助教 森 翔平

 〒980-8579
 仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-05
 東北大学大学院工学研究科 電子工学専攻 金井・荒川研究室
 e-mail:
 FAX: 022-795-7195

学歴
平成21年3月 東京都立日比谷高等学校 卒業
平成25年3月 東京工業大学 工学部 制御システム工学科 卒業
平成27年3月 東京工業大学大学院理工学研究科 機械制御システム専攻 博士前期課程 修了
平成29年9月 東京工業大学大学院理工学研究科 機械制御システム専攻 博士後期課程 修了
平成29年9月 博士(工学)『超音波エコー信号の振幅確率分布モデルを用いた肝線維化定量
評価手法の研究』(東京工業大学)

職歴
平成28年4月 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
平成29年10月~現在 東北大学大学院工学研究科 電子工学専攻 助教

主な受賞
・Best Paper Award(Symposium on UltraSonic Electronics, 2018)
・平成29年度東北大学電気・情報系 若手優秀研究賞(2018)
・Young Scientist Award(The 38th Symposium on UltraSonic Electronics, 2017)
・日本音響学会第43回粟屋潔学術奨励賞 (日本音響学会2017年秋季研究発表, 2017)
・日本超音波医学会第17回奨励賞 (日本超音波医学会第89回学術集会, 2016)
・Student Travel Award (2015 IEEE International Ultrasonics Symposium, 2015)
・Poster Session Award (9th TOIN International Symposium on Biomedical Engineering, 2014)
・日本音響学会第10回学生優秀発表賞 (日本音響学会2014年秋季研究発表会, 2014)

研究業績
学術論文
  1. A. Nakayama, S. Mori, M. Arakawa, and H. Kanai, “Estimation error in sound velocity depending on size of target scatterer,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 60, No. SD, pp. SDDE17-1-6, April 2021.
    https://doi.org/10.35848/1347-4065/abf39e
  2. T. Hashimoto, S. Mori, M. Arakawa, E. Onishi, M. Yamauchi, and H. Kanai, “A study on differentiation of depiction between scatterer and reflector to assist epidural anesthesia by ultrasound,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 60, No. SD, pp. SDDE15-1-10, April 2021.
    https://doi.org/10.35848/1347-4065/abf4a3
  3. A. Fukase, K. Higashiyama, S. Mori, M. Arakawa, S. Yashiro, Y. Ishigaki, and H. Kanai, “Stabilization of red blood cell aggregation evaluation using short-axis view of vein of ultrasound,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 60, No. SD, pp. SDDE08-1-5, April 2021.
    https://doi.org/10.35848/1347-4065/abf3d5
  4. S. Akiyama, S. Mori, M. Arakawa, and H. Kanai, “Accuracy verification in ultrasonic elasticity measurement within intima-media complex visible range using phantom experimental system,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 60, No. SD, pp. SDDA07-1-7, April 2021.
    https://doi.org/10.35848/1347-4065/abef0d
  5. Y. Sato, K. Tamura, S. Mori, D.-I. Tai, P.-H. Tsui, K. Yoshida, S. Hirata, H. Maruyama, and T. Yamaguchi, “Fatty liver evaluation with double-Nakagami model under low-resolution conditions,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 60, No. SD, pp. SDDE06-1-9, April 2021.
    https://doi.org/10.35848/1347-4065/abf07d
  6. K. Sugahara, S. Mori, M. Arakawa, and H. Kanai, “Evaluation of error factors depending on ultrasonic transmitted beamwidth in measurement of myocardial minute velocity,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 60, No. SD, pp. SDDE05-1-3, April 2021.
    https://doi.org/10.35848/1347-4065/abef0e
  7. Y. Shoji, S. Mori, M. Arakawa, S. Ohba, K. Kobayashi, and H. Kanai, “Estimation of viscoelasticity of radial artery during flow-mediated dilatation using a single ultrasound probe based on blood pressure measurement via pulse transit time method,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 60, No. SD, pp. SDDE03-1-3, March 2021.
    https://doi.org/10.35848/1347-4065/abef0b
  8. Y. Obara, S. Mori, M. Arakawa, and H. Kanai, “Measurement of propagation of local and minute contractile response in layered myocardium,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 60, No. SD, pp. SDDE02-1-8, March 2021.
    https://doi.org/10.35848/1347-4065/abeabf
  9. Y. Obara, S. Mori, M. Arakawa, and H. Kanai, “Multifrequency Phased Tracking Method for Estimating Velocity in Heart Wall,” Ultrasound in Medicine & Biology, Vol. 47, No. 4, pp. 1077-1088, April 2021.
    https://doi.org/10.1016/j.ultrasmedbio.2020.12.011
  10. K. Nagasawa, A. Fukase, S. Mori, M. Arakawa, S. Yashiro, Y. Ishigaki, and H. Kanai, “Evaluation method of the degree of red blood cell aggregation considering ultrasonic propagation attenuation by analyzing ultrasonic backscattering properties,” Journal of Medical Ultrasonics, Vol. 48, pp. 3-12, January 2021.
