東北大学工学部電気情報物理工学科

Department of Electrical, Information and Physics Engineering

情報知能システム総合学科から2015年4月に名称変更

  • 電気工学
  • 通信工学
  • 電子工学
  • 応用物理学
  • 情報工学
  • バイオ・医工学

Topics & Newsトピックス & ニュース

News 2012年度

  • news 2013.3.29 修士2年の飯嶋祥平さん(山田・大寺研究室[光波物理工学]:群馬県立高崎高等学校卒業)が、2013年電子情報通信学会総合大会でエレクトロニクスソサイエティ学生奨励賞を受賞しました。
    詳細はこちら
  • news 2013.3.26 本学科の津田理教授らの研究グループによる超電導を使った免震装置の開発が、2013年3月26日(火)の日本経済新聞に掲載されました。
    記事タイトル『超電導使い浮かせて守る 地震の横揺れ軽減装置 東北大・奥村組 実用化狙う』 => 電子版はこちら
  • news 2013.3.25 3月18日にプレスリリースした当学科曽根秀昭教授らの研究グループの成果が、新聞各紙に掲載されました。
    河北新報3月24日(1面トップ)『可動基地局で行政情報リレー 災害時WiFi通信網 東北大・NEC開発』
    日経産業新聞3月21日(11面)『無線LANで情報伝送 大規模災害時向け基地局』
    日刊工業新聞3月20日(13面)『(災害時に通信可能) Wi-Fiアクセスポイント 臨時ネットに活用 NEC 東北大』
  • news 2013.3.23 本学科の中尾光之教授らの研究グループの成果が2013年3月23日の読売新聞に掲載されました。
    記事タイトル「胎児の心電図わかります ママのおなか センサー付けるだけ 東北大が機器開発」=> こちら
    河北新報2013年3月26日(1面)にも掲載されました。「胎児心電図 臨床試験スタート 東北大病院」=> こちら
    東北大学からのプレスリリース「東北大学病院で日本初国産医療機器の臨床試験を開始」 => こちら
  • news 2013.3.22 山形県立鶴岡南高等学校の理数科進学予定の1年生39名が、3月21日(木)と22日(金)の2日間、東北大学研修として東北大学を訪問し、模擬授業や研究室見学等を体験しました。当学科関連では青葉山と片平の両キャンパスで3人の先生が模擬授業を行い、4つの研究室を訪問しました。
    ○模擬授業:「生体の可視化に超音波で挑む」(長谷川英之准教授)、「応用知能ソフトウェア学 -私が行っている研究-」(阿部亨准教授)、「耐災害・対災害情報通信システムに関する研究」(菅沼拓夫教授)
    ○研究室見学:金井・長谷川研究室(生体超音波医工学)、安藤晃研究室(エネルギー生成システム)、末松・亀田研究室(先端ワイヤレス通信技術)、北村研究室(情報コンテンツ)
  • news 2013.3.19 当学科曽根秀昭教授(サイバーサイエンスセンター)らの研究グループによる通信インフラ途絶時にWi-Fiを活用して臨時ネットワークを構築する研究開発の成果がプレスリリースされました。
    東北大学からのプレスリリース『災害で通信途絶しても臨時無線ネットを構築する技術を開発(緊急時のコミュニケーション手段を迅速に提供・NECと東北大)』 => こちら
    共同研究先であるNECからのプレスリリース『NECと東北大、災害など通信インフラ途絶時にWi-Fi活用により臨時ネットワークを構築する技術を開発~ 緊急時のコミュニケーション手段を迅速に提供 ~』 => こちら
  • news 2013.3.19 2013年度の「東北大学サイエンスカフェ」のスケジュールが発表され、当学科の伊藤彰則教授が6月28日の第93回サイエンスカフェに登場することになりました。タイトルは『スマホやロボットとどうやって会話できるのか? -人間と機械の対話の最前線-』です。
    詳細はこちら。
  • news 2013.3.18 加藤(寧)・西山研究室が開発している圏外でもメール送信が可能になる"スマホdeリレー"について、仙台市街地での実験の様子など研究成果を収録したビデオが東北大学動画チャンネルで公開されました。
    動画はこちら
  • news 2013.3.17 3月14日(木)に和歌山県立桐蔭高等学校で、土浦宏紀准教授が「理論物理と元素戦略:次世代永久磁石をもとめて」というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2013.3.15 山口・遠藤(恭)研究室の重田洋二郎さん(学部4年:佐久長聖高等学校卒業)が、第27回エレクトロニクス実装学会春季講演大会においてポスターアワードを受賞しました。
    詳細はこちら
  • news 2013.3.15 3月15日(金)に栃木県立栃木高等学校で、和泉勇治准教授が「数式で画像を見る」というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2013.3.14 澤谷・陳研究室の勝田肇さん(博士前期課程2年)が電子情報通信学会アンテナ・伝播研究会より学生奨励賞を授与されることになりました。表彰式は3月19日に2013年電子情報通信学会総合大会会場(岐阜大学)で行われます。
    詳細はこちら
  • news 2013.3.14 乾・岡崎研究室の渡邉研斗さん(学部4年:山梨県立吉田高等学校出身)と鍋島啓太さん(博士前期課程1年:栃木県立真岡高等学校出身)が、情報処理学会第75回全国大会でそれぞれ学生奨励賞を受賞されました。
    詳細はこちら
