東北大学工学部情報知能システム総合学科

Department of Information and Intelligent Systems

平成27年4月、「電気情報物理工学科」へ名称変更

  • 電気工学
  • 通信工学
  • 電子工学
  • 応用物理学
  • 情報工学
  • バイオ・医工学

Courseコース紹介

応用物理学コース

学生による研究室紹介

新しい「光」の時代に先駆けて、非晶質の可能性を切り拓く

光物性学[藤原]研究室AP

これまでの機能材料・デバイス研究は電子が主役であるエレクトロニクスの時代でしたが、これからは光子が主役であるフォトニクスの時代へと変化していくといわれています。光を自在に操るために私たちが注目している材料は、ガラスです。代表的な固体物質である結晶は、通常、原子が規則正しく配列しています。これに対してガラスはランダム構造を持っており、このような物質を非晶質といいます。この構造のため透明なガラスは光ファイバ等にも利用されますが、従来の光ファイバの役割は信号光を遠くに伝えるだけでした。私たちはこれに光信号を制御する機能性を与えることを目的として、日々研究しています。また、発光や光触媒機能を発揮する結晶をガラス中に析出させる研究にも挑戦しています。

このようにそれぞれのメンバーが光や非晶質に関する様々なテーマで研究を行っていますが、お互い積極的に意見交換をする雰囲気の良い研究室です。

新しい「光」の時代に先駆けて、非晶質の可能性を切り拓く半導体ナノ結晶化ガラスの発光(xは酸化マンガン添加量)。マンガンイオンドープガラスを熱処理することでワイドギャップ酸化物半導体Zn2GeO4ナノ結晶がガラス中に析出する。紫外(UV)光により赤・緑色発光および残光を示す。

高橋 哲平さん

高橋 哲平さん
大学院工学研究科
応用物理学専攻
博士課程(前期)1年
秋田県立横手高等学校卒業

他の研究室を見る