    https://doi.org/10.1007/s10396-020-01065-z
  11. H. Kawamura, S. Mori, M. Arakawa, and H. Kanai, “Measurement of viscoelasticity of anisotropic viscoelastic phantom by dual ultrasound excitation,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 59, No. SK, pp. SKKE24-1-10, May 2020.
    https://doi.org/10.35848/1347-4065/ab8bc0
  12. M. Hisatsu, S. Mori, M. Arakawa, and H. Kanai, “Generalized coherence factor estimated from real signals in ultrasound beamforming,” Journal of Medical Ultrasonics, Vol. 47, No. 2, pp. 179-192, April 2020.
    https://doi.org/10.1007/s10396-019-01004-7
  13. T. Saito, S. Mori, M. Arakawa, S. Ohba, K. Kobayashi, and H. Kanai, “Estimation of viscoelasticity of radial artery via simultaneous measurement of changes in pressure and diameter using a single ultrasound probe,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 59, No. SK, pp. SKKE04-1-7, April 2020.
    https://doi.org/10.35848/1347-4065/ab7f1c
  14. T. Yokoyama, S. Mori, M. Arakawa, E. Onishi, M. Yamauchi, and H. Kanai, “Discrimination of thoracic spine from muscle based on their difference in ultrasound reflection and scattering characteristics,” Journal of Medical Ultrasonics, Vol. 47, No. 1, pp. 3-11, January 2020.
    https://doi.org/10.1007/s10396-019-00964-0
  15. M. Arakawa, T. Saito, S. Mori, S. Ohba, K. Kobayashi, and H. Kanai, “Development of an ultrasonic probe to measure both radial arterial pressure and diameter change at the same position for early diagnosis of vascular endothelial function: Preliminary study,” Sensors & Actuators A: Physical, Vol. 297, No. 111487, pp. 1-4, October 2019.
    https://doi.org/10.1016/j.sna.2019.07.011
  16. N. Furusawa, S. Mori, M. Arakawa, and H. Kanai, “A new evaluation method for dependence of width of transmitted waves on accuracy in multipoint simultaneous ultrasonic measurements of cardiac wall vibration waveform,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 58, No. SG, pp. SGGA08-1-6, July 2019.
    https://doi.org/10.7567/1347-4065/ab1a30
  17. A. Hayashi, S. Mori, M. Arakawa, and H. Kanai, “Local two-dimensional distribution of propagation speed of myocardial contraction for ultrasonic visualization of contraction propagation,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 58, No. SG, pp. SGG05-1-7, July 2019.
    https://doi.org/10.7567/1347-4065/ab0d0b
  18. C. Zhang, S. Mori, S. Hirata, amd H. Hachiya, “Examination of optimal moments as input parameters for evaluation of liver fibrosis based on multi-Rayleigh model,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 57, No. 7S1, pp. 07LF27-1-7, July 2018.
    https://doi.org/10.7567/JJAP.57.07LF27
  19. S. Mori, S. Hirata, T. Yamaguchi, and H. Hachiya, “Quantitative evaluation method for liver fibrosis based on multi-Rayleigh model with estimation of number of tissue components in ultrasound B-mode image,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 57, No. 7S1, pp. 07LF17-1-11, July 2018. (Symposium on Ultrasonic Electronics Best Paper Award 受賞)
    https://doi.org/10.7567/JJAP.57.07LF17
  20. M. Arakawa, S. Mori, H. Kanai, R. Nagaoka, M. Horie, K. Kobayashi, and Y. Saijo, “Robust analysis method for acoustic properties of biological specimens measured by acoustic microscopy,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 57, No. 7S1, pp. 07LB07-1-7, July 2018.
    https://doi.org/10.7567/JJAP.57.07LB17
  21. S. Mori, M. Ohashi, S. Hirata, and H. Hachiya, “Stability evaluation of parameter estimation of multi-Rayleigh model for ultrasound B-mode image of liver fibrosis,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 55, No. 7S1, pp. 07KF09-1-6, July 2016.
    http://doi.org/10.7567/JJAP.55.07KF09
  22. S. Mori, S. Hirata, T. Yamaguchi, and H. Hachiya, “Probability image of tissue characteristics for liver fibrosis using multi-Rayleigh model with removal of nonspeckle signals,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 54, No. 7S1, pp. 07HF20-1-8, July 2015.
    http://dx.doi.org/10.7567/JJAP.54.07HF20
  23. S. Mori, S. Hirata, and H. Hachiya, “Effect of beam width on quantitative estimation of liver fibrosis using ultrasonic images,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 53, No. 7, pp. 07KF23-1-5, July 2014.
    http://dx.doi.org/10.7567/JJAP.53.07KF23

国際会議論文
  1. S. Mori, T. Abe, M. Arakawa, J. E. Wilhjelm, and H. Kanai, “Ultrasonic Measurement of Luminal Surface Roughness of Carotid Artery Wall with Removal of Local Displacement Induced by Blood Vessel Pulsation,” 2020 IEEE International Ultrasonics Symposium, Sept. 2020.