  • news 2013.3.13 3月11日(月)に宮城県古川黎明中学校・高等学校で、中沢正隆教授(電気通信研究所所長)が「出会いと夢」というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2013.3.13 中沢正隆教授(電気通信研究所所長)が、日本学士院賞を受賞されました。授賞理由は、「小型高効率広帯域の光増幅器を世界で最初に実現。海底光ケーブルの光中継器として世界各国で広く用いられるようになり、これにより今では世界中の人々がいつでもだれとでも即時に情報交換ができるような高度情報化社会が実現された」(要約)とのことです。
    日本学士院によるプレスリリースは、こちら
    東北大学によるプレスリリースは、こちら
    NHK NEWS WEBによる報道は、こちら
    朝日新聞asahi.comによる報道は、こちら
  • news 2013.3.6 『東北大学サイエンスカフェ』でこれまで行われた当学科の教員の講演について、河北新報ニュースWebサイトに掲載されているものを「リンク集」のページにまとめました。当学科で行われている研究がわかりやすくご理解いただけると思います。
    リンク集のページは、こちら(一番下にまとめています)。
  • news 2013.3.6 2月22日に開催された「東北大学サイエンスカフェ」での乾健太郎教授の講演の概要が、3月6日(水)の河北新報朝刊(13面)及び河北新報ニュースWebサイトに掲載されました。
    記事タイトル:言葉がわかるコンピュータ ネット充実 開発後押し 大量に解析し進化
    河北新報ニュースWebサイトはこちら
    なお当日のスライドは、こちらでご覧いただけます。
  • news 2013.3.3 3月2日・3日に幕張メッセで開催された第2回サイエンス・インカレ本選に本学科から7件9名が出場し、塩谷真帆さん(親和女子高等学校出身)が「科学技術振興機構理事長賞」を、中村紘君(宮城県仙台第一高等学校出身)が「朝日新聞社JSEC賞」をそれぞれ受賞しました。
    • 東北大学プレスリリースはこちら
    • 東北大学工学部ニュースはこちら
    • ステップQIスクールからのニュースはこちら(詳細情報つき)
  • news 2013.3.2 3月2日(土)の河北新報朝刊に、本学などが取り組む情報技術人材の実践的な育成の取り組みが紹介され、当学科の曽根秀昭教授(サイバーサイエンスセンター)のコメントが掲載されました。
    記事タイトル「情報技術即戦力 15大学連携育成 東北大など テレビ会議で講義」
  • news 2013.3.1 当学科の非公式facebookページのユーザーネーム(固有URL)を取得しました。学科ホームページには掲載していない最新情報や当学科の日々の動きの情報なども掲載していますので、ぜひご覧ください。
    取得した情報知能システム総合学科非公式facebookのURLは、http://www.facebook.com/TohokuUnivIis です。
  • news 2013.2.26 1月29日に本欄に掲載した藤原研究室の研究成果が、2013年2月22日の科学新聞に掲載されました。
    記事タイトル「高い透明性持つガラスセラミックス 東北大の研究グループ開発 光学デバイス応用へ進展」
  • news 2013.2.25 2013年2月23日(土)-24日(日)に東京電機大学で開催された第1回 SECCON CTF 全国大会に、篠原研究室(知能システム科学)の草野一彦さん、桂敬史さん、庄崎大輔さん、奥田遼介さんがチームmofuppとして参加し、第4位を獲得しました。
  • news 2013.2.24 2月11日に東北大学で開催された「NHK公開復興サポート」の中で当学科の曽根秀昭教授(サイバーサイエンスセンター)が出演された「明日へ支えあおう」が、2月24日(日)10:05からNHK総合テレビで放映されました。
    番組についての新聞見出しは「いま家族や仲間と話したいソーシャルメディアの活用術」でした。
  • news 2013.2.22 2月19日に本欄に掲載した加藤(寧)・西山研究室による研究成果が、2013年2月22日の読売新聞に掲載されました。
    記事タイトル:スマホの無線 メールリレー 端末同士で通信 災害時に活用
  • news 2013.2.19 当学科の大野英男教授(電気通信研究所)らの研究グループとNECによるスピントロニクス技術を用いたロジックインメモリ集積回路の自動設計技術の開発が、2013年2月19日の日本経済新聞に掲載されました。
    記事タイトル:東北大学とNEC 待機電力ゼロ回路を自動設計
    東北大学によるプレスリリースはこちら
    NECによるプレスリリースはこちら
  • news 2013.2.19 加藤寧教授、西山大樹准教授らの研究グループによる「通信事業者(携帯電話)の回線を利用することなく、スマートフォンのWiFiだけを利用してメッセージを離れた所までリレーする」実験の成功が、2013年2月19日の河北新報に掲載されました。この成功により、携帯電話が圏外でもメッセージ送信が可能になり、災害時でも有効な通信手段となることが期待できます。
    記事タイトル:災害時 圏外でも通話可 東北大 スマホを中継 実証実験
    -> 記事はこちら
    東北大学によるプレスリリースはこちら
    東北大学大学院情報科学研究科によるプレスリリースはこちら
  • news 2013.2.15 片桐崇史准教授が3月20日(水・祝)14時からエルパーク仙台で開催される「WAOサイエンス教室」で講師を務めます。演題は、工学・医工学を目指す中学・高校生のための『「光」が広げる最先端医療の世界』。参加費は無料です。申込みは0120-047-052までお願いします。
