』欄で、本日1月20日(火)から東北大学特集が始まりました。
  (記事タイトル)
   [1面]実学の杜 最先端走る 次世代半導体 学生が試作 AO入試活用 人材幅広く
   [3面]電機復活担う 西沢門下生

 本学科の情報が満載となっています。なかなかご家庭で購読していることは少ない新聞だとは思いますが、公共図書館等にはあると思いますので、ぜひご覧ください。

 1面の記事で最初に紹介されているのは、本学科の電気通信研究所では世界の最先端を走る半導体素子の試作に学生一人ひとりが取り組んでいること。学生でも世界に挑戦できる環境があることを紹介してくれています。
 ここで登場している修士1年の平山絵里子さん(青森県立弘前高等学校出身)は、この学科Webの「高校生・受験生へのメッセージ」にも寄稿してくれていますので、ぜひそちらもご覧ください。
  「世界第一線の研究者である先生の下で充実した大学生活を送ろう
  

 3面の記事では、『東北大は今も半導体や光デバイスの研究の「聖地」だ。』と紹介してくれています。先日のこのコラムでもご紹介した、高輝度の赤色LEDや緑色LEDなどを開発した西沢潤一名誉教授のインタビューも掲載されています。

技術は科学の、はるか先を行く!

 『技術は科学の、はるか先を行く!』。

 「エンジニアリングの真髄 ─なぜ科学だけでは地球規模の危機を解決できないのか」(ヘンリー・ペトロスキー 著、安原和見 翻訳:筑摩書房、2014年3月)の本の帯に書かれている言葉です。なかなか刺激的な言葉ですね。

本の内容、目次及び著者については、出版社による紹介をご覧ください。
 筑摩書房
 「エンジニアリングの真髄 ─なぜ科学だけでは地球規模の危機を解決できないのか」
 http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480860774/


 この本が書かれた問題意識でもある『「科学」と比べて「工学」の重要性がなかなか世の中に浸透していない』という状況は、私も日頃から痛感しているところですので、このコラムで取り上げさせていただきました。ぜひお読みいただけたらと思います。

 インターネット上でも、いくつか書評が載っていました。
 ・佐倉統(東京大学教授・科学技術社会論)氏によるもの
 ・西島建男(元朝日新聞編集委員)氏によるもの
 


 原著の"engineering"をこの本では「エンジニアリング」と訳していますが、これは「工学」あるいは「工学技術」と読んでよいように思います(まえがきでは、一番最初に「工学技術」という言葉が出てきて「エンジニアリング」とルビが振られており、以降は「エンジニアリング」が使われています)。


 原題は"The Essential Engineer:Why Science Alone Will Not Solve Our Global Problems"。 そしてこの原題については、"The Essential Engineer is an eye-opening exploration of the ways in which science and engineering must work together to address our world's most pressing issues, from dealing with climate change and the prevention of natural disasters to the development of efficient automobiles and the search for renewable energy sources." とされています。日本語のタイトルからは少しわかりにくいですが、技術者・工学分野の研究者としてのあり方についても考えさせてくれる本です。

高輝度の赤色LED、黄色LED、緑色LEDは東北大学発!

 ある高校の先生からいただいた年始挨拶の電子メールの中で、

-----
ところで、青色発光ダイオード(LED)に関するノーベル物理学賞ですが、物理教師としての私個人の見解は、この3人よりも西澤潤一先生こそが、LEDのパイオニアとして当然受賞すべき人物ではないかと思うのですが。西澤先生無しではLEDの発展はなかったはずです。
------

というコメントをいただきました。本学科のスタッフも「青色LEDが受賞するのであれば、西澤先生も一緒に受賞していただきたかった」とは思っておりますが、高校の先生もこのように感じていただいているというのは大変ありがたいことです。
 そう思いながらインターネットで検索してみると、同じように思っていただいている方が多くいらっしゃるようで、嬉しい限りです。


 西澤潤一名誉教授は、「ミスター半導体」・「光通信の父」と呼ばれ、PINダイオード、静電誘導型トランジスタ、半導体材料の完全結晶育成法、光ファイバーなど、大変多くの発明・開発をされています。詳細は例えば次のWebページをご覧ください。
 ◇東北大学萩友会(同窓会)  東北大学ひと語録  西澤潤一
 ◇宮城の新聞  科学って、そもそもなんだろう? 西澤潤一さんに聞く