    https://doi.org/10.1109/IUS46767.2020.9251812
  2. M. Arakawa, K. Nagasawa, A. Fukase, K. Higashiyama, S. Mori, S. Yashiro, Y. Ishigaki, and H. Kanai, “Basic Study for Size Estimation of Red Blood Cell Aggregates by Analyzing Ultrasonic Backscattering Properties Considering Ultrasonic Propagation Attenuation,” 2020 IEEE International Ultrasonics Symposium, Sept. 2020.
    https://doi.org/10.1109/IUS46767.2020.9251333
  3. Y. Shoji, T. Saito, S. Mori, M. Arakawa, S. Ohba, K. Kobayashi, and H. Kanai, “Measurement of Change in Viscoelasticity of Radial Artery During Flow-Mediated Dilatation Using a Single Ultrasonic Probe,” 2020 IEEE International Ultrasonics Symposium, Sept. 2020.
    https://doi.org/10.1109/IUS46767.2020.9251414
  4. A. Fukase, K. Nagasawa, S. Mori, M. Arakawa, S. Yashiro, Y. Ishigaki, and H. Kanai, “Correlation between Red Blood Cell Aggregation and Blood Glucose Level,” 2019 IEEE International Ultrasonics Symposium, Oct. 2019.
    https://doi.org/10.1109/ULTSYM.2019.8926267
  5. K. Iwamori, S. Mori, M. Arakawa, and H. Kanai, “Accurate Estimation Method of Arterial Wall Movement in Longitudinal Direction,” 2019 IEEE International Ultrasonics Symposium, Oct. 2019.
    https://doi.org/10.1109/ULTSYM.2019.8925634
  6. H. Kanai, S. Mori, and M. Arakawa, “Speeds of Contraction Responses Propagating Along Septum at Pre-Ejection Period Are Different between Radial and Longitudinal,” 2019 IEEE International Ultrasonics Symposium, Oct. 2019.
    https://doi.org/10.1109/ULTSYM.2019.8925990
  7. S. Mori, S. Hirata, T. Yamaguchi, and H. Hachiya, “Quantitative Evaluation Method for Liver Fibrosis in Clinical Ultrasound B-mode Image Based on Optimized Multi-Rayleigh Model,” 2018 IEEE International Ultrasonics Symposium, Oct. 2018.
    https://doi.org/10.1109/ULTSYM.2018.8580078
  8. M. Arakawa, T. Saito, S. Mori, S. Ohba, K. Kobayashi, and H. Kanai, “An Ultrasonic Probe to Measure Both Radial Arterial Pressure and Diameter at Identical Position for Early Diagnosis of Arteriosclerosis,” 2018 IEEE International Ultrasonics Symposium, Oct. 2018.
    https://doi.org/10.1109/ULTSYM.2018.8579854
  9. I. Kobayashi, S. Mori, M. Arakawa, and H. Kanai, “Spiral Complex Movements of the Heart Wall at the Beginning of Myocardial Contraction Detected by High Frame Speckle Tracking,” 2018 IEEE International Ultrasonics Symposium, Oct. 2018.
    https://doi.org/10.1109/ULTSYM.2018.8579988
  10. A. Hayashi, S. Mori, M. Arakawa, H. Yamamoto, S. Morosawa, H. Shimokawa, and H. Kanai, “Ultrasonically Measured Propagation Speed of Myocardial Contraction Rapidly Descreased in Swine Heart Just after A vascularisation of Coronary Artery,” 2018 IEEE International Ultrasonics Symposium, Oct. 2018.
    https://doi.org/10.1109/ULTSYM.2018.8579780
  11. M. Arakawa, H. Sakaki, K. Nagasawa, A. Fukase, S. Mori, S. Yashiro, Y. Ishigaki, and H. Kanai, “Red Blood Cell Aggregation Measurement with 40-MHz Ultrasound Has a Possibility for Noninvasive Evaluation of Blood Glucose Level in Patients with Diabetes,” 2018 IEEE International Ultrasonics Symposium, Oct. 2018.
    https://doi.org/10.1109/ULTSYM.2018.8580086
  12. S. Mori, S. Hirata, T. Yamaguchi, and H. Hachiya, “Quantitative fibrotic imaging based on multi-Rayleigh model for ultrasound B-mode image of liver fibrosis,” 5th Joint Meeting of the Acoustical Society of America and Acoustical Society of Japan, The Journal of the Acoustical Society of America, Vol. 140, No. 40, p. 3247, Oct. 2016.
    https://doi.org/10.1121/1.4970273
  13. C. Zhang, S. Mori, S. Hirata, and H. Hachiya, “Examination of Optimal Input Parameters for Evaluation of Ultrasound B-mode Image of Liver Fibrosis Based on Multi-Rayleigh Model with Two Components,” 11th TOIN International Symposium on Bidomedical Engineering, pp. 150-151, Oct. 2016.
