東北大学工学部電気情報物理工学科

Department of Electrical, Information and Physics Engineering

情報知能システム総合学科から2015年4月に名称変更

  • 電気工学
  • 通信工学
  • 電子工学
  • 応用物理学
  • 情報工学
  • バイオ・医工学

Career Paths進路・就職

就職活動体験記

ものづくりの核である回路設計に携わりたい(電機メーカーへ)

 私は大学での研究において脳活動計測装置の製作を行っていました。ラットの脳から電気信号を取り出す微小な電極、信号を制御し伝送するための回路、また収録用ソフトウェア等計測のためのシステム全般の製作を試みました。その中で脳活動の信号を制御する回路部分をものづくりにおける核のように感じ、将来は回路設計に携わりたいと考えました。また研究を進める中で、既存の技術を組み合わせ新しく脳活動の計測システムを構築するという過程がおもしろく感じ、実際の製品設計・開発をおこないたいと強く思いました。そのため就職を決意し、大学での研究テーマが活かせるライフサイエンス分野の計測関連の事業がある会社で、回路の設計・開発に関わることができる部署を探しました。就活の際には日立グループに所属する電気情報物理工学科の諸先輩方に懇切丁寧な対応やアドバイスをして頂き、入社後も安心して仕事できると感じたことから、当社に就職することにしました。希望通り回路設計を行う部署に配属され、今後は製品の制御部分に関してまず一人前の技術者となれるよう頑張りたいと思っています。

高所 晃一さん

高所 晃一さん
大学院情報科学研究科 応用情報科学専攻
博士課程(前期)修了(2012年)
株式会社日立ハイテクノロジーズ モノづくり統括本部
那珂地区生産本部 システム設計部
名古屋高等学校 卒業

電力の安定供給に携わりたい(電力会社へ)

 私は小さいころからエネルギー問題や環境問題に関心があり、大学では電力について専門的に学びたいと思い、研究室では主に再生可能エネルギー導入時における電力の安定供給に関する研究を行っていました。研究を通して、電力を安定供給することの難しさを感じると共にやりがいのある仕事だと実感し、自分も実際に電力会社に入社し電力の安定供給に携わりたいと思い、東北電力株式会社を志望しました。面接などの就職活動では大学の先生方の熱心なご指導や、卒業生である先輩方の手助けもあり、自信をもって自分の専門知識をアピールすることができ無事に内定をいただくことができたと思います。現在私は送電設備の保守管理といった現場作業を通じて、実務経験を積みながら電力の安定供給に携わっています。将来は電気情報物理工学科で培ったアカデミックな知識と実務経験を兼ね備えた電力のスペシャリストとして、次世代の電力システムを提案していけたらと思います。

糸田 祐樹さん

糸田 祐樹さん
大学院工学研究科 電気・通信工学専攻
博士課程(前期)修了(2012年)
東北電力株式会社 送電技術課
秋田県立秋田高等学校 卒業