東北大学工学部電気情報物理工学科

Department of Electrical, Information and Physics Engineering

情報知能システム総合学科から2015年4月に名称変更

  • 電気工学
  • 通信工学
  • 電子工学
  • 応用物理学
  • 情報工学
  • バイオ・医工学

Courseコース紹介

電子工学コース

学生による研究室紹介

最先端ナノエレクトロニクスでスピンを活用
-磁石を使って電子機器を省エネ化-

半導体スピントロニクス[大野]研究室電子(電気通信研究所)

IT機器の急増によって世界のエネルギー消費量は年々増え続けていますが、消費電力を低減できる切り札として、近年“スピントロニクス”技術が注目を集めています。スピントロニクスとは、電子のもつ電気的性質“電荷”だけでなく、磁気的性質“スピン”も利用する研究分野です。私はその中でも応用に近い、磁気トンネル接合素子と呼ばれ電源を切ってもデータが保持できる不揮発性素子を利用したメモリに関する研究を行っています。現在利用されているメインメモリは電源を切るとデータが失われてしまう揮発性メモリですが、スピントロニクスを利用した不揮発性メモリに置き換えることができれば消費電力の大幅な削減が可能となります。

研究室には最先端の研究を行うのに十分な環境が整っており、また、日本のトップ研究者30人にも選ばれている大野先生をはじめとしたスタッフ、先輩方が基礎から丁寧に指導してくださるので、日々充実した研究室生活を送っています。

最先端ナノエレクトロニクスでスピンを活用-磁石を使って電子機器を省エネ化-

平山 絵里子さん

平山 絵里子さん
大学院工学研究科
電子工学専攻
博士課程(前期)2年
青森県立弘前高等学校卒業