    詳細はこちら
  • news 2013.2.8 当学科の知能システム科学の篠原研究室のチーム「mofupp」(草野一彦君、桂敬史君、庄崎大輔君、奥田遼介君)が、実践的な情報セキュリティ人材の発掘・育成を目的とした情報セキュリティコンテスト「第4回SECCON 横浜大会(関東地区)」で準優勝しました。
    詳細はこちら
  • news 2013.2.6 当学科の乾健太郎教授が、2013年2月22日(金)開催の「東北大学サイエンスカフェ」に登場します。演題は「言葉がわかるコンピュータはどこまでできたか -言葉の不思議と自然言語処理の最前線-」、18時からせんだいメディアテーク1階です。参加費無料・事前申込不要です。ぜひご来場ください。
    詳細はこちら
  • news 2013.2.5 2013年2月11日(月・祝)に、「NHK公開復興サポート 明日へ」が東北大学川内キャンパスで開催されます。当学科の曽根秀昭教授(サイバーサイエンスセンター)もEテレ「明日へ支えあおう」のコーナーに出演されます。川内キャンパス講義棟A棟で13時から16時です。放送は2月24日(日)10:05からの予定です。
    詳細はこちら
  • news 2013.1.29 当学科が所属する東北大学電気・情報系が東日本大震災からの復興へ向けて設立した「東北大学電気通信研究機構」が、2013年1月28日の岩手日報「未来へ 被災地からの提言(13)」で紹介されました。
    掲載記事は、こちら
  • news 2013.1.29 応用物理学コースの藤原研究室らが、究極の透明ガラスセラミックスの開発に成功しました。
    【東北大学プレスリリース】ナノガラス粒子が単結晶ドメインに寄生する-究極の"透明ガラスセラミックス"の開発に成功-
  • news 2013.1.29 東北大学平成25年度一般選抜入学試験の出願状況が、東北大学入試センターホームページに掲載されています。
    入試センターホームページはこちら
  • news 2013.1.29 東北大学広報誌『まなびの杜』2012年冬号 No.62 の『私の中の「東北大学」(OBからのメッセージ)』シリーズに、本学科卒業生の松倉隆一氏(富士通勤務)の寄稿が掲載されました。
    ご覧いただくには、こちらをクリックしてください。。
  • news 2013.1.28 東北大学平成25年度AO入試III期の出願状況が、東北大学入試センターホームページに掲載されました。
    入試センターホームページはこちら
    AOIII出願状況はこちら
  • news 2013.1.27 本学科の青木孝文教授の技術をロボットのプログラム開発に活用した有機ELパネルを使った自動車の外観検査ロボットの試作の成功の記事が、1月27日の河北新報に掲載されました。
    記事タイトル:自動車の外観 有機ELパネルでチェック 検査ロボット試作 山形大研究センターなど -> 記事はこちら
  • news 2013.1.24 青木輝勝准教授とNPO法人湘南市民メディアネットワーク、株式会社デジコンキューブが共同で研究開発した画像認識システム「ネオポスター」の紹介記事が1月23日の東京新聞に掲載されました。
    電気通信研究所のプレスリリースはこちら
    記事タイトル:藤沢のNPO開発無料アプリ「ネオポスター」 スマホで静止画パチリ 欲しい情報 すぐに配信 -> 記事はこちら
  • news 2013.1.21 小松智希さん(情報科学研究科博士前期課程1年:篠原研究室:秋田県立横手高等学校出身)が、1月19日(土)に東京で開催された「学生プログラマ日本一決定戦 <コードバーサス2.0>」 の決勝トーナメントで、見事に優勝されました!
    またその様子がNHKニュースで紹介されるとともに、NHK News Webにも掲載されました。-> 掲載ページはこちら(期間限定公開と思われます)
    詳細は情報科学研究科のプレスリリースをご覧ください。->こちら<
  • news 2013.1.21 『私が情報知能システム総合学科を進学先として選んだのは、「人間と友達になれるようなロボットを作りたい!」という漠然とした夢がきっかけでした。』という書き出しで始まる戸塚典子さん(静岡市立高等学校出身:大学院通信工学専攻 修士1年:伊藤(彰)研究室)のメッセージ、2013年夏に配布予定の工学部パンフレット「未来への挑戦」の中の“先輩”からのメッセージ欄に掲載予定の原稿なのですが、先取りで「学生の声」のページに掲載しました。
  • news 2013.1.17 「Q&A」のページを充実させました。情報知能システム総合学科についてよく寄せられる質問とその回答をご紹介しています。ぜひご覧ください。
  • news 2013.1.15 当学科の鈴木陽一教授(電気通信研究所)が座長を務める、宮城県女川町での情報通信技術の街づくりへの活用を議論する検討会の第1回会合の開催と、同会合における防災無線の拡声機に関する鈴木教授の講演の記事が、2013年1月15日の毎日新聞(宮城面)に掲載されました。
    記事タイトル:情報通信技術活用を 津波被災女川町で 街づくり検討会
  • news 2013.1.10 当学科の住井英二郎准教授(ソフトウェア基礎科学研究室)の第9回日本学術振興会賞受賞(12月17日)についての解説記事が、平成25年1月1日付けの科学新聞に掲載されました。
    記事タイトル:「50年来の難問」一般解示す
  • news 2013.1.10 本間経康准教授が昨年12月11日に神奈川県立小田原高等学校で行った出前授業の様子が、同高のホームページの「小田高2年次だより」第36号に掲載されました。本間先生オリジナルの「物理が苦手な生徒へのアドバイス」つきです!
