東北大学工学部電気情報物理工学科

Department of Electrical, Information and Physics Engineering

情報知能システム総合学科から2015年4月に名称変更

  • 電気工学
  • 通信工学
  • 電子工学
  • 応用物理学
  • 情報工学
  • バイオ・医工学

Career Paths進路・就職

あなたを待っている未来

科学技術の進歩は私たちの暮らしを便利にするだけでなく、ライフスタイルや価値観までも変えていきます。

工学とは自然科学を利用して人類の幸福を実現すること、工学部はそのための人材を育てるとともに、「こういう世の中にしたい」という思いを工学の力によって形にするところです。

みなさんも、世の中がもっと幸福になるためにはどういうことが必要か、いろいろな「思い」を持っていると思います。

東北大学工学部電気情報物理工学科は、みなさんが持つ未来に対する様々な「思い」を実現するために必要な研究能力や知識、そして人とのネットワークを、みなさんに育むことができます。

電気情報物理工学科で育つということ

工学部は、あなたの、あるいは人々や企業、国や社会の夢を実現するための科学技術を、あなたが新しく考え出すための知識や方法論などを、あなたに伝授する場です。

工学の分野では、これまでの歴史などに基づいて、大きく「機械工学」「電気・情報工学」「化学工学」「材料工学」「建築・土木工学」に分かれてきました。この中の「電気・情報・物理工学」を学ぶ場が「電気情報物理工学科」です。高校物理の「電気と磁気」や「波(音や光)」及び「情報」を発展させた分野を中心に、情報科学や材料科学、生命科学などまでを含めた様々な研究と教育を行っています

電気・情報・物理工学は未来への発展を導く基盤分野

蒸気機関で走っていた鉄道が電気で走るようになったのは、100年以上も前。ガソリンエンジンで走っていた自動車も、いまや電気自動車を街中で普通に見かけるようになりました。油圧で翼を動かしていた飛行機も、いまや電気信号で制御され、さらには光信号での制御が研究されています。ロボット開発においても、今後私たちの日常生活に導入されていくにつれて、人工知能や機械学習、人とのコミュニケーションなど電気・情報・物理工学の重要性が増しています。コンピュータやインターネットが私たちの生活に欠かせなくなっていることは、言うまでもありません。「光通信」という言葉も、いまでは日常会話のなかで使われるようになりました。脳波が電気信号であることからもわかるように、新しい医療機器システムを開発していくためにも、電気・情報・物理工学は基盤となっています。

これらのことからもわかるように、電気・情報・物理工学は、現在の科学技術社会を支え、さらに未来への発展を導く基盤となる学問分野です。

あなたが将来の夢を実現するための力を身につけることを可能にする環境が、電気情報物理工学科にはある

今の時代、研究者・技術者に求められるのは「専門知識」だけではありません。未来の社会において必要とされるテクノロジーの研究開発を担う人材として、まだ誰も解いていない答えを見つけ出す力やそのような難題に立ち向かっていく姿勢を持っている人材が求められています。電気情報物理工学科では、あなたがこれらの力を身につけることを可能にする環境が整っています。

電気情報物理工学科に入学すると、まずは電気・情報・物理工学分野の研究者・技術者として求められる基盤知識の修得を目指すことになります。約9割の方は大学院博士前期課程(修士課程)へ進み、さらに専門分野の基礎学力、研究能力の修得を目指します。研究型大学ならではの充実した研究環境(研究設備、研究費など)は、学生にとっても思いどおりの研究を行うことを可能にします。研究成果を学術論文にまとめたり、海外の学会で発表したりすることを可能にする支援も充実しています。これらの研究活動(卒業研修、修士論文など)を通じて、将来、研究者・技術者として社会で活躍するために求められる様々な能力や方法論も身につけていきます。

そのような知識・能力等を身につけたあなたの活躍のフィールドは無限大です。なぜなら、ありとあらゆる科学技術分野、先端技術の開発に、電気・情報・物理工学分野の専門性は必要とされているからです。

活躍のフィールド

いまの仙台を体験することは、一生の糧になる!

緑豊かな『杜の都』、学生に優しい『学都』として知られる仙台。さらに今、仙台は、東日本大震災からの復興の拠点の1つとなっています。新しい日本の創生に向けて、街全体が動いています。この動きは、いまでなければ体験できません。ぜひ仙台に来て、いまの仙台を感じて、将来への志を持ってください。感受性の高い大学生時代をいまの仙台で送ることは、必ずやあなたの将来に役に立つはずです。