東北大学工学部電気情報物理工学科

Department of Electrical, Information and Physics Engineering

情報知能システム総合学科から2015年4月に名称変更

  • 電気工学
  • 通信工学
  • 電子工学
  • 応用物理学
  • 情報工学
  • バイオ・医工学

Voices & Lifestyle声・ライフスタイル

学生座談会

全国から学生が集まる電気情報物理工学科。どうして東北大学、そして電気情報物理工学科を選び、いまどんな思いで学んでいるのか、学部1~4年の4人に語ってもらいました。勉強のこと、将来のことはもちろん、アルバイトやサークル等の課外活動まで、キャンパスライフの気になるアレコレを聞いてみましょう。
(2015年6月取材)

選択肢の広さと学びの深さが魅力
やりたいことがきっとできる!見つかる!

――みなさんが東北大学を目指したきっかけや電気情報物理工学科を志望した理由を教えてください。

吉岡
もともとは実験が好きで化学系に進むつもりだったんです。この学科に合格してからも東京の私大とで迷ってしまって。でも実際に東北大学を訪れてみて、研究施設や設備など国立の総合大学、それも旧帝大ならではの充実度合いに圧倒されました。大きい施設でいっぱい研究できると思って、ここしかない!と決意しました。
五十嵐
僕は中学生のころからプログラミングをやっていて、高校時代にはコンテストにも出場していたんです。オープンキャンパスで東北大学を訪れたのは高校2年生の時。この学科の人工知能の研究紹介を見ました。いろいろ質問したらたくさん教えてもらえて、研究内容の深さや研究室の活気ある雰囲気、何より自分の研究を楽しそうに話している大学生の姿に感動。この学科に進んで情報工学をやりたいと決意しました。ここなら自分のやりたいことを思う存分できると肌で感じたからです。
河合
保育士だった母の関係で、幼い頃から障がいを持つ人と接する機会が多く、何かの役に立ちたいと常に考えていました。高校の課題研究で音声合成に取り組み、この技術を生かして支援できるのではとひらめいたんです。発声に障がいがある方の声を声道や声帯の形から予測し、音声合成の技術を用いて出力するシステムの開発。実現すれば誰もが自らの声で外の世界とコミュニケーションでき、社会参加の一助になるはずだと。
インターネットなどで調べて実際にそういう研究があることや、それが医工学という分野であること、そして東北大学で先進的な医工学研究が数多くなされていることを知り、電気情報物理工学科への進学を目指しました。
菅原
同じ高校の先輩が東北大学のサイエンス・エンジェルをされていて、東北大学について話を聞いたり見学する機会がありました。さらに高3の時にお世話になった教育実習生がオープンキャンパスに行ったらこの学科の方で、いきいきと医工学の研究の紹介をされていたことがこの学科を目指す動機となりました。もともと医療系の何かがしたいという気持ちはありましたが、血を見るのが苦手で(笑)。家族の病気を機に思いついたのが、自宅で健康診断を受けられるシステム。いつでも、だれでも、どこでも気軽に医療へアクセスできたらいいなと考えたんです。そのためには情報分野の知識もものづくりの知識も必要になるので、両方とも勉強できる幅の広いこの学科を選びました。

――河合さん以外は県外のご出身ですが、仙台の街の印象や日々の暮らしはいかがですか?

吉岡
女の子にとって何よりいいのが治安の良さ。両親も安心だと思います。他の大学へ進学した友だちからはうらやましがられるほどなんですよ。東京から新幹線ですぐ来れて、大学も街の中心部に近く、満員電車のような通学のストレスがないことも気に入っています。残り2年半で仙台を離れなければならないのかと思うと寂しいです。
五十嵐
仙台は都会と自然がいい感じに融合していますよね。緑豊かなキャンパスでは鳥のさえずりを聞いてリフレッシュできるし、にぎやかな中心部も大学から近くて何でも揃います。地域の人も優しくて、住み心地がいいです。
菅原
1年生が通う川内キャンパスの近くに私は住んでいて、今は歩いて10分程度です。工学部がある青葉山キャンパスへも、12月に地下鉄東西線が開通するとわずか1駅で行けるので通学に不便を感じません。気に入っています。

自分が成長できるベストな環境がうれしい

――東北大学、そしてこの学科だからこそできる学びや研究について教えてください。

吉岡
電気情報物理工学科は、その名のとおり幅広い分野に触れられるところがいいと思います。ほかの大学は学科ごとに研究分野が細かく分かれていて、受験の段階で将来の選択肢が狭まってしまうんです。何を研究したいかという具体的な目標がなかった私にとっては入学後もじっくりと自分の道を探ることができ、この学科で本当に良かったと思っています。配属された医工学の研究室では試薬をビーカーで調合するなど化学的な要素もありますし。
五十嵐
自分の好きなことを好きなだけやれるということも大学生活の楽しみ方だと思います。勉強や研究をやりたい人にはやりたいだけ機会を与えてくれるのが東北大学です。僕は昨年度、この学科で実施されているStep-QIスクールに参加して2年生のうちから研究室での研究に取り組み、声質変換などを組み合わせてインターネット上で匿名でかつ表現力のあるコミュニケーションができるというツールを制作しました。文部科学省が主催するサイエンス・インカレ全国大会で発表したところ、奨励賞をいただくことができました。
吉岡
研究室には3年生の冬に、本人の希望などを踏まえて正式に配属されます。私は中空光ファイバと呼ばれる、内側が空洞になった特殊な光ファイバを用いて病気の診断・治療装置の開発を目指す研究室に所属しています。テーマに即した研究を行うほか、4年生は英語の論文を読んで日本語で発表するため、専門科目以外に英語の勉強も欠かせません。

