東北大学工学部電気情報物理工学科

Department of Electrical, Information and Physics Engineering

情報知能システム総合学科から2015年4月に名称変更

  • 電気工学
  • 通信工学
  • 電子工学
  • 応用物理学
  • 情報工学
  • バイオ・医工学

Career Paths進路・就職

社会で活躍する先輩たち卒業生のお仕事拝見

「鉄道版スマートグリッド」を構築したい

鉄道会社

 JR東日本が持つ発変電設備から鉄道負荷といった幅広いフィールドに魅力を感じ、恵まれた環境を活かした「鉄道版スマートグリッド」を構築したいと思い当社に入社しました。

 入社後、駅や車掌、車両や生活サービスなど鉄道に関わる様々な職場で研修を行った後、東京の電力工事部門で架空電車線の設計や変電所工事の監督員を務めました。若手社員もプロジェクトを任されており、私も2年目にして烏山線に導入した蓄電池駆動電車ACCUMの充電設備の新設工事を担当しました。調整業務、検査準備や対応など様々な苦労がありましたが、お客さまを乗せた車両が動き出した瞬間は、無事に使用開始した安心感と言葉にできない達成感を得ることができました。入社3年目となる現在は新潟支社に異動し、列車の安全安定輸送を守る重要な仕事である設備のメンテナンス業務に従事し、設備に近い環境で日々勉強をしています。

 鉄道の電気技術は特別な技術ではありますが、根底は講義で学んだ電気回路や電力変換工学などの基礎知識であり、研究で携わった太陽光発電や電力貯蔵装置も当社の重点取組事項となっています。大学の講義や研究で学んだ知識は、仕事の助けとなっています。(2014年7月取材)

天田 博仁さん

天田 博仁さん
東日本旅客鉄道株式会社 新潟支社 新潟電力技術センター
大学院工学研究科 電気・通信工学専攻
博士課程(前期)修了(2012年)
静岡県立沼津東高等学校卒業

情報セキュリティの最先端を研究する

電機メーカー

 私は、企業の研究所で研究者をしています。専門である情報セキュリティの研究は、東北大学在学中に始めました。途中で、卒業後も研究が続けたいと思い立ち、博士課程(後期)まで進みました。そこで、研究者に必要な能力を身に着けました。2011年に大学院博士課程(後期)を修了し、三菱電機株式会社・情報技術総合研究所に入所しました。一緒に働いてみたいと思う有名な研究者がいたので、今の就職先を選びました。就職後も情報セキュリティの研究を続けています。

 情報セキュリティ技術の進歩は、攻撃と防御のイタチごっこです。日々変化する状況に追いついて行く必要があります。そのため、ある時は攻撃者の視点で本当に安全なのか検証し、またある時は防御者の視点で攻撃を防ぐ方法を考えます。どちらもできなくてはいけないのが難しいところでもあり、面白いところでもあります。多くの場合研究はチームで行い、お互いの賢さを競うように議論を重ね、問題を解決していきます。それが一番面白いところです。良い成果が出たら国際会議で発表します。そうすることで自分が良いと思うものが、世界でも良いと思われるか試すことができます。(2014年7月取材)

菅原 健さん

菅原 健さん
三菱電機株式会社 情報技術総合研究所 研究員
大学院情報科学研究科 情報基礎科学専攻
博士課程(後期)修了(2011年)
山形県立酒田東高等学校 卒業

センサを自分でも作り出してみたい

産業機器メーカー

 私は2005年に大学院博士課程(前期)を修了し、オムロン株式会社に入社しました。主に光電センサや電源などの工場向けの製品を作っている会社です。大学の研究の中で使用していたセンサに興味を持ち、自分でも作り出してみたいと思いこの会社への就職を決めました。

 入社後、配属された部署で担当したのは基板検査装置の開発でした。これは赤、緑、青色の可視光をプリント基板上の抵抗やトランジスタの導線に照射し、反射光を画像処理にかけることでハンダ付けが正常状態になっているかを検査する装置です。センサだけでなく、モータ、コンベア、レンズ、照明など様々な知識が必要となるので仕事は大変ですが、人の役に立つものを作っているという実感することが出来、やりがいのある仕事だと思っています。

 その中で、現在私は検査装置のレンズ選定・照明設計を担当しています。大学の時に学んだ光学の知識を用いて、先輩方やメーカの方と協力しながら仕事をしています。設計に困った時には、何のために今この仕事をしているのか、目的は何なのかを振り返り、「どうしたらお客様が喜ぶ装置を作れるか?」という思考を大切にしています。日々いろんな課題や疑問にぶつかりますが、それらを一つ一つ解決していくことで、ゆっくりとですが技術者として成長していきたいと思っています。(2014年7月取材)

櫛引 真也さん

櫛引 真也さん
オムロン株式会社 インダストリアルオートメーション ビジネスカンパニー 検査システム事業部 開発2課
大学院医工学研究科 医工学専攻
博士課程(前期)修了(2011年)
東奥義塾高等学校 卒業