東北大学工学部電気情報物理工学科

Department of Electrical, Information and Physics Engineering

情報知能システム総合学科から2015年4月に名称変更

  • 電気工学
  • 通信工学
  • 電子工学
  • 応用物理学
  • 情報工学
  • バイオ・医工学

Courseコース紹介

バイオ・医工学コース

学生による研究室紹介

半導体と生体素子の融合 新たなバイオデバイスの開発を目指して

ナノバイオ医工学 [平野] 研究室医工
(材料科学高等研究所、電気通信研究所)
ナノ・バイオ融合分子デバイス [平野] 研究室電子
(材料科学高等研究所、電気通信研究所)

半導体というと、電化製品の中にあるものと思う方も多いと思いますが、最近はこれまでにない新しい用途に半導体チップを使おうという動きが盛んです。私の研究室では薬の副作用を測るための半導体チップの研究を行っています。このチップが実用化されれば、より低コストで効率的な新薬の開発に役立つと考えています。また、半導体デバイスの技術を応用すると、脳の神経細胞のネットワーク構造を制御することができます。この技術を用いて、生きた神経細胞を用いた脳のモデルを作る研究も行っています。細胞を培養したりと、本学科の中でもバイオ寄りな研究ができる事が大きな特徴です。

研究室の人数は多くありませんが、その分先生方との距離が近く、すぐにアドバイスをいただける環境はとても魅力的です。また、全員の誕生日をお祝いしたり、合宿を行ったりと、仲良く充実した研究生活を送っています。

半導体と生体素子の融合  新たなバイオデバイスの開発を目指して

加藤 美生 さん

加藤 美生 さん
大学院医工学研究科
医工学専攻
博士課程(前期)1年
宮城県仙台第三高等学校卒業

他の研究室を見る