東北大学工学部電気情報物理工学科

Department of Electrical, Information and Physics Engineering

情報知能システム総合学科から2015年4月に名称変更

  • 電気工学
  • 通信工学
  • 電子工学
  • 応用物理学
  • 情報工学
  • バイオ・医工学

Career Paths進路・就職

就職活動体験記

人間と機械がよりよくコミュニケーションできるようにしたい(通信会社研究所へ(学校推薦))

 私は、高校生の時から、「音と機械」について興味がありました。大学では工学部に進み、研究室では音声認識の研究を行いました。大学院では、縁あってNTT研究所の1か月のインターンシップに行かせてもらうことができました。そこで、研究の面白さやNTT研究所のレベルの高さを知り、それが決め手となってNTT研究所を志望しました。

 就職活動では、研究所で働いている東北大OB・OGの方々に、エントリーシートの添削や面接練習等で様々なアドバイスを頂きました。特に、研究室OBの先輩には、面接の前に心強い言葉を頂きました。このように手厚くサポートして頂けたのも、様々な領域で活躍できる人材を育成している東北大だからこそだと感じました。NTT研究所に限らず、どの企業にも東北大出身の先輩がきっとおり、皆さんの力になってくれるはずです。

 私は、入社後も引き続き音声認識の研究に携われることになりました。音声認識の研究を進めることで、人間と機械がより直観的なコミュニケーションを行えるようにしていきたいと考えています。皆さんも希望の道に進み、是非自分の夢を叶えてください!

松井 清彰 さん

松井 清彰 さん
大学院工学研究科 通信工学専攻
博士課程(前期)修了(2015年)
日本電信電話株式会社 NTTメディアインテリジェンス研究所 音声言語メディアプロジェクト 音声対話インタフェースグループ
秋田県立横手高等学校卒業

超電導リニア技術の実用化に貢献したい(鉄道会社へ(自由応募))

 私は大学での勉強を通じて、大電力を扱う場所で省エネルギー社会の実現に貢献したいと考え、超電導の分野に興味を持ちました。研究室で超電導の研究を進めていく中で、私は省エネルギー化に可能性のある技術でありながら実用化が難しい超電導技術の実用化に向けて力になりたいと考えました。

 私がJR東海へ就職を希望した理由の1つとして、省エネルギーかつ次世代の技術として今後人々の生活をより良く改善していく超電導リニアの実用化に貢献できることが挙げられます。

 就職活動を振り返り本学科で良かったと思えた点は、本学科卒業生である先輩社員の方々が私の就職活動を手厚くサポートをしてくれたことです。先輩社員が個人的に相談に応じてくれてエントリーシートや面接のアドバイスをしてくれたことから、自信を持って就職活動を進めることができました。卒業生との太いパイプが本学科の魅力であると思います。

 現在は新幹線の車両基地で車両の保守を行っており、常に高品質の車両を世の中に提供しています。この現場で得られる経験及び車両の基礎知識と本学科で学んだ超電導工学の知識を活用して、将来的には超電導リニア車両の設計に携わってみたいと考えています。

秋田 真志さん

秋田 真志さん
大学院工学研究科 電気エネルギーシステム専攻
博士課程(前期)修了(2015年)
東海旅客鉄道株式会社(JR東海) 新幹線鉄道事業本部
千葉県立木更津高等学校卒業