東北大学工学部電気情報物理工学科

Department of Electrical, Information and Physics Engineering

情報知能システム総合学科から2015年4月に名称変更

  • 電気工学
  • 通信工学
  • 電子工学
  • 応用物理学
  • 情報工学
  • バイオ・医工学

Courseコース紹介

応用物理学コース

学生による研究室紹介

次世代の磁性材料の開発を目指して

固体物性物理学[佐久間]研究室応物

佐久間研究室では、物性理論、量子力学およびシミュレーション技術を駆使し、次世代のデバイス応用に向けた磁性体の理論研究を行っています。この背景には、近年の加工技術の発展により原子オーダーの制御が可能になったことで、従来あまり考慮されていなかった量子効果を用いた磁性体の応用が期待されているという社会的需要があり、本研究室ではそうした磁性体のミクロの性質を取り入れた研究を行っています。研究対象は幅広くパソコンで使用されるハードディスクやメモリといった微小な磁気デバイスから、ハイブリッドカーで用いられるモータ等まで様々な磁性体の応用に関連しています。このように各人が異なるテーマに取り組んでいますが、その多様性を生かし、ゼミ等ではそれぞれの内容を互いに発信し合うことで、知的な刺激の多い研究室となっています。またスポーツ大会等イベントにも積極的に参加し、雰囲気の良い研究室です。

次世代の磁性材料の開発を目指して

遠藤 栄進さん

遠藤 栄進さん
大学院工学研究科
応用物理学専攻
博士課程(前期)2年
福島成蹊高等学校卒業