  14. S. Mori, S. Hirata, T. Yamaguchi, and H. Hachiya, “Comparison of modeling accuracy of amplitude distribution models for ultrasonic tissue characterization of liver fibrosis,” 2016 IEEE International Ultrasonics Symposium, pp. 1-4, Sep. 2016.
    https://doi.org/10.1109/ULTSYM.2016.7728528
  15. S. Mori, S. Hirata, H. Hachiya, and T. Yamaguchi, “Evaluation of fibrotic probability image by multi-Rayleigh model for ultrasound image of liver using automatic region of interest selection,” 2015 IEEE International Ultrasonics Symposium, pp. 1-4, Nov. 2015.
    https://doi.org/10.1109/ULTSYM.2015.0406
  16. S. Mori, S. Hirata, T. Yamaguchi, and H. Hachiya, “Effect of non-speckle echo signals on tissue characteristics for liver fibrosis using probability density function of ultrasonic B-mode image,” 2015 International Congress on Ultrasonics, Physics Procedia, Vol. 70, pp. 1173-1176, Sep. 2015.
    https://doi.org/10.1016/j.phpro.2015.08.252
  17. S. Mori, S. Hirata, T. Yamaguchi, and H. Hachiya, “Probability image of tissue characteristics based on multi-Rayleigh model by removing high amplitude non-speckle signal,” 9th TOIN Ineternational Symposium on Biomedical Engineering, pp. 84-85, Nov. 2014.
  18. S. Mori, S. Hirata, and H. Hachiya, “Quantitative estimation of liver fibrosis considering effect of resolution of ultrasound in B-mode image,” 7th Forum Acusticum, pp. 1-6, Sep. 2014.

競争的研究資金等
  1. 2019-2020年度: 独立行政法人 日本学術振興会 学術研究助成基金助成金 若手研究
    “超音波を用いた生体組織構造推定と粘弾性計測を融合した慢性肝疾患の定量診断法の開発”
  2. 2019年度: 公益財団法人 村田学術振興財団 第35回(2019年度)研究助成
    “超音波を用いた心筋動態計測のための最適なビーム送信条件に関する研究”
  3. 2018年度: 一般財団法人 カワイサウンド技術・音楽振興財団 平成30年度研究助成
    “超音波画像を用いた線維性肝組織構造の高精度推定法に関する研究”
  4. 2018年度: 公益信託 小野音響学研究助成基金 平成30年度研究助成
    “強散乱体からの超音波後方散乱波に着目した肝臓内音速推定法に関する研究”
  5. 2016-17年度: 独立行政法人 日本学術振興会 科学研究費補助金 特別研究員奨励費
    “超音波画像を用いたびまん性肝疾患の定量診断システムの開発”
  6. 2015年度: 公益財団法人 立石科学技術振興財団 研究助成(C)
    “超音波画像を用いた肝炎線維化定量診断手法の開発”

国内学会発表
  1. 古澤直也, 菅原佳奈, 森 翔平, 荒川元孝, 金井 浩, “心臓壁振動速度波形の超音波計測精度の送信ビーム幅依存性評価を目指した基礎検討,” 日本超音波医学会第92回学術集会, 92-基-029, May 2019.
  2. 林あかね, 小原 優, 森 翔平, 荒川元孝, 金井 浩, “ヒト心臓壁を対象にした超音波による心筋収縮の伝播速度ベクトルの空間分布推定,” 日本超音波医学会第92回学術集会, 92-基-028, May 2019.
  3. 森 翔平, 古澤直也, 荒川元孝, 金井 浩, “心臓壁の動態計測における最適な超音波ビーム送信条件の評価,” 日本超音波医学会第92回学術集会, 92-SY基-22, May 2019.
  4. 金井 浩, 荒川元孝, 森 翔平, “生体組織の微小速度・変形の超音波による高精度な定量評価,” 日本超音波医学会第92回学術集会, 92-SY基-11, May 2019.
  5. 川村 響, 森 翔平, 荒川元孝, 金井 浩, “双方向超音波加振により発生する変位の計測精度に関する検討,” 日本音響会2019年春季研究発表会, 2-4-13, Mar. 2019.
  6. 永澤幹太, 深瀬晶予, 森 翔平, 荒川元孝, 八代 諭, 石垣 泰, 金井 浩, “超音波後方散乱特性解析による超音波伝搬減衰を考慮した赤血球集合度の評価方法に関する検討,” 日本音響会2019年春季研究発表会, 2-4-12, Mar. 2019.
  7. 斎藤拓海, 森 翔平, 荒川元孝, 大庭茂男, 小林和人, 金井 浩, “単一超音波プローブを用いた血圧-血管径同時計測の再現性に関する検討,” 日本音響会2019年春季研究発表会, 2-4-11, Mar. 2019.
