東北大学工学部電気情報物理工学科

Department of Electrical, Information and Physics Engineering

情報知能システム総合学科から2015年4月に名称変更

  • 電気工学
  • 通信工学
  • 電子工学
  • 応用物理学
  • 情報工学
  • バイオ・医工学

Topics & Newsトピックス & ニュース

合宿形式の新入生オリエンテーションを4月5日・6日に実施

2015/4/14

電気情報物理工学科では、従来、修学・生活全般のガイダンスを中心に新入生オリエンテーションを実施しておりましたが、平成27年度入学者から、学生・教員間の交流促進を図る研修形式の内容を盛り込むことによって新入生の大学教育への円滑な誘導を図る『全員参加の合宿方式のオリエンテーション』として実施することとしました。
この合宿方式による初めてのオリエンテーションが、平成27年度入学者に対して4月5日(日)・6日(月)に、東北大学青葉山キャンパス、電気通信研究所及びホテル松島大観荘(宮城県松島町)で実施されました。

研修初日、新入生255名は今後学生生活を過ごすことになる青葉山キャンパスにまず集合し、山田博仁 電気情報物理工学科長 及び 大野英男 電気通信研究所長から入学のお祝いと伝統ある東北大学電気・情報・応用物理系への歓迎の言葉をいただきました。その後、教務関係とクラス担任制度に関するオリエンテーションとメンタルヘルス・安全に関する講習を受けたのち、バス7台に分乗して、合宿地である松島へ向かいました。

合宿場では新入生255名が概ね5名ずつ50チームに分かれ、「物理実験研修」(1日目)及び「未来予測研修」(2日目)の2つのグループワークを行い、メンバーが協力し合ってそれぞれの上位入賞を目指しました。教職員25名に加えて先輩学生27名もティーチングアシスタントとして参加し、研修の円滑な進行を助けると共に新入生の大学生活へのアドバイスや交流を行いました。

松島での研修後、仙台に戻り、東北大学電気通信研究所の施設・設備(ナノスピン実験施設、電波暗室)及び研究室見学(誘電ナノデバイス研究室)及び片平・雨宮・星稜・川内・新青葉山の各キャンパス見学を行い、総合大学としての東北大学についての理解を深めました。

今回の合宿形式のオリエンテーションを通じて、新入生同士のネットワーク及び新入生と先輩・教員の間での交流が促進されると共に、これから本学科で学び、研究することで、将来どのような社会貢献ができるかを新入生一人ひとりが考える契機となりました。

[平成27年度 電気情報物理工学科 新入生オリエンテーションの概要]
  • 日時:2015年4月5日(日)・6日(月)
  • 場所:東北大学青葉山キャンパス、東北大学電気通信研究所、ホテル松島大観荘(宮城県松島町)
  • 参加者:1年生255名、ティーチングアシスタント(学生)27名、教職員25名 計307名
  • スケジュール:
    • 1日目(4月5日)
      • 9:45-10:05 挨拶(山田博仁 電気情報物理工学科長、大野英男 電気通信研究所長)
      • 10:05-13:40 オリエンテーション、講習会
      • (松島へ貸切バスで移動)
      • 16:00-18:00 アドバイザ面談
      • 19:00-22:00 物理実験研修
    • 2日目(4月6日)
      • 9:00-12:00 未来予測研修
      • (貸切バスで移動)
      • 14:00-16:00 東北大学電気通信研究所 施設・設備・研究室見学、東北大学各キャンパス 見学
[新入生オリエンテーションの様子]
◯山田博仁 電気情報物理工学科長 挨拶


◯大野英男 電気通信研究所長 挨拶


◯300名以上の参加のため、バス7台での大移動となりました。


◯アドバイザ面談の時間も新入生同士の交流が図られました(握手しながら自己紹介)


◯夕食の際も、教職員・TAが新入生の中に入り、交流を図りました。


◯物理実験研修

・組[10チーム]ごとの代表によるポスタープレゼンテーション


・最優秀ポスター賞


・最高回転数賞


◯未来予測研修


・各組優勝団体


◯電気通信研究所 施設・設備・研究室見学