東北大学工学部電気情報物理工学科

Department of Electrical, Information and Physics Engineering

情報知能システム総合学科から2015年4月に名称変更

  • 電気工学
  • 通信工学
  • 電子工学
  • 応用物理学
  • 情報工学
  • バイオ・医工学

Courseコース紹介

電気工学コース

学生による研究室紹介

超電導技術が切り拓く無限の可能性

応用電気エネルギーシステム[津田・宮城]研究室電気

持続可能社会の実現には、既存の概念にとらわれない新たな電気エネルギーシステムの構築が必要です。中でも超電導は、エネルギー密度が高く低損失であるため、高効率・高信頼な次世代の電気エネルギーシステムを支える重要基盤技術の一つとして期待されています。

津田・宮城研究室では、自然エネルギーを有効利用するために、電気を磁気エネルギーとして貯める超電導コイルと水素で貯める燃料電池/水電解装置を組合せた複合エネルギー貯蔵システムや超電導ケーブルなど、次世代の電気エネルギーシステムの構築を目指した研究を行っています。また、液体ヘリウムを使用しないで高解像度を可能とする次世代MR(I 磁気共鳴画像撮像装置)用超電導コイルや磁気浮上型超電導免震装置など、医療・産業応用を含む幅広い分野において、 超電導技術が切り拓く無限の可能性を追求しています。

超電導技術が切り拓く無限の可能性

井出 桃愛 さん

井出 桃愛 さん
大学院工学研究科 電気エネルギーシステム専攻
博士課程(前期)2年
茨城高等学校卒業

他の研究室を見る