オフの時間もみずからを磨くチャンス

――学業以外で夢中になっていることはありますか。

五十嵐
僕はアルバイトもサークルもプログラミング系で(笑)、今はひたすら技術を吸収して、吐き出すことに夢中です。学外でも幅広く活動していて、IT系のコミュニティを立ち上げ、東京などのイベントで登壇したり、専門雑誌に記事を書いたりすることもあります。また、社会人や学生を対象としたIT勉強会も主催しており、毎回満席で好評なんです。人脈も広がるし、この分野で仙台をもっと盛り上げていきたいですね。
吉岡
何かに追われるような毎日だった受験生時代と比べると自由な時間が多く、研究の合間にいろいろな料理を作ったり、サークルで体を動かしたり、いろいろとチャレンジしています。毎年の冬の楽しみは、スキー。仙台の周辺にはスキー場がたくさんあり、思い立ったらすぐ行くことができるんです。シーズンになると時間を見つけては蔵王や安比に行っています。

将来の夢に向かって!

――これからの目標や将来の夢を聞かせてください。

菅原
東北大学へ入るきっかけになった家庭での健診システムという夢は持ち続けたいと思いますが、今受けている電気情報物理工学特別講義を通してこの学科で行われているさまざまな研究にふれ、他の分野にも興味を持ち始めたところです。工学部は技術を応用して社会に貢献することに重きを置いているので、これからしっかり専門を学び、私もいずれは世の中の人の役に立てればいいなと思います。
河合
障がいを持つ方に対し、音声という部分で貢献していければと思います。雑多な電子音ではなく、その人自身の声によるコミュニケーション。健常者と何ら違いのないレベルのものを目指すつもりです。
五十嵐
自分が作ったものを便利に思ったり、愛用してもらえることが何よりうれしいので、一生技術者でいたいですね。卒業後の進路は企業なのか、研究機関なのか、まだわかりませんが、自分の技術が成長できる場で活躍したいです。
吉岡
医療はお医者さんだけがいれば成り立つものではありません。MRIのような高度な診断装置も工学分野でつくられています。そんな縁の下の力持ちの存在として、これからの医療をバックアップする研究をしていきたいですね。

受験生へのアドバイス

吉岡 希利子

吉岡 希利子

4年 電子工学コース 医用光工学研究室 東京・お茶の水大学附属高等学校卒業

女子高時代はさまざまな学校行事に燃えました。ソフトボールが好きだったので、今も体を動かすことが大好き。現在はバドミントンと草野球のサークルに入っています。

吉岡さんの一週間

一般入試アドバイス
部活と勉強の両立に苦しんでいる人は多いと思いますが、無理しない程度にしっかり計画を立てることがお薦め。私の場合、1日ごとの具体的な科目表をつくって勉強し、達成感を味わえるように工夫しました。だらだらと過ごして時間を無駄にするのではなく、勉強・部活・遊びなどうまく切りかえて乗り切ってほしいです。

五十嵐 祐貴

五十嵐 祐貴

3年 情報工学コース 群馬・群馬県立太田高等学校卒業

勉強とハンドボール部とプログラミングの3つに明け暮れる、ハードだけど楽しい高校生活でした。現在は計算科学研究会というサークルに所属。学祭向けに制作した、体を使ったブロック崩しゲームが子どもに大ウケで、うれしかったです。

五十嵐さんの一週間

AO入試アドバイス
重要なのは大学で何をやりたいかということ。受験そのものが目的だと勉強が苦痛になってしまうので、自分の夢や好きなことを忘れずに過ごしてください。僕は3年の夏にある大会で入賞しました。全国優勝などではなかったのですが、そのレベルでなくてもAOⅡ期で合格する可能性があることがわかったのでAOⅡ期を受験しました。もともと一般入試を受けるつもりで勉強していたのがその際役立ちました。どんな受験スタイルでも一般入試に向けた勉強はしっかり頑張ったほうがよいと思います。

河合 洋弥

河合 洋弥

2年 宮城県仙台第三高等学校卒業

高校時代は弓道部に所属。的づくりのリーダー、通称“的マネ”も務めました。また広報委員会では高校の歴史を独力で編纂した特集記事を作成。とても貴重な経験ができました。大学ではビリヤードサークルで活動中です。

河合さんの一週間

AO入試アドバイス
AOⅡ期は小論文試験以外に高校での活動内容と面接が評価対象になります。僕は高校時代に部活、委員会、課題研究のほか、東北大学科学者の卵養成講座を受講したことや小論文コンクールに挑戦したことをアピールポイントにしました。余裕のある1,2年のうちにいろいろな経験を積んでおくと、受験の際に選択の幅が広がるのではないかと思います。

菅原 佳奈

菅原 佳奈

1年 山形県立山形西高等学校卒業

のびのびとした雰囲気の高校で、写真部の部長や学校誌の編集委員長などの活動に取り組みました。大学ではバレーボールのサークルに所属し、仲間と一緒に汗を流しています。

菅原さんの一週間

AO入試アドバイス
高校時代は積極的に学校外の活動に参加することも大切だと思います。私の場合、女子だけの学校空間が心地よくて外に目を向ける機会がほとんどありませんでした。結果的にアピールポイントが十分になく、AOⅡ期はパスしてAOⅢ期で受験しました。自分のやりたいことを見定めるためにも、幅広くトライしてください。

2014年度版はこちら

2013年度版はこちら

2012年度版はこちら