東北大学工学部電気情報物理工学科

Department of Information and Intelligent Systems

情報知能システム総合学科から2015年4月に名称変更

  • 電気工学
  • 通信工学
  • 電子工学
  • 応用物理学
  • 情報工学
  • バイオ・医工学

Blog ブログ
未来をつくるあなたへ

「仙台」の最近のブログ記事

『東北大学 工学部 電気情報物理工学科 Calendar 2016』ができました!

当室がこの1年間で撮影した写真を使って、『東北大学 工学部 電気情報物理工学科 Calendar 2016』を作ってみました。本学科での四季折々の様子といくつかの研究を紹介しています。本学科での1年間がどういう感じなのかが少しでも伝わればうれしいです。

よろしければダウンロードしてお使いください。ダウンロードするにはこちらをクリックしてください(282Mbyteあります。ファイルサイズが大きくて申し訳ありません)。

卓上用ですので、ハガキサイズの少し厚手の紙に印刷して、今年の卓上カレンダーの空きケースにはめ込んでお使いください。上の方をリングで綴じるのもよいと思います。

次の写真から構成しています。

表紙 電子情報システム・応物系1号館

1月 雪の青葉山キャンパス(センタースクエア)

2月 毎秒1,000万コマの高速撮影を行える世界最高性能のCMOSイメージセンサの開発 【須川・黒田研究室

3月 学位記授与式(卒業式)

4月 新入生オリエンテーション(合宿研修)

5月 次世代の宇宙電気推進機(磁気ノズル無電極プラズマ推進機)の研究【安藤・高橋研究室

6月 電気通信研究所 本館

7月 オープンキャンパス

8月 仙台七夕花火(電子情報システム・応物系1号館屋上から)

9月 いも煮会(研究室のみんなで)

10月 電気通信研究所一般公開

11月 駅伝大会(研究室対抗)

12月 "切らずに治す"超音波治療システムの開発 【梅村・吉澤研究室



※2015年12月25日15:30追記
  当初版で月により紙の大きさが違っていたのを修正しました。
  また、ファイルサイズを抑えたバージョンも作成しました。26Mbyteと1/10のサイズですが、見た目はほとんど変わらないと思います。ダウンロードするにはこちらをクリックしてください。

※2016年1月4日追記
  5月の月表示が印刷時に他の月よりはみ出していたため、修正しました(ファイルを差し替えてあります)。

※2016年2月16日追記
  5月の工明会運動会の日程が変更(20日から27日へ)になったことに伴い、修正しました。
  全体版はこちらを、5月だけはこちらを、クリックしてください。

仙台でのバスの乗り方

| 記事のパーマリンク |

 もうすぐ入試で遠方から仙台を訪れる方も多いと思います。
 その際の参考になるように、毎日バスを使っている私から、仙台でバスを乗る際に気をつけたいポイントをご紹介します(あくまで私見です)。
 ※仙台市街から東北大学の川内キャンパス及び青葉山キャンパスへ行くための利用を想定しています。


【仙台駅のバスプールにて】

 仙台駅西口のバスプール(停留所名は「仙台駅前」)の9番乗り場からバスに乗ります。「宮教大・青葉台」「宮教大・成田山」「宮教大」「東北大川内キャンパス」「動物公園循環」は、いずれも川内キャンパス及び青葉山キャンパスに行きます。「工学部経由」「理学部経由」と書いてあって「どこの大学の工学部/理学部?」と思うかもしれませんが、東北大学の工学部/理学部のことです。
 ただし同じ9番乗り場からでも「交通公園・川内」は行きません(川内キャンパスの近くは通ります)。「動物公園」と「交通公園」は間違えやすいので、気をつけてください。
 また、同じ「動物公園循環」という名前でも、11番乗り場から出発するバスは、ぐるーっと回るためキャンパス到着までにかなり時間を要しますので、避けた方がよいです。


【満員による途中通過に注意】

 街中のホテルに宿泊して少しでもキャンパスに近い方のバス停から乗った方が時間短縮になってよいだろうと思われる方は、十分気をつけてください。仙台駅前で満員となり、途中の「青葉通一番町」「晩翠草堂前」「大町西公園前」などを通過してしまうことがあります。私見では、仙台駅前まで行って乗った方が(並ぶかも知れませんが)確実です。


【乗車時は小銭を用意。ICカードは使えません。】

 バスは、真ん中の扉から乗車します。その際に整理券を取ります。SuicaやPasmoなどのICカードは使えません(仙台市営地下鉄で先月から発売されたICSCAというICカードも使えません)。ですので、必ず小銭を用意してください。


【席を立つのはバスが完全に止まってから】

 降車は運転手さんの横の前扉からです。仙台市営バスの降車アナウンスは「バスが止まってから席をお立ちください」ではなく、「ドアが開いてから席をお立ちください」です。でも、ドアが開いた時に席を立とうとすると「がくん」ときます。運転手さんの気が早いのか、バスが完全に止まる前にドアを開けるので、止まった瞬間の慣性で「がくん」とくるんですね(汗)。乗客のみなさんはやさしいので、ちゃんと止まってから席を立つ/前に動くので大丈夫です。慌ててケガなどしないでくださいね。


【降りれそうになくても、慌てず声をあげましょう】

 満員のバスに乗って、後ろの方に行ってしまうと、降りるときにめいっぱい人をかき分けて降りなければいけないこともあります。初心者は「こんなの前に行けない・・・絶対降りれない・・・」と思うかもしれません(苦笑)。でも、乗客のみなさんはやさしいので、「降ります!」と声をあげれば、何とか道を開けてくれます(時には中扉から降ろしてくれる運転手さんもいます)。何はともあれ、声をあげてくださいね。


【乗車時と降車時の「仙台駅前」バス停は場所が違う】

 帰路、終点の「仙台駅前」で降りると、行きに乗車した「仙台駅前」のバス停とは全然違う景色が目の前に広がっています。実は乗るときと降りるときでは、同じ「仙台駅前」というバス停でもかなり場所が離れているのです。慌てず、JR仙台駅を探しましょう。


【どこバス仙台】

 『どこバス仙台』という、バスの到着時間を案内してくれるサービスがあります。
  http://www.dokobasu.kotsu.city.sendai.jp/busloca/index.htm
 便利なのですが、大雪が降った時など「ぜひ知りたい」と思った時には、アクセス集中に耐えられないのか、つながらないことも多いです。「つながれば儲けもの」くらいの気持ちで使ってください。(あくまで個人の感想です)

 また、 川内キャンパスの最寄りの停留所は「東北大川内キャンパス・萩ホール前」なのですが、検索窓に「東北大学」と入れてしまうとヒットしません。。。



 今年の12月には仙台市営地下鉄の東西線が開通し、川内キャンパス、青葉山キャンパスにも仙台駅から地下鉄で行くことができるようになります。ですので、受験生の方がバスを使うのも、これが最後でしょうか?(よくわかりません)


<おまけ>
 仙台市営バスの後ろに動物のマークがついていて、しかもいろいろな種類があることが気になったあなた。これは、そのバスが所属する営業所・出張所を示しているそうです。