  8. 阿部貴久, 森 翔平, 荒川元孝, 金井 浩, “超音波計測による頸動脈内腔表面粗さ推定の精度向上に関する検討-拍動成分の除去-,” 日本音響会2019年春季研究発表会, 2-4-3, Mar. 2019.
  9. 金井 浩, 小林 樹, 森 翔平, 荒川元孝, “収縮期初期における心臓壁の螺旋状の動きの検出~高速スペックルトラッキングによる検出~,” 日本超音波医学会第57回東北地方会学術集会, 57-28, Mar. 2019.
  10. 小原 優, 森 翔平, 荒川元孝, 金井 浩, “心筋収縮応答における心室中隔壁微小速度波形の超音波計測のための送信波に関する基礎検討,” 日本超音波医学会第57回東北地方会学術集会, 57-27, Mar. 2019.
  11. 深瀬晶予, 永澤幹太, 森 翔平, 荒川元孝, 八代 論, 石垣 泰, 金井 浩, “超音波を用いた赤血球集合度と血糖値との相関に関する検討,” 日本超音波医学会第57回東北地方会学術集会, 57-21, Mar. 2019.
  12. 横山智大, 橋本拓実, 森 翔平, 荒川元孝, 大西詠小, 山内正憲, 金井 浩, “医用超音波による硬膜外麻酔補助のための骨・筋組織からの反射・散乱特性の差異による胸椎の描出,” 日本超音波医学会第57回東北地方会学術集会, 57-20, Mar. 2019.
  13. 阿部貴久, 森 翔平, 荒川元孝, 金井 浩, “超音波計測による頸動脈内腔表面粗さの高精度推定のための拍動成分除去法の検討,” 日本超音波医学会第57回東北地方会学術集会, 57-7, Mar. 2019.
  14. 中山碧惟, 阿部啓一郎, 森 翔平, 荒川元孝, 金井 浩, “超音波を用いた音速分布推定における散乱体の条件に関する基礎的検討,” 平成31年東北地区若手研究者研究発表会「音・光・電波・エネルギー・システムとその応用」, YS-17-A13, Mar. 2019.
  15. 橋本拓実, 横山智大, 森 翔平, 大西詠子, 山内正憲, 荒川元孝, 金井 浩, “超音波によるヒト胸椎描出を目指した骨・筋組織の反射・散乱特性の基礎的検討,” 平成31年東北地区若手研究者研究発表会「音・光・電波・エネルギー・システムとその応用」, YS-17-A12, Mar. 2019.
  16. 小原 優, 森 翔平, 荒川元孝, 金井 浩: “超音波による心室中隔壁における微小速度波形の計測に関する基礎的検討,” 平成31年東北地区若手研究者研究発表会「音・光・電波・エネルギー・システムとその応用」, YS-17-A11, Mar. 2019.
  17. 菅原佳奈, 古澤直也, 森 翔平, 荒川元孝, 金井 浩, “超音波による心臓壁振動速度計測を模擬した水槽実験系を用いた送信ビーム形状に関する基礎的検討,” 平成31年東北地区若手研究者研究発表会「音・光・電波・エネルギー・システムとその応用」, YS-17-A10, Mar. 2019.
  18. 秋山星来, 岩森光司, 森 翔平, 荒川元孝, 金井 浩, “ファントム実験系を用いた超音波による動脈壁の局所弾性率計測に関する基礎的検討,” 平成31年東北地区若手研究者研究発表会「音・光・電波・エネルギー・システムとその応用」, YS-17-A9, Mar. 2019.
  19. 岩森光司, 森 翔平, 荒川元孝, 金井 浩, “頸動脈の長軸方向変位を考慮した動脈壁における局所弾性率の超音波計測,” 第52回日本生体医工学会東北支部大会, ME-4-5, Feb. 2019.
  20. 斎藤拓海, 森 翔平, 荒川元孝, 大庭茂男, 小林和人, 金井 浩, “超音波プローブを用いた血圧と血管径の同時計測法に関する検討,” 圧電材料・デバイスシンポジウム, C-2. Jan. 2019.
  21. 横山智大, 森 翔平, 荒川元孝, 大西詠子, 山内正憲, 金井 浩, "医用超音波による骨と筋組織の反射・散乱特性の違いを用いた胸椎表面描出に関する検討," 第92回超音波エレクトロニクス研究会, 92-2, Nov. 2018.
  22. 林あかね, 森 翔平, 荒川元孝, 金井 浩, "超音波in vivo計測による心筋収縮の伝播速度ベクトルの空間分布推定," 第92回超音波エレクトロニクス研究会, 92-1, Nov. 2018.
  23. 古澤直也, 森 翔平, 荒川元孝, 金井 浩, "心臓壁振動速度波形の超音波計測精度の送信ビーム幅依存性," 第94回超音波エレクトロニクス研究会, 93-1, Dec. 2018.