 西澤先生の発明の1つが、「高輝度の発光ダイオード(赤色、黄色、緑色)の開発」です。この赤色LED・緑色LEDの発明に、今回ノーベル賞を受賞した青色LEDの発明が加わることによってフルカラーの発光が可能となり、その後のLEDの普及への道が拓けました。
(参考Web)
 公益社団法人発明協会  戦後日本のイノベーション100選 発光ダイオード
 

 ※このページの最初に名前がある「松岡隆志(NTT)」先生も、現在は本学科応用物理学コースの協力講座(金属材料研究所)です。

スピントロニクス国際共同大学院とデータ科学国際共同大学院(スーパーグローバル大学)

 本年度、東北大学は文部科学省より「スーパーグローバル大学」に選定されました。
 この『スーパーグローバル大学創成支援』は、我が国の高等教育の国際競争力の向上を目的に、海外の卓越した大学との連携や大学改革により徹底した国際化を進める、世界レベルの教育研究を行うトップ大学や国際化を牽引するグローバル大学に対して国が重点支援を行う制度です。
 東北大学の『東北大学グローバルイニシアティブ構想』の詳細(構想調書)はこちらでご覧いただけます。


 この構想の中でも本学科に強く関連するものとして、「スピントロニクス国際共同大学院の設置」と「データ科学国際共同大学院の設置」が計画されています。「国際共同大学院」というのは、海外の大学と共同で教育を行うことによって、両方の大学から、あるいは両方の大学が一緒になった「学位」を授与する仕組みです。多くの学問領域がある中で、東北大学が世界で十本の指に入っている学問領域のトップバッターとして「スピントロニクス」領域が、東北大学が果敢な挑戦を行う新しい学問領域のトップバッターとして「データ科学」領域が選ばれました(最終的に7つの学問領域を目標としています)。


 『スピントロニクス』というのは、電気の流れについて、高校で習う"電子(電荷)の流れ"だけでなく、"電子のスピン"という特性も加えて考えようという新しい概念です。電子の電荷の自由度に加えて、さらに電子の「スピン」の自由度も併せて利用することで、これまでとは全く動作原理の異なる、新しい機能を持つ素材や素子を開発することに挑戦しています。

 東北大学では多くの研究者がスピントロニクス研究に取り組んでいますが、その中でもスピントロニクス分野の世界的リーダーであり、スピントロニクス国際共同大学院構想の中心となっているのが、本学科の大野英男教授(電気通信研究所長)です。
 [参考]大野教授の研究紹介
  ◇スピントロ二クス研究で世界をリード ノーベル賞級の研究成果を上げ続ける
  ◇自分で土俵をつくれる人になって欲しい
  

 本学科でも、来年度からスピントロニクスについて集中的に講義する科目が始まります。高い専門性が必要とされるスピントロニクスについては大学院で教えられることが多く、ほかの大学、あるいは本学内の他学部他学科をみても学部レベルでこのような内容を講義しているケースは極めて珍しく、本学科の強みの1つと言えます。


 一方『データ科学』は、近年著しく発展し、今後益々重要になると期待されている学問領域です。データ科学国際共同大学院構想についても、ビッグデータの研究に取り組んでいる本学科の多くの先生が、引っ張っていくことになります。


 計画では、スピントロニクス国際共同大学院は平成27年度設置・平成28年度から実施、データ科学国際共同大学院は平成29年度設置・平成30年度から実施、とされていますので、現在高校生のみなさんが学ぶことも可能かもしれませんね。

仙台でのバスの乗り方

| 記事のパーマリンク |

 もうすぐ入試で遠方から仙台を訪れる方も多いと思います。
 その際の参考になるように、毎日バスを使っている私から、仙台でバスを乗る際に気をつけたいポイントをご紹介します(あくまで私見です)。
 ※仙台市街から東北大学の川内キャンパス及び青葉山キャンパスへ行くための利用を想定しています。


【仙台駅のバスプールにて】

 仙台駅西口のバスプール(停留所名は「仙台駅前」)の9番乗り場からバスに乗ります。「宮教大・青葉台」「宮教大・成田山」「宮教大」「東北大川内キャンパス」「動物公園循環」は、いずれも川内キャンパス及び青葉山キャンパスに行きます。「工学部経由」「理学部経由」と書いてあって「どこの大学の工学部/理学部?」と思うかもしれませんが、東北大学の工学部/理学部のことです。
 ただし同じ9番乗り場からでも「交通公園・川内」は行きません(川内キャンパスの近くは通ります)。「動物公園」と「交通公園」は間違えやすいので、気をつけてください。
 また、同じ「動物公園循環」という名前でも、11番乗り場から出発するバスは、ぐるーっと回るためキャンパス到着までにかなり時間を要しますので、避けた方がよいです。


