東北大学工学部電気情報物理工学科

Department of Electrical, Information and Physics Engineering

情報知能システム総合学科から2015年4月に名称変更

  • 電気工学
  • 通信工学
  • 電子工学
  • 応用物理学
  • 情報工学
  • バイオ・医工学

Courseコース紹介

情報工学コース

学生による研究室紹介

コンピュータにできること・できないこと~計算量理論とコンピュータの可能性の追求~

知能システム科学[篠原]研究室情報

先日、第3回将棋電王戦においてコンピュータが人間のプロ棋士に勝ち越したというニュースが世間を騒がせました。コンピュータが発揮する能力はいまや様々な領域で人間の知能を凌駕しつつあります。一方で、世の中にはコンピュータで解くことが困難な問題も数多く存在します。では、現実的にコンピュータが解決できる問題、できない問題はどこで線引きされるのでしょうか?

計算機科学では、問題の難しさを、計算に必要な時間とメモリに基づく計算量で評価します。私たちは計算量理論とその応用に関する研究を、ゲーム情報学をはじめ、文字列学や機械学習といった多岐にわたる観点から行っています。

様々な問題の計算量を解明することで、コンピュータの計算限界を知ることができます。一方で、計算手法を工夫することで、一見して計算量が膨大な問題を一瞬で計算できるとわかることもあります。この二面性が研究の面白さだと思います。

言葉がわかるコンピュータ―自然言語処理が切り拓く未来

桂 敬史さん

桂 敬史さん
大学院情報科学研究科
システム情報科学専攻
博士課程(後期)3年
岩手県立盛岡第一高等学校卒業