    小田高2年次だより第36号をご覧いただくには、こちら
  • news 2013.1.9 平成24年12月31日発行された東北大学広報誌「まなびの杜」最新号(第62号)に、当学科の吉澤誠先生が「地域と大学:中学生のためのコンピュータグラフィクス講座」を掲載されています。
    記事をご覧いただくには、こちら
  • news 2013.1.8 当学科の乾健太郎教授らの研究グループと情報通信研究機構(NICT)が共同開発した災害時の被災状況検索システムが、1月7日の産経新聞朝刊(東京版3面、大阪版1面)に掲載されました。
    記事タイトル「被災者ニーズ 瞬時に把握」
    記事はこちら
  • news 2013.1.2 新年になったのを機に、当学科の非公式facebookページを開設しました。twitterでつぶやいたことをまとめて見ることができます。ご覧いただけると嬉しいです。まだ短縮アドレスが取得できないため、facebookの中で「東北大学工学部情報知能システム総合学科」で検索してください。
  • news 2012.12.27 一ノ倉理教授らの研究グループによる、レアアース磁石を用いない大出力トルクを有するモーターの開発が、2012年12月21日の科学新聞に掲載されました。今後、電気バスへの適用などが検討されるそうです。
    記事タイトル「東北大がモーター開発 磁石不使用で大出力トルク レアアース依存脱却めざす」
  • news 2012.12.21 12月21日(金)に大妻嵐山高等学校の1年生33名が見学に来られ、「大学についての講演」「研究室見学(応用物理学、医工学)」「グループに分かれての大学生との懇談」などを行いました。
  • news 2012.12.17 住井英二郎准教授(ソフトウェア基礎科学研究室)が、「後のノーベル賞候補者となるようなフレッシュな研究者」に与えられる第9回日本学術振興会賞を受賞されました。
    東北大学によるプレスリリースは、こちら
  • news 2012.12.13 12月11日(火)に神奈川県立小田原高等学校で、本間経康准教授が『「世界の将来を支える研究」-時代に対応する東北大学の研究室-』というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2012.12.10 本学科も含む東北大学電気・情報系が、「情報エレクトロニクスシステム教育研究拠点」として、平成24年度卓越した大学院拠点形成支援補助金(研究拠点形成費等補助金(若手育成研究者養成費))に採択されました。
    この補助金は、優れた研究基盤を活かし高度な教育と研究を融合する卓越した拠点を有する大学に対し、博士課程の学生が学修研究に専念する環境を整備するために必要な経費を支援し、もって、優秀な学生を惹きつけ、世界で活躍できる研究者を輩出する環境づくりを推進することを目的としているもので、「我が国の学術研究を格段に発展させる研究者を一定数以上擁し優れた研究基盤を有する博士課程等の専攻等」について、教育活動や研究活動のこれまでの実績に基づいて選定されるものです。東北大学電気・情報系は大変高い評価をいただき、博士課程の教育・研究のための充実した補助金を交付いただけることとなりました。
  • news 2012.12.7 12月7日(金)に栃木県立宇都宮東高等学校で廣岡俊彦准教授が「世界を結ぶ光ファイバ通信 -超高速・長距離光通信への挑戦-」というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2012.12.6 12月6日(木)に宮城県仙台第二高等学校で、同高卒業生でもある遠藤恭准教授が「磁気が拓く新しいIT技術の世界」というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2012.12.5 当学科の一ノ倉理教授らの研究グループと日立製作所との共同研究によるレアアース(希土類)を用いない可変磁気抵抗(SR)モーターの開発が、2012年12月5日の日刊工業新聞に掲載されました。
    記事タイトル「レアアース不要のSRモーター 磁石並みトルク密度 東北大」
    東北大学によるプレスリリースは、こちら
  • news 2012.12.4 当学科の須川成利教授の高速ビデオカメラに関する研究成果が、科学技術振興機構のJSTニュース12月号に掲載されました。
    記事タイトル「社会にひろがる新技術」欄に「1000万分の1秒の世界をとらえる」
  • news 2012.11.29 総務省の委託を受けて当学科の加藤寧・西山、木下・北形、安達、中沢・廣岡・吉田の各研究室がNTTなどと共同で進めている「大規模災害時における通信ネットワークに適用可能なリソースユニット構築・再構成技術の研究開発」の記事が、11月29日の朝日新聞デジタル及び日刊工業新聞に掲載されました。
    朝日新聞デジタルの記事はこちら
    日刊工業新聞タイトル「被災地に素早く通信基盤 移動式ユニット開発 NTT、東北大などと共同」
    研究内容はこちらのページの下から2番目の『大規模災害時における通信ネットワークに適用可能なリソースユニット構築・再構成技術の研究開発』をご覧ください。
  • news 2012.11.29 総務省の委託を受けて当学科の木下・北形、塩入・栗木、大堀、北村、大町、乾・岡崎の各研究室とNHKなどが研究している「大規模な災害が起きたときに、テレビの放送とインターネットを連携させて、ライフラインなどの地域に密着した情報を伝える新たなサービス」の実演が11月29日(木)に仙台市で行われたことが、NHKのNEWS Webに掲載されました。
    詳細はこちら
    研究内容はこちらのページの一番下の『災害情報を迅速に伝達するための放送・通信連携基盤技術の研究開発』をご覧ください。
  • news 2012.11.29 11月29日(木)に群馬県立高崎女子高等学校で平野愛弓准教授が「ナノで拓く新しいバイオセンサの世界-理学部出身者が思う工学の魅力とは」というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2012.11.29 11月28日(水)に福島県立会津学鳳中学校・高等学校の中学3年生がSSH事業の一環として東北大学工学部を見学にいらっしゃいました。うち25名の生徒さんが当学科の梅村研究室(超音波治療)と渡邉研究室(運動リハビリテーション支援システム)を見学・実習されました。
  • news 2012.11.29 11月22日(木)、当学科がNTTドコモ、日本電気、日立東日本ソリューションズ、富士通と実施している「大規模災害時における移動通信ネットワーク動的通信制御技術の研究開発」について、実証実験開始に関するプレスリリースが行われました。
    詳細はこちら