  24. Shohei Mori, Masaru Yamauchi, Shinnosuke Hirata, Hiroyuki Hachiya, “Improvement of Estimation Accuracy of Liver Fibrosis Parameters Based on Multi-Rayleigh Model Considering Fluctuation of Statistical Moment of Ultrasound Echo Envelope,” USE2018 The 39th Symposium on Ultrasonic Electronics, Proceedings of Symposium on Ultrasonic Electronics, Vol. 39, 3P5-8, Oct. 2018.
  25. Akane Hayashi, Shohei Mori, Mototaka Arakawa, Hiroshi Kanai, “Local Two-Dimensional Distribution of Propagation Velocity of Myocardial Contraction for Ultrasonic Visualization of Propagation Path of Contraction,” USE2018 The 39th Symposium on Ultrasonic Electronics, Proceedings of Symposium on Ultrasonic Electronics, Vol. 39, 3P5-1, Oct. 2018.
  26. Mototaka Arakawa, Takumi Saito, Shohei Mori, Shigeo Ohba, Kazuto Kobayashi, Hiroshi Kanai, “Development of An Ultrasonic Probe to Measure Both Radial Arterial Pressure and Diameter at Identical Position for Early Diagnosis of Endothelial Function,” USE2018 The 39th Symposium on Ultrasonic Electronics, Proceedings of Symposium on Ultrasonic Electronics, Vol. 39, 2E3-1, Oct. 2018.
  27. Tomohiro Yokoyama, Shohei Mori, Mototaka Arakawa, Eiko Onishi, Masanori Yamauchi, Hiroshi Kanai, “Experimental Study on Reflection and Scattering Characteristics from Bone and Muscle Tissue for Ultrasonic Visualization of Thoracic Surface,” USE2018 The 39th Symposium on Ultrasonic Electronics, Proceedings of Symposium on Ultrasonic Electronics, Vol. 39, 2P5-7, Oct. 2018.
  28. Keiichiro Abe, Shohei Mori, Mototaka Arakawa, Hiroshi Kanai, “In vivo Estimation of Sound Velocity Distribution for Diagnosis of Chronic Liver Disease and High Resolution Ultrasonic Tomographic Imaging,” USE2018 The 39th Symposium on Ultrasonic Electronics, Proceedings of Symposium on Ultrasonic Electronics, Vol. 39, 1J1-2, Oct. 2018.
  29. Naoya Furusawa, Shohei Mori, Mototaka Arakawa, Hiroshi Kanai, “Dependence of Width of Diverging, Plane, and Focused Transmitted Waves on Accuracy in Multipoint Simultaneous Ultrasonic Measurements of Cardiac Wall Vibration Waveform,” USE2018 The 39th Symposium on Ultrasonic Electronics, Proceedings of Symposium on Ultrasonic Electronics, Vol. 39, 1J1-1, Oct. 2018.
  30. 森翔平, 平田慎之介, 蜂屋弘之, “マルチレイリーモデルを用いた肝線維化定量評価のための実用的な非スペックル信号除去手法,” 日本超音波医学会第56回東北地方会学術集会, 日本超音波医学会第56回東北地方会学術集会 抄録集, p. 4, Oct. 2018.
  31. 斎藤拓海, 森翔平, 荒川元孝, 大庭茂男, 小林和人, 金井浩, “血管壁粘弾性推定を目指した単一超音波プローブによる橈骨動脈の血圧-血管径同時計測に関する検討,” 日本超音波医学会第56回東北地方会学術集会, 日本超音波医学会第56回東北地方会学術集会 抄録集, p. 7, Oct. 2018.
  32. 阿部啓一郎, 森翔平, 荒川元孝, 金井浩, “超音波による脂肪性肝疾患の診断と断層像の高分解能化を目指した生体内音速分布推定,” 電子情報通信学会・日本音響学会 超音波研究会, 信学技報, US2018-50, Oct. 2018.
  33. 森翔平, 山内優, 平田慎之介, 蜂屋弘之, “超音波エコー振幅統計量の統計ゆらぎがマルチレイリーモデルを用いた肝線維化推定に与える影響の検討,” 日本音響学会 2018年秋季研究発表会, 日本音響学会 2018年秋季研究発表会 講演論文集, 日本音響学会, Sep. 2018.
  34. 林あかね, 森翔平, 荒川元孝, 金井浩, “心筋収縮伝播路の超音波による可視化のための収縮伝播速度の局所 2 次元分布,” 第2回先端生体超音波シンポジウム, C3, Sep. 2018.
  35. 小原優, 森翔平, 荒川元孝, 金井浩, “心筋収縮応答における心室中隔壁の長軸像ビーム方向及びラテラル方向の速度波形の観察,” 第2回先端生体超音波シンポジウム, P18, Sep. 2018.
  36. 永澤幹太, 深瀬晶予, 森翔平, 荒川元孝, 八代諭, 石垣泰, 金井浩, “超音波後方散乱特性解析による赤血球集合度評価における超音波伝播減衰の除去に関する検討,” 第2回先端生体超音波シンポジウム, P16, Sep. 2018.
