東北大学工学部電気情報物理工学科

Department of Electrical, Information and Physics Engineering

情報知能システム総合学科から2015年4月に名称変更

  • 電気工学
  • 通信工学
  • 電子工学
  • 応用物理学
  • 情報工学
  • バイオ・医工学

Courseコース紹介

応用物理学コース

学生による研究室紹介

エネルギー問題の解決の糸口になる室温超伝導体の発見を目指して

低温・超伝導物理学 [小池] 研究室応物

超伝導体は、ある温度以下で電気抵抗がゼロになる不思議な現象を示します。この現象を利用して、送電ケーブルを作ればロスなく電気を送ることができ、エネルギー問題は一気に解決します。しかし、これまで最高でもマイナス138℃まで温度を下げる必要がありました。ところが、近年、超高圧化ながら-70℃以下で超伝導を示す物質が発見され、室温まであと一歩のところまで来ています。そこで私たちは新しい超伝導のメカニズムを調べたり、合成法を開発して、室温でも超伝導になる物質の発見を目指しています。

これらの大きな目標を達成してノーベル賞を獲得するために、先生方や学生同士の活発な議論を通して、ときにはスポーツで一緒に汗を流したりしながら日々研究に取り組んでいます。

エネルギー問題の解決の糸口になる室温超伝導体の発見を目指して

渡邉 知晟 さん

渡邉 知晟 さん
大学院工学研究科
応用物理学専攻
博士課程(前期)1年
茨城県立竹園高等学校卒業

他の研究室を見る