  • news 2012.11.29 11月22日(木)に青森県立三本木高等学校で、当学科の安藤晃教授が『「UFOを作る」―イオンクラフトの製作と原理―』というタイトルでSSH大学連携セミナーの講師(講義及び実験)を務めました。
  • news 2012.11.29 11月20日(火)に仙台市立仙台青陵中等教育学校で松浦祐司教授が「レーザー治療と光診断-最先端医療機器の研究-」というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2012.11.16 11月16日(金)に栃木県立真岡高等学校で長谷川英之准教授が「超音波による生体のイメージング」というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2012.11.9 11月1日(木)に実施した出前授業をきっかけに、11月8日(木)に宮城県宮城第一高等学校の3年生2名が、人工知能を研究している篠原研究室へ研究室見学にいらっしゃいました。
  • news 2012.11.9 11月8日(木)に青森県立青森高等学校で張山昌論准教授が「スーパーコンピューティングが拓く未来」というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2012.11.9 河合塾が発行している高校の進路指導の先生向けの雑誌「Guideline」11月号に、「学修成果の把握に関する大学の取り組み」の事例として東北大学工学部の「ポートフォリオ」の記事が掲載されています。
    タイトル:「ポートフォリオ」(学習等達成度記録簿)を用いて個々の学生の能力や個性に応じた指導を実施
  • news 2012.11.8 11月7日(水)に福島県立安積黎明高等学校で杉田典大准教授が「バーチャルリアリティで拓く新しい医療の世界」というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2012.11.8 11月6日(火)に北海道札幌旭丘高等学校で水木敬明准教授が「安全な計算 -気まずくならない告白って?-」というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2012.11.8 11月2日(金)に宮城県塩釜高等学校で張山昌論准教授が「スーパーコンピューティングが拓く未来」というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2012.11.5 11月5日(月)に宮城県仙台第一高等学校で枝松圭一教授が「光と量子情報」というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2012.11.1 先般発行された「東北大学アニュアルレビュー2012」の29頁に、当学科の斎藤浩海教授の「サイエンスカフェ in 福島『あなたにとってのスマートグリッドとは? 太陽光発電や風力発電の電気を上手に送り届ける』」が掲載されています。
    詳細はこちら(29頁)
  • news 2012.11.1 11月1日(木)に宮城県宮城第一高等学校で開催された「ミヤイチ☆キャンパスI」で平野愛弓准教授が講義を行いました。
  • news 2012.11.1 10月31日(水)に岩手県立黒沢尻北高等学校で片桐崇史准教授が「特殊光ファイバが拓く先端レーザー医療の世界」というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2012.10.29 10月28日(日)に東京大学で開催された「東日本大震災ビッグデータワークショップ -Project 311- 報告会」で、乾・岡崎研究室が「ツイッターデータの意味的解析による災害情報拡散の分析」の発表を行いました。
    報告会のスライド資料は、こちら
  • news 2012.10.29 工学部広報誌「あおば萌ゆ」vol.17(2012 Autumn)の「研究最前線」に当学科の斎藤浩海教授が登場しています。
    タイトル「今、問われる次世代のエネルギーの姿。スマートな電力システム、その基礎理論の確立を通じ、難題に応える」(4ページ目)
  • news 2012.10.29 10月26日(金)に新潟県立長岡高等学校で石黒章夫教授が『生き物とロボットのあいだ 「生き生きとした動き」のからくりを探る』というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2012.10.29 10月24日(水)に茨城県立竜ヶ崎第一高等学校で安藤康夫教授が『「工学とは」 -研究生活から将来像まで-』というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2012.10.23 10月22日(月)に第25回東京国際映画祭のイベントとして、「いま映画に何ができるか」というテーマの下、リドリー・スコット監督が製作総指揮をした映画「JAPAN IN A DAY」について東京・六本木ヒルズと仙台・東北大学を4K回線でつないで語り合うトークディスカッションイベントが開催されました。当学科の川又政征教授がゲストとして登壇したほか、川又研究室が仙台会場の運営を担当しました。
    詳細はこちらをご覧ください。
  • news 2012.10.22 10月20日(土)に日本Androidの会が主催して東北大学で開催された「ICT ERA + ABC 2012東北」において、当学科の青木孝文副学長が「大規模災害における身元確認とICT」と題した基調講演を行いました。
    「過去のライブ」として、ここからご覧になれます。7:00過ぎあたりからです。
  • news 2012.10.18 本学入試センターより、平成25年度AO入試I期・II期及び科学オリンピック入試の出願状況が公表されました。
    詳細はこちらをご覧ください。
  • news 2012.10.18 10月18日(木)に宮城県古川黎明高等学校で大寺康夫准教授が「光結晶が拓く分光イメージングの世界 -見えないモノを可視化する-」というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2012.10.18 10月17日(水)に群馬県立前橋高等学校で、住井英二郎准教授が「コンピュータプログラムの仕組み -インターネットやゲームはどうして動くのか?-」というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2012.10.18 10月16日(火)に福島県立磐城高等学校で、同校卒業生でもある大兼幹彦准教授が「東北大学工学部の紹介とスピンエレクトロニクス入門」というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2012.10.18 10月16日(火)に宮城県石巻高等学校で、田中和之教授が「知能情報学における応用数学」というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2012.10.9 10月6日(土)に群馬県立太田高等学校で、渡邉高志准教授が「リハビリテーションのための運動の計測と制御」というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2012.10.9 10月6日(土)に長野県松本深志高等学校の2年生8名と先生2名が大学見学に来訪されました。