【満員による途中通過に注意】

 街中のホテルに宿泊して少しでもキャンパスに近い方のバス停から乗った方が時間短縮になってよいだろうと思われる方は、十分気をつけてください。仙台駅前で満員となり、途中の「青葉通一番町」「晩翠草堂前」「大町西公園前」などを通過してしまうことがあります。私見では、仙台駅前まで行って乗った方が(並ぶかも知れませんが)確実です。


【乗車時は小銭を用意。ICカードは使えません。】

 バスは、真ん中の扉から乗車します。その際に整理券を取ります。SuicaやPasmoなどのICカードは使えません(仙台市営地下鉄で先月から発売されたICSCAというICカードも使えません)。ですので、必ず小銭を用意してください。


【席を立つのはバスが完全に止まってから】

 降車は運転手さんの横の前扉からです。仙台市営バスの降車アナウンスは「バスが止まってから席をお立ちください」ではなく、「ドアが開いてから席をお立ちください」です。でも、ドアが開いた時に席を立とうとすると「がくん」ときます。運転手さんの気が早いのか、バスが完全に止まる前にドアを開けるので、止まった瞬間の慣性で「がくん」とくるんですね(汗)。乗客のみなさんはやさしいので、ちゃんと止まってから席を立つ/前に動くので大丈夫です。慌ててケガなどしないでくださいね。


【降りれそうになくても、慌てず声をあげましょう】

 満員のバスに乗って、後ろの方に行ってしまうと、降りるときにめいっぱい人をかき分けて降りなければいけないこともあります。初心者は「こんなの前に行けない・・・絶対降りれない・・・」と思うかもしれません(苦笑)。でも、乗客のみなさんはやさしいので、「降ります!」と声をあげれば、何とか道を開けてくれます(時には中扉から降ろしてくれる運転手さんもいます)。何はともあれ、声をあげてくださいね。


【乗車時と降車時の「仙台駅前」バス停は場所が違う】

 帰路、終点の「仙台駅前」で降りると、行きに乗車した「仙台駅前」のバス停とは全然違う景色が目の前に広がっています。実は乗るときと降りるときでは、同じ「仙台駅前」というバス停でもかなり場所が離れているのです。慌てず、JR仙台駅を探しましょう。


【どこバス仙台】

 『どこバス仙台』という、バスの到着時間を案内してくれるサービスがあります。
  http://www.dokobasu.kotsu.city.sendai.jp/busloca/index.htm
 便利なのですが、大雪が降った時など「ぜひ知りたい」と思った時には、アクセス集中に耐えられないのか、つながらないことも多いです。「つながれば儲けもの」くらいの気持ちで使ってください。(あくまで個人の感想です)

 また、 川内キャンパスの最寄りの停留所は「東北大川内キャンパス・萩ホール前」なのですが、検索窓に「東北大学」と入れてしまうとヒットしません。。。



 今年の12月には仙台市営地下鉄の東西線が開通し、川内キャンパス、青葉山キャンパスにも仙台駅から地下鉄で行くことができるようになります。ですので、受験生の方がバスを使うのも、これが最後でしょうか?(よくわかりません)


<おまけ>
 仙台市営バスの後ろに動物のマークがついていて、しかもいろいろな種類があることが気になったあなた。これは、そのバスが所属する営業所・出張所を示しているそうです。

MITへの派遣プロジェクトなど海外留学・研修のご紹介

先月、AO入試II期で合格されたみなさんとの懇親会がありました。その際に東北大学を志望した理由をお尋ねしたところ、ある方から「MITへ行ける可能性が大きいから」との回答。高校生の時から世界を見ていてすごいなぁ、と感じました。


はい、そのとおり、東北大学大学院工学研究科では、大学院学生のMIT(マサチューセッツ工科大学)への派遣プロジェクトを行っています。現在、2015年の派遣学生を募集中です。ご関心のある方は、こちらをご覧ください。

現在募集中の派遣は、大学院工学研究科とともに、本学科の研究所である電気通信研究所の『MIT-東北大学共同推進プロジェクト』としても行われます。そのため派遣先の研究分野としても、現在派遣中の「材料科学分野」に加えて、「電気通信分野」にも拡げられています。詳細はこちら


上述のとおり現在派遣中の工学研究科MIT派遣プロジェクトは「材料科学分野」を対象としていましたが、本学科では電子材料や医用材料などの材料についても研究していることから、本学科からも学生がMITに現在派遣されています。
派遣されているのは、バイオセンシング医工学[吉信・宮本]研究室の博士後期課程1年の郭媛元さん。昨年9月から今月末までの予定でMITに滞在されています。彼女の派遣レポートが工学研究科Webに掲載されています。