  37. 横山智大, 森翔平, 荒川元孝, 大西詠子, 山内正憲, 金井浩, “医用超音波による胸椎表面描出のための骨からの反射特性と筋組織からの散乱特性の違いに関する検討,” 第2回先端生体超音波シンポジウム, P13, Sep. 2018.
  38. 阿部啓一郎, 森翔平, 荒川元孝, 金井浩, “脂肪性肝疾患の診断と超音波断層像の高分解能化を目指した生体内音速分布推定に関する検討,” 第2回先端生体超音波シンポジウム, P10, Sep. 2018.
  39. 阿部貴久, 森翔平, 荒川元孝, 金井浩, “頸動脈表面粗さの超音波計測における頸動脈壁と超音波プローブのなす傾斜が及ぼす影響とその除去法に関する検討,” 第2回先端生体超音波シンポジウム, P7, Sep. 2018.
  40. 斎藤拓海, 森翔平, 荒川元孝, 大庭茂男, 小林和人, 金井浩, “血管壁粘弾性推定のための単一超音波プローブを用いた血管径-血圧同時計測,” 第2回先端生体超音波シンポジウム, P4, Sep. 2018.
  41. 川村響, 森翔平, 荒川元孝, 金井浩, “超音波加振により生体模擬試料表面に発生する変位分布の計測,” 第2回先端生体超音波シンポジウム, P1, Sep. 2018.
  42. 古澤直也, 森翔平, 荒川元孝, 金井浩, “心臓壁振動速度波形の超音波同時多点計測における精度の拡散波・平面波・集束波の送信幅依存性の評価,” 第2回先端生体超音波シンポジウム, A2, Sep. 2018.
  43. 川村響, 森翔平, 荒川元孝, 金井浩, “双方向超音波加振により生体模擬試料表面に発生する変位分布の計測,” 平成30年度電気関係学会東北支部連合大会, 2D04, Sep. 2018.
  44. 阿部貴久, 森翔平, 荒川元孝, 金井浩, “頸動脈表面粗さの超音波計測における超音波プローブに対する頸動脈の傾斜の影響除去に関する検討,” 平成30年度電気関係学会東北支部連合大会, 2D03, Sep. 2018.
  45. 斎藤拓海, 森翔平, 荒川元孝, 大庭茂男, 小林和人, 金井浩, “血管壁粘弾性評価のための単一超音波プローブを用いた橈骨動脈の血管径と血圧の同時計測に関する検討,” 平成30年度電気関係学会東北支部連合大会, 2D02, Sep. 2018.
  46. 永澤幹太, 森翔平, 荒川元孝, 八代諭, 石垣泰, 金井浩, “超音波後方散乱特性解析による赤血球集合度評価法の超音波伝播減衰除去に関する検討,” 平成30年度電気関係学会東北支部連合大会, 2D01, Sep. 2018.
  47. 伊藤未夏,森翔平, 荒川元孝, 金井浩, “多数点で超音波計測した頸動脈壁振動解析による局所脈波伝播速度の算出,” 日本超音波医学会第91回学術集会, 日本超音波医学会第91回学術集会抄録集, 日本超音波医学会, S586, Apr. 2018.
  48. 森翔平, 平田慎之介, 山口匡, 蜂屋弘之, “超音波エコー信号を用いた肝臓内線維化の定量評価手法 ーマルチレイリーモデルに基づく臨床画像評価法ー,” 第88回超音波エレクトロニクス研究会, 88-1, May 2018.
  49. 古澤直也, 森翔平, 荒川元孝, 金井浩, “心臓の高時間分解能超音波計測における送信平面波の有効幅の評価,” 日本音響学会 2018年春季研究発表会, 日本音響学会 2018年春季研究発表会 講演論文集, 日本音響学会, pp. 1471-1472, Mar. 2018.
  50. 張闖, 森翔平, 平田慎之介, 蜂屋弘之, “肝線維化推定のための入力パラメータとして最適な超音波エコー振幅モーメントの検討,” 日本音響学会 2018年春季研究発表会, 日本音響学会 2018年春季研究発表会 講演論文集, 日本音響学会, pp. 981-984, Mar. 2018.
  51. 荒川元孝, 森翔平, 金井浩, 長岡亮, 堀江みき, 小林和人, 西條芳文, “超音波顕微鏡による生体試料の音響特性のロバストな解析方法,” 日本超音波医学会第55回東北地方会学術集会, 日本超音波医学会第55回東北地方会学術集会 抄録集, p. 9, Mar. 2018.
  52. 古澤直也, 森翔平, 荒川元孝, 金井浩, “超音波による心臓の高時間分解能計測のための送信平面波幅の定量化,” 日本超音波医学会第55回東北地方会学術集会, 日本超音波医学会第55回東北地方会学術集会 抄録集, p. 20, Mar. 2018.
  53. 川村響, 渡辺諒一, 森翔平, 荒川元孝, 金井浩, “生体模擬試料に双方向超音波加振によって発生する歪み空間分布の計測,” 平成30年若手研究者発表会, 平成30年若手研究者発表会 講演資料, pp. 11-12, Feb. 2018.