  • news 2012.10.4 10月4日(木)に福島県立福島西高等学校PTAが研究室見学に来訪されました。
  • news 2012.10.4 当学科の鈴木芳人特任教授らの研究グループとNTTとの共同研究による多指向映像表現技術の開発が、2012年10月1日の日刊工業新聞に掲載されました。
    記事タイトル「NTTと東北大、1画面に多視点の映像表示できる技術 TV会議や電子看板に」
  • news 2012.10.4 10月4日(木)に千葉県立千葉高等学校で、津田理教授が「将来の持続可能社会実現に向けた挑戦! -超電導で何ができるか-」というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2012.10.3 当学科の青木(孝)・本間研究室とKDDI研究所の共同研究による手のひら認証アルゴリズムを採用したスマートフォン用アプリケーションの開発が、2012年10月1日(月)の日経産業新聞に掲載されました(1面トップ)。
    記事タイトル「スマホカメラ 手のひら認証 KDDI研」
    こちらでもご覧いただけます。「スマホで手のひら認証、KDDI研が無料アプリ公開へ」
  • news 2012.10.1 当学科の非公式twitterをはじめました。ユーザー名は「tohoku_univ_iis」です。ホームページには掲載していないような当学科の様々な動きもつぶやいていきますので、ぜひフォロワーになっていただけたらと思います。
  • news 2012.10.1 9月29日(土)に河合塾仙台校で『東北大学 工学部 情報知能システム総合学科 出前講座』を開催しました。第1部では松浦祐司教授が「工学部とは? -情報知能システム総合学科の魅力-」、第2部では篠原歩教授が「工学部における研究内容の紹介 -人工知能研究とロボット制御への応用-」というタイトルで、お話しさせていただきました。
  • news 2012.10.1 9月28日(金)に青森県立五所川原高等学校で、安達文幸教授が「携帯電話の不思議を探る」というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2012.9.28 須川成利教授らの研究グループが中心となり、島津製作所と共同開発した高速CMOSイメージセンサーを搭載した高速度ビデオカメラの発売の記事が、2012年9月28日(金)の科学新聞に掲載されました。
    記事タイトル「毎秒1000万コマ超高速撮影可能 東北大と島津がビデオカメラ共同開発」
  • news 2012.9.27 畠山力三名誉教授・加藤俊顕助教らの研究グループによる炭素の帯状微小物質「グラフェンナノリボン」の新合成法の開発が、2012年9月27日(木)の読売新聞に掲載されました。
    記事タイトル「「半導体新素材グラフェンナノリボン 幅・長さ自在に合成 東北大開発」
    東北大学によるプレスリリースは、こちら
  • news 2012.9.27 9月26日(水)に広島県立呉三津田高等学校で、阿部亨准教授が「3次元CGのための新たな物体モデル作成法:多眼ステレオによる3次元データ計測」というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2012.9.26 「Q&A」のページに、東日本大震災からの復興に対する情報知能システム総合学科の貢献についての説明を追加しました。
  • news 2012.9.21 9月15日(土)に長野県屋代高等学校で、中村健二准教授が2年生を対象に「電気自動車が拓く新しいエネルギー社会」というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2012.9.14 9月13日(木)に秋田県立横手高等学校で、外山芳人教授が2年生及び1年生を対象に「証明は計算できる」というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2012.9.14 9月13日(木)に山形県立山形南高等学校で、伊藤健洋准教授が2年生を対象に「アルゴリズム開発と応用」というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2012.9.13 「出前授業・研究室見学」の「出前授業 実績」のページに、2009年度から現在までの出前授業のタイトルを追加しました。
    当学科の研究の幅の広さがご理解いただけると思います。ぜひご覧ください。
  • news 2012.9.11 石山和志教授(電気通信研究所)らの研究グループによる補助人工心臓用の小型ポンプの開発が、2012年9月11日(火)の日経産業新聞に掲載されました。
    記事タイトル「限りなく本物に近い心臓 東北大 完全埋め込み、磁石で動く(ITが導く医の進化論 第4部 ニッポン発人工人体(下)」
  • news 2012.9.11 畠山力三名誉教授・加藤俊顕助教らの研究グループによる炭素の帯状微小物質「グラフェンナノリボン」の新合成法の開発が、2012年9月11日(火)の河北新報に掲載されました。
    記事タイトル「「グラフェンナノリボン」新合成法 超小型 成形自在 東北大グループ開発 シリコンの100倍高集積」」
    東北大学によるプレスリリースは、こちら
  • news 2012.8.30 鈴木陽一教授(電気通信研究所)らの研究グループによる屋外拡声システムの研究が、2012年8月30日(木)の河北新報に掲載されました。
    記事タイトル「防災無線聞きやすく 地形やスピーカーの配置・・・ 音の届き方調査 東北大」
    参考資料は、こちら
  • news 2012.8.29 8月28日(火)に秋田県立秋田高等学校で、岡崎直観准教授が3年生及び2年生を対象に「言語がわかるコンピュータを作る -自然言語処理から人の“知”にせまる-」というタイトルで出前授業を行いました。