また、大学院工学研究科の派遣プロジェクトとは別に、大学院情報科学研究科の「情報技術スキルアッププログラム」を利用してMITに派遣された学生も本学科にはいます。彼らのレポートも、情報科学研究科のWebページに掲載されていますので、ぜひご覧ください。

[平成25年度派遣学生]
 江藤隆紀さん(平成25年度修士2年)
 小林健悟さん(平成25年度修士2年)
 吉田智洋さん(平成25年度博士2年)


MITに限らず、いずれはどこかの国・大学へ海外留学を希望される高校生・受験生の方も多いと思います。例えば上記の「情報技術スキルアッププログラム」でもMIT以外にいろいろな大学に派遣されています。ちなみに、平成25年度「情報技術スキルアッププログラム」の表に名前がある方は、みなさん本学科の大学院生です。


大学院生になる前の学部生の時に海外を経験される方ももちろんいます。本学科Webにも学部生の海外留学・研修体験記が掲載されていますので、ぜひご覧ください。
 千葉大徳さん(学部4年)
 「ロボット+宇宙の夢を現実に自分の可能性を広げたドイツ留学」
 


工学部・工学研究科の海外留学等に関する制度は、こちらに紹介があります。
東北大学では様々な機会を用意していますので、入学した暁にはぜひ活用してくださいね。

未来の社会のキーワードは「ビッグデータ」と「人工知能」(?)


新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。


お正月休みの1月3日,NHKスペシャルの新シリーズ「ネクストワールド 私たちの未来」の第1回「未来はどこまで予測できるのか」を見ました。ご覧になった方も多いのではないかと思います。番組の詳細はこちら


番組の中の近未来ドラマは,30年後の2045年が舞台。高校生のみなさんがお父さん・お母さんくらいの年齢となっている頃かもしれませんね。そういえば昨年11月のサイエンス・アゴラで本学科が出展したブースでも,「自分がお母さん・お父さんの年齢になった時、こんな技術が出現してわたしたちの生活を支えてくれたらいいな」という質問で「作りたい未来」を高校生のみなさんにお聞きしました。


番組の中では「未来の社会ではコンピュータに支配されている」という印象がある点を始めとして「?」と思う箇所も多々ありました(笑)が,未来の社会のキーワードとして「ビックデータ」と「人工知能」が示されていましたね。それと身の回りの様々なデータを収集する「センシング」の重要性も(うっすらですが)示されていました。


一人ひとりが持つデータがビックデータとして結びつくことによってどんなことが実現できるかの例は,本学科Webの「高校生・受験生のための研究紹介」でも青木孝文教授が解説しています。ご関心があればご覧ください。
 「もし人間のような視覚を持ったコンピュータが実現できたら
   コンピュータビジョンによる近未来のアプリケーション」
  http://www.ecei.tohoku.ac.jp/eipe/research/aoki/

ほかにも,例えば次の研究室で,ビックデータや人工知能を研究しています。ぜひのぞいてみてください。

 乾・岡崎研究室     http://www.cl.ecei.tohoku.ac.jp/
 篠原研究室       http://www.shino.ecei.tohoku.ac.jp/
 木下(哲)・北形研究室 http://www.ka.riec.tohoku.ac.jp/index.html
 木下(賢)・大林研究室 http://www.sb.ecei.tohoku.ac.jp/


本学科で取り組んでいるこれらの研究を俯瞰して、学科パンフレットでは「知能ロボット・知能システム創造への挑戦」というページを作りました。本学科Webでもご覧いただけますので、ぜひご覧ください。


高校生・受験生のみなさんにとっては,本学科に進んでこれらの研究室でビックデータや人工知能の研究に取り組むことで,今日のNHKスペシャルが描いていた未来とはまた違う未来を,みなさん自身の手で切り拓いていくことがきっと可能になります。



P.S.その1
「ビックデータから人工知能が結果結論を示してくれる。なぜそうなのかの理由は示してくれないが。」というくだりは,「多変量解析などの統計学はこれからはとても重要」ことも逆説的に示してくれていました。高校生のみなさんにとっては「数学Bがとっても重要」ということですね。


P.S.その2
近未来ドラマの中で出てきた,主人公にアドバイスするイヌ型のエージェント,もっと人なつっこい方がいいなぁ。。。 ネコ型のエージェントだと,もっと気まぐれなんだろうか。。。