東北大学工学部電気情報物理工学科

Department of Electrical, Information and Physics Engineering

情報知能システム総合学科から2015年4月に名称変更

  • 電気工学
  • 通信工学
  • 電子工学
  • 応用物理学
  • 情報工学
  • バイオ・医工学

Voices & Lifestyle声・ライフスタイル

学生座談会

情報知能システム総合学科は2015年4月に電気情報物理工学科に名称変更しました。

勉強も課外活動も充実!

――まず、みなさんが東北大学、そして情報知能システム総合学科を志望した理由を教えてください。

藤田
将来は電気機器関係の仕事をしたいと考えていたので、この学科に進学しました。
中島
僕はもともと電気電子工学と物理工学に興味を持っていました。一つに絞れず迷っていた時、どちらの分野も学ぶことができるこの学科を知り、志望校を変えました。
阿部
僕は核融合発電の実用化に向けた研究をしたいので、この学科を選びました。高校の科学部で活動していた時、この学科の先生方に研究をサポートしていただき、親身な指導に感激しました。他大学も検討しましたが、やはり高校時代にお世話になったこの学科の先生方の指導を受けたくて東北大学に入ったんです。
原口
私は人工知能などの研究に興味があって、父や高校の先生に相談したところ、「旧帝国大学だから研究設備も充実しているし、進学するならここがいい」と東北大学をすすめられました。もちろん、オープンキャンパスにも参加しました。母は原発事故の影響を少し気にしていたようですが、父が「大丈夫だ」と背中を押してくれたし、私も不安は感じませんでした。
阿部
被災した建物もあったようですが、僕が4年生になる頃にはリニューアルされると聞いて、むしろ新しい施設や設備が使えることに魅力を感じました。

――実際に東北大学に入学して感じていることは?

藤田
課外活動などをやっている学生が多いし、みんな気さくですごく楽しいですね。
中島
勉強一筋ではないけれど、実はできる、という人が多いような気がします(笑)。

――仙台での生活はいかがですか?

原口
大学と自宅と買い物などをする場所が近くて暮らしやすいです。通学時間が短いので、勉強以外にも課外活動やアルバイトなどいろいろなことができていいですね。
阿部
やり方次第で、自分のやりたいことをいくらでもできる大学だと思います。

多彩な研究分野が学べるのが魅力

――情報知能システム総合学科の魅力を教えてください。

藤田
学科名だけを見るとITやコンピュータ関連を研究する学科と思いがちですが、実はそれらだけでなく、先端エネルギー系や医工学など、研究できる分野が非常に幅広いんです。そこがこの学科の大きな魅力ですね。
阿部
しかも、自分の研究分野を決めてコース選択をするのは2年次の後期。電気電子工学に興味はあるけれど、具体的に何を研究するかは大学に入ってから決めたいという人にもぴったりです。
藤田
また、先生方の面倒見のよさも魅力。学生の質問にもていねいに応えてくれるし、サポートも手厚いですね。

――電気電子工学を学ぶ魅力は?

藤田
電気=電力エネルギーと捉えられがちですが、電気は身の回りのいろいろなものに使われています。自分の興味に応じていろいろなことが研究できて、将来の進路も、通信業界や自動車メーカー、電力会社、電機メーカー、医療機器メーカーなど多様な道が開けるのが魅力です。
阿部
例えば自動車にしても、分解すれば電気で制御する精密機械の集合体だということがわかる。受験生にはそういう点にも目を向けて学科を選んでほしいですね。

――勉強をする環境や設備などはいかがですか?

藤田
実験装置も充実しているし、例えばレアメタルなど高価な材料も研究上必要があれば十分な量、使うことができます。自分がやってみたい通りに研究できて、研究費に恵まれていることを実感します。
阿部
この学科の卒業研究は大学直属の研究機関である東北大学電気通信研究所(通研)の研究室でも行うことができるので、研究の選択の幅がさらに広がります。通研はテレビアンテナの開発など多くの実績を持つ歴史ある研究所。企業とのつながりも深く、国際的評価も高い。海外の著名な大学や研究機関とも協定を結んでいるので、企業との交流に興味がある人や国際的な視野を広げたい人にとってもよい環境だと思います。
藤田
通研で通信速度の高速化を研究していた先輩が、修士の時に、世界トップレベルのスピードを実現したと言っていました。学生の時から世界や企業と互角に競えるほどのハイレベルな研究ができるのはすごいことだし、それを可能にする最先端の研究設備が整っているんです。
原口
私は今年度から始まる4年間のプログラム「Step-QIスクール」に興味があります。
中島
僕が学んでいる応用物理学コースでは、現象を物理学の視点からより深く探求できます。実験もたくさんできます。
阿部
受験生にはぜひ、「入学するならこの学科だよ」と伝えたいですね。

――これまで東北大学で学んできて、自分自身の成長や変化などは感じますか?

原口
私はまだ1年生なので専門的な学びはこれからですが、今勉強していることが、遠くに見える自分の夢に確実につながっていることを実感しています。
阿部
東北大学には全国から学生が集まっているので、さまざまな人と出会えるんです。いろいろな刺激を受け、多様な考え方に触れて、自分自身の視野が広がりました。4月に入学したばかりですが、先日母校に行ったら「話し方が変わった」と言われました。
藤田
東北大学に入って先端技術に触れる機会が増えました。以前の自分なら「すごいな」で終わっていたけれど、今は「自分だったらこの技術を何に応用するか」と考えるようになりました。これは東北大学で学んだ大きな成果だと思います。

受験生へのアドバイス

阿部 翔太

阿部 翔太

1年 福島県立福島高等学校卒業

高校時代の得意科目:英語・数学・物理

オープンキャンパスには、ぜひ高校の低学年のうちに参加することをおすすめします。研究成果が社会にどう生かされているかを目にすると、モチベーションも上がります。その後の高校の授業への取り組み方も変わるはずです。

原口 仁弥

原口 仁弥

1年 茨城・私立茨城高等学校卒業

高校時代の得意科目:英語

工学部はAO入試など多彩な選抜方式を設けているので、自分の適性や得意科目に合わせて上手に活用してほしいですね。また、オープンキャンパスWebページ(http://www.ecei.tohoku.ac.jp/eipe/open/)の研究室紹介を見ると、より具体的な研究内容がわかって面白いですよ。

中島 功雄

中島 功雄

応用物理学コース3年 新潟県立新潟南高等学校卒業

高校時代の得意科目:数学

受験勉強は大変かもしれませんが、自分が将来やりたいことをやるために必要なことです。大学に入れば自由になる時間はたくさん持てるので、今は頑張って勉強に集中してください。

藤田 晋士

藤田 晋士

エネルギーインテリジェンスコース4年 福島県立磐城高等学校卒業

高校時代の得意科目:化学

高校時代は物理が苦手だったのですが、大学に入って将来の研究との関連で物理を学ぶ必要性がよくわかってきたことや大学の物理の授業がとてもわかりやすかったので、克服できました。だから、高校時代の成績だけで進路を決めずに、「この研究をやりたい」という気持ちを大切にしてほしいですね。