  • news 2012.8.27 青葉山新キャンパスに東北大学で初の民間拠出による「国際産学連携集積エレクトロニクス研究開発センター(仮称)」が設置されることとが、2012年8月25日の河北新報に掲載されました。本センターでは、次世代半導体メモリ分野での研究プログラムの一つとして、当学科の遠藤哲郎教授が世界を牽引しているSTT-MRAM(磁気メモリ)の研究開発を、国内外の半導体メーカーや製造装置メーカーと行う予定です。
    記事タイトル「東京エレクトロン 東北大に産学連携拠点 次世代磁気メモリー開発」
    東北大学によるプレスリリースは、こちら
  • news 2012.8.23 AO入試II期などの平成25年度学生募集要項が、昨日8月22日付けで公表されました。詳細は、東北大学入試センター ホームページ http://www.tnc.tohoku.ac.jp/ をご参照ください。
    直接リンクは、こちら
  • news 2012.8.22 8月21日(火)に青森県立八戸高等学校で、松浦祐司教授が2年生を対象に「レーザー治療と光診断 -最先端医療機器の研究-」というタイトルで模擬講義を行いました。
  • news 2012.8.21 当学科の八重樫和之さん(博士課程1年・電気エネルギー専攻石黒研究室)と藤原脩さん(学部4年・コンピュータサイエンスコース木下(賢)研究室)がNPO法人natural scienceの学生講師陣チームとして出場した「国際ナノ・マイクロアプリケーションコンテスト世界大会」で3位に入賞しました。
    大会は高校生から大学院生までの若手研究者が微小電気機械システム(MEMS)を使った製品のアイデアを競うもので、光スキャナーで読み取った物体の立体形状をスマートフォン上で可視化する技術により、3位に輝きました。詳細は、河北新報の2012年8月20日(夕刊)の記事をご覧ください。
    記事タイトル「仙台のものづくり講座 学生講師チーム快挙 ナノアプリ世界大会 銅」
  • news 2012.8.15 中沢正隆教授(電気通信研究所)らの研究グループによる光通信の新技術の開発が、2012年8月15日(水)の河北新報に掲載されました。
    記事タイトル「東北大、パルス信号重ねる技術開発 高速光通信 容量16倍 長距離伝送の劣化抑制」
  • news 2012.8.6 遠藤哲郎教授が「仙台市国際産学連携フェロー」に就任しました。この制度は、仙台市が海外企業の誘致や将来的な国際研究機関の立地を目指し行っている施策で、外国の企業や研究機関と接点の多い、東北大の4教授が就任しました。
    詳細はこちらをご覧ください。
  • news 2012.8.2 宮城県仙台向山高等学校の「アカデミックインターンシップ」の受け入れが始まりました。高校生4名が同校卒業の大学院生に3日間つきっきりとなって(シャドウイング)研究生活の実際を学ぶもので、安藤康夫研究室、津田研究室、村岡研究室で計3グループを受け入れます。
  • news 2012.8.1 本日(8月1日)、秋田県立横手高等学校が研究室見学にいらっしゃいました。前日のオープンキャンパス参加を踏まえての見学で、大学での研究について、より一層理解が深まったようです。
  • news 2012.7.30 本日(7月30日)、茨城県の茨城高等学校が、昼間にオープンキャンパスに参加したあとで電気通信研究所を訪れ、同校OBの石山和志教授から講義を受けました。19時と遅い時間からの講義と研究室見学でしたが、みなさん熱心に聴かれていました。
  • news 2012.7.28 ホームページをリニューアルしました。
  • news 2012.7.28 「学都『仙台・宮城』サイエンスデイ」の「サイエンスデイAWARD2012表彰式」が、7月27日に東北大学片平さくらホールで開催されました。
    厳正な審査の結果、「東北大学情報知能システム総合学科高校教育賞」は「身近な物を使った物理の実験」を行った「宮城県仙台第二高等学校 物理部」に授与することとなり、賞状及び副賞(「熱磁気モーター」3点)を贈呈致しました。
  • news 2012.7.27 「とうほく自動車フェスタ」に出展した当学科の研究成果(一ノ倉・中村研究室「磁石を使わないインホイールモーター」、松木・佐藤研究室「コンセントの要らない非接触給電システム」など)が、2012年7月27日(金)の河北新報で紹介されました。
    記事タイトル「仙台・自動車フェスタ 東北大発 最先端尽くし次世代車人気」
  • news 2012.7.19 平成25年度東北大学入学者選抜要項が、昨日7月18日付けで公表されました。詳細は、東北大学入試センター ホームページ http://www.tnc.tohoku.ac.jp/ をご参照ください。
    受験生向けには、川内北キャンパス及び片平キャンパスの警務員室及び教育・学生支援部入試課窓口等で配布しております。
  • news 2012.7.16 7月15日(日)に東北大学川内北キャンパスで開催された「学都『仙台・宮城』サイエンスデイ」(主催:NPO法人「ナチュラルサイエンス」)には、情報知能システム総合学科関連でも「携帯電話の中身をのぞいてみよう!」(電気通信研究所先端ワイヤレス通信技術研究室)と「自然科学の法則通りにモノを創る本物の産業技術を創出しよう」(未来情報産業研究館;「ノンストップ回転ダーツほか」)が出展致しました。ご来場いただいた方、ありがとうございました。携帯電話については7月16日(月)の河北新報にも取り上げていただきました。
    また今年は、サイエンスデイAWARD2012の1つとして当教育広報企画室からも「東北大学情報知能システム総合学科高校教育賞」を授与させていただきます。「高校生が行う技術と社会・生活のかかわりについての理解促進プログラムの中で顕著な効果が認められるもの」という審査基準で選考を進め、7月27日(金)の表彰式で授与されます。
  • news 2012.7.11 7月30日(月)と31日(火)に開催する『東北大学オープン・キャンパス』での、情報知能システム総合学科のプログラムを公開しました。「見学ツアー」「模擬授業」「最新科学体験コース」「研究室公開」などの情報を掲載しています。ぜひご来場ください。
    詳細は、こちらをご覧ください。
  • news 2012.6.29 6月22日(金)に行われた宮城県仙台第三高等学校の「東北大学工学部研修」の様子や参加した生徒の感想が、工学部ホームページにアップされました。
    詳細は、こちらをご覧ください。
  • news 2012.6.22 6月27日(水)に、中村健二准教授が、宮城県泉高等学校での「2学年 大学出張講義」で講義を行います。講義タイトルは、「電気自動車が拓く新しい社会」です。泉高校のみなさん、楽しみにしていてください。
  • news 2012.6.22 今日6月22日(金)に、宮城県仙台第三高等学校の理数科2年生のみなさんが「東北大学工学部研修」として研究室見学にいらっしゃいました。情報知能システム総合学科には22名の生徒が来られ、5つの班に分かれてそれぞれ1つの研究室を担当して、教授による講義・施設見学・大学院生とのディスカッション等、90分間じっくり研修を行いました。
