東北大学工学部電気情報物理工学科

Department of Information and Intelligent Systems

情報知能システム総合学科から2015年4月に名称変更

  • 電気工学
  • 通信工学
  • 電子工学
  • 応用物理学
  • 情報工学
  • バイオ・医工学

Blog ブログ
未来をつくるあなたへ

大学見学の様子のご紹介

本学科では、年間10数件の大学見学を受け入れています。受入実績はこちらをご覧ください。

見学の様子は随時本学科非公式twitterを通じて発信し、Facebookに蓄積してご覧いただけるようになっていますが、ここで改めて、大学見学の代表的な様子をご紹介します。

ここでご紹介するのは、2015年3月19日・20日に行われた山形県立鶴岡南高等学校理数科1年生による大学見学の様子です。同校が来られるのは今回で3回目でしたが、折角大学にまで来られ、2日間(1日目午後と2日目午前)も見学されるのだからと、今回は模擬授業よりも研究室見学の時間を多く取って、東北大学の良さを「見て」「感じて」いただけるようにしました。

※よくあるのは「学科説明30分+模擬授業60分+食堂での昼食+研究室見学30分×3箇所」という4時間程度のパターンです。


今回は、1日目は青葉山キャンパスでの研修。最初に、同校卒業生の先輩によるスピーチがありました。高校から卒業生に直接声をかけていただいたもので、後輩が来るということで急遽かけつけてくれました。


次いで、大学/学部/学科説明。東北大学や工学部、電気情報物理工学科についての説明はもちろん、工学とはどういうものか、電気情報物理工学の道に進むことにより自分の手で将来どのような未来を拓くことが可能になるか、等についてもお話しいたします。

大学/学部/学科説明のあとは研究室見学へ。今回は本学科の6コースのうちから4コースについて1研究室ずつを見学しました。

こちらは通信工学コースの電磁波工学[陳]研究室。アンテナの性能評価などを行う電波暗室を見学。


応用物理学コースの光物性学[藤原]研究室。機能性ガラスなどを研究しています。実際にガラスを作ってみているところ。


バイオ・医工学コースの生体システム制御医工学[吉澤・杉田]研究室。認知症対策としてのバーチャルリアリティを用いたリハビリテーションシステムを実体験。


電気工学コースの応用電気エネルギーシステム[津田・宮城]研究室。超電導現象の実演です。実際に浮いているとところをみると、結構感動するようです。


2日目は電気通信研究所での研修を行いました。最初に、同校卒業生でもある情報工学コースの阿部亨准教授による模擬講義『人間調和型情報通信システムの実現を目指して』。


引き続いて行われた石黒章夫教授による模擬講義『ロボットはどうすれば生き物に近づけるのか?:ロボットを創りながら生き物のからくりを理解する』では、ゼミ室での授業だけでなく研究室で車座になってのレクチャーもありました。


実世界コンピューティング[石黒]研究室で開発した何種類ものロボットを実際に動かしてみていただきました。


研究室の学生さんにも参加いただいての懇談の時間も。研究だけでなく大学生活や今後のキャリア・将来についてのアドバイス等もたくさんいただきました。


大学見学のお申し込みはこちらまで。PTAによる見学も歓迎いたします。