  • news 2012.6.12 大野英男教授(電気通信研究所)らの研究グループによるスピントロニクス技術を使ったシステムLSIの新技術の開発が、2012年6月12日(火)の河北新報に掲載されました。
    記事タイトル「パソコン、携帯電話の中枢 システムLSI 大幅省エネへ新技術 東北大とNEC開発 待機電力ゼロを実現」
  • news 2012.6.6 大野英男教授が、5月25日(金)に「東北大学サイエンスカフェ」で講演された時の記事が、6月6日の河北新報の文化・科学面に掲載されました。
    講演の内容が詳しく、かつわかりやすく書かれています。ぜひご覧ください。河北新報のホームページでもご覧になれます。こちらをご覧ください。
  • news 2012.6.6 5月23日付けで、入試センターホームページに「東北大学案内(平成25年度入学者用)」が掲載されています。ぜひご覧ください。
    こちら からダウンロードできます。
  • news 2012.5.28 5月30日(水)に、佐藤文博准教授が、宮城県泉高等学校での「3学年 大学出張講義」で講義を行います。講義タイトルは、「電源ケーブルが消える日・・・そして人間の身体は??」です。泉高校のみなさん、楽しみにしていてください。
  • news 2012.5.28 大野英男教授が、5月25日(金)午後6時からせんだいメディアテークで開催された「東北大学サイエンスカフェ」に出演されました。テーマは「スピンと半導体を使った省エネルギー集積回路」。電子の電荷とスピンの両方を使う『スピントロニクス』により省エネルギーの集積回路が実現できると期待されていますが、今回のサイエンスカフェでは、これにまつわる物理、材料科学、電子工学について俯瞰すると共に、世界のトレンドを決めるダイナミズムとそれがもたらす社会的インパクトについて考えました。
    当日は、生憎の雨にもかかわらず120名を超える方にご参加いただき、会場は超満員となりました。途中2回の実験を通じて、スピントロニクスをいくらかでも実感していただけたと思います。国が選定した「世界の頂点をめざす研究者30名」のうちの一人である大野教授に対して高校生が直接質問するなど、高校生のみなさんにとっても世界のトップの世界を垣間見るよい機会となったようです。
    詳細はこちらをご覧ください。
  • news 2012.5.24 東北大学工学部より提案した学部教育プログラム「Step-QIスクール」が、文部科学省平成24年度「理数学生育成支援事業」に採択されました。本プログラムは平成24-27年度の4年間にわたり、情報知能システム総合学科をコアとして工学部で実施されます。詳細はこちらをご覧ください。
    なお文部科学省の「理数学生育成支援事業」は、理数に優れた能力・意欲を持つ学生を評価し、受入れ、大学1-4年次を通じ、特別のカリキュラム・セミナー・早期研究室配属等の機会を体系的に提供する大学学部の取組を国が支援するものです。平成24年度新規採択事業としては23件の申請があり、本学を含めて3件が採択されました。
  • news 2012.5.23 東北大学が、NHK・Eテレの「テストの花道」(毎週月曜日。19:25?19:55)で紹介されます。授業や研究の様子、サークル活動やキャンパスの名所・見所などが、6月18日と6月25日の2回に分けて紹介されますので、ぜひご覧ください。詳細はこちらをご覧ください。
  • news 2012.5.16 末松憲治教授(電気通信研究所)が、2012年5月16日(水)のNHK総合テレビ「おはよう宮城」の「災害に第3の通信手段」特集に出演しました。
  • news 2012.5.14 電気通信研究所を、古川元久科学技術政策担当大臣が5月13日に視察されました。電気通信研究所は当学科と連携しており、当学科の協力講座が設置され、当学科の学生も学んでいます。
  • news 2012.5.14 石山和志教授(電気通信研究所)ほかの研究グループによる人工心臓用小型ポンプ開発の研究が、2012年5月12日(土)の河北新報に掲載されました。患者の負担が少ない人工心臓の実用化につながる技術として期待されています。
  • news 2012.5.11 東北大学入試センターのホームページに、本年度の「進学説明会」(受験者・一般の方対象)及び「入試説明会」(高校教員の方対象)の日程・場所が掲載されました。詳細はこちら(入試センターホームページ)をご覧ください。
    また、5月18日(金)には、高等教育開発推進センターの第16回東北大学高等教育フォーラム「進路指導と受験生心理 ―大学選びのメカニズムを探る―」も開催されます。
    これらの機会を含め、仙台にお見えの際は、ぜひ当学科までお越しください。
  • news 2012.4.17 福島県立磐城高等学校の1年生40名が、4月20日(金)に当学科へ訪問研修にいらっしゃいます。昨年度からスーパーサイエンスハイスクール(SSH)にも積極的に取り組まれるほか、吹奏楽部を始めとして部活動にも大変熱心な学校とお聞きしています。みなさんにお会いできるのを楽しみにています。同校OBの先生による講演のほか、電波の実験、移動体アンテナや電気自動車の研究室見学をしていただく予定です。道中気をつけていらしてください。
  • news 2012.4.7 昨日の入学式に続いて、当学科の新入生オリエンテーション が開かれました。安藤康夫学科長の挨拶、中沢正隆電気通信研究所長の挨拶、履修に関するオリエンテーション、より充実した学生生活を送れるように学校として支援する「アドバイザー制度」の説明などが行われたあと、本学科の施設や研究室の見学を行いました。本学科の247名の新入生も、本学科についての理解が深まり、これから始まる大学生活に向けて意欲と希望を新たにしたようです。
  • news 2012.4.6 全学の新入生が一堂に会して、平成24年度の入学式が仙台市体育館で開催されました。この入学式の様子はインターネットを通じてライブ配信されました(入学式の映像は、こちらからご覧いただけます)。
    また、入学式のあと開催された「新入生歓迎セミナー」では、ディスティングイッシュトプロフェッサーである電気通信研究所の大野英男教授から「広い意味の語学、新しい土俵、そして自分たちがつくる未来」と題した講演がありました。
  • news 2012.4.1 環境も含めた新たな電気エネルギーシステムの構築と、急速に高度化が進む先端的な情報通信技術に対応した教育・研究を推進するため、当学科の進学先の1つである電気・通信工学専攻は、平成24年4月から、電気エネルギーシステム専攻ならびに通信工学専攻に改組されました。 詳細はこちら をご覧ください。