  54. 斎藤拓海, 工藤広太, 森翔平, 荒川元孝, 金井浩, “橈骨動脈の血管径と血圧の同一部位での超音波プローブによる計測に関する基礎検討,” 平成30年若手研究者発表会, 平成30年若手研究者発表会 講演資料, pp. 9-10, Feb. 2018.
  55. 阿部貴久, 藤原晃佳, 森翔平, 荒川元孝, 金井浩, “超音波計測による血管壁長軸方向変位推定の精度向上に関する検討,” 平成30年若手研究者発表会, 平成30年若手研究者発表会 講演資料, pp. 5-6, Feb. 2018.
  56. 永澤幹太, 榊紘輝, 森翔平, 荒川元孝, 金井浩, “超音波散乱特性解析による赤血球サイズ推定法のロバスト性に関する基礎検討,” 平成30年若手研究者発表会, 平成30年若手研究者発表会 講演資料, pp. 3-4, Feb. 2018.
  57. 古澤直也, 森翔平, 荒川元孝, 金井浩, “心臓の高時間分解能超音波計測を目指した平面波幅と減衰の定量的な関係評価,” 第375回音響工学研究会, 375-5, 第86回超音波エレクトロニクス研究会, 86-5, Feb. 2018.
  58. Chuang Zhang, Shohei Mori, Shinnosuke Hirata, Hiroyuki Hachiya, “Examination of optimal input parameters for evaluation of liver fibrosis based on multi-Rayleigh model,” USE2017 The 38th Symposium on Ultrasonic Electronics, Proceedings of Symposium on Ultrasonic Electronics, Vol. 38, 2P5-18, Oct. 2017.
  59. Shohei Mori, Shinnosuke Hirata, Tadashi Yamaguchi, Hiroyuki Hachiya, “Quantitative evaluation method of liver fibrosis based on multi-Rayleigh model with number estimation of tissue components in ultrasound B-mode image,” USE2017 The 38th Symposium on Ultrasonic Electronics, Proceedings of Symposium on Ultrasonic Electronics, Vol. 38, 2P5-12, Oct. 2017.
  60. 森翔平, 平田慎之介, 山口匡, 蜂屋弘之, “臨床応用を考慮した超音波肝画像中の成分数判定によるマルチレイリーモデルに基づく肝線維定量画像の高精度推定,” 日本音響学会 2017年秋季研究発表会, 日本音響学会 2017年秋季研究発表会 講演論文集, 日本音響学会, pp. 1251-1254, Sep. 2017.
  61. 中村健太郎, 森翔平, 平田慎之介, 蜂屋弘之, “粘弾性ファントム内を伝搬する横波の観察,” 日本音響学会 2017年秋季研究発表会, 日本音響学会 2017年秋季研究発表会 講演論文集, 日本音響学会, pp. 1147-1148, Sep. 2017.
  62. 張闖, 森翔平, 平田慎之介, 蜂屋弘之, “超音波エコー振幅統計量を用いた肝線維化推定のための入力パラメータと推定精度の関係の検討,” 日本音響学会 2017年秋季研究発表会, 日本音響学会 2017年秋季研究発表会 講演論文集, 日本音響学会, pp. 1145-1146, Sep. 2017.
  63. 森翔平, 大橋穣, 平田慎之介, 山口匡, 蜂屋弘之, “組織成分を考慮したマルチレイリーモデルに基づく肝線維確率画像の高精度化の検討,” 日本超音波医学会第90回学術集会, 日本超音波医学会第90回学術集会抄録集, 日本超音波医学会, S458, Apr. 2017.
  64. 森翔平, 平田慎之介, 山口匡, 蜂屋弘之, “肝超音波画像のエコー振幅分布を用いた実用的な非スペックル信号除去手法の検討,” 日本音響学会 2017年春季研究発表会, 日本音響学会 2017年春季研究発表会 講演論文集, 日本音響学会, pp. 1135-1138, Mar. 2017.
  65. 中村健太郎, 森翔平, 平田慎之介, 蜂屋弘之, “超音波エコー振幅統計量に基づく肝線維化定量評価における超音波ビーム幅の影響の検討,” 日本音響学会 2017年春季研究発表会, 日本音響学会 2017年春季研究発表会 講演論文集, 日本音響学会, pp. 1133-1134, Mar. 2017.
  66. 和田淳, 大橋穣, 森翔平, 平田慎之介, 蜂屋弘之, “マルチレイリーモデルに基づく肝線維確率画像に対するスペックル低減手法の影響の検討,” 日本音響学会 2017年春季研究発表会, 日本音響学会 2017年春季研究発表会 講演論文集, 日本音響学会, pp. 1095-1096, Mar. 2017.
  67. 張闖, 森翔平, 平田慎之介, 蜂屋弘之, “臨床超音波画像を用いた肝線維化定量推定のための最適な入力パラメータの検討,” 日本音響学会 2017年春季研究発表会, 日本音響学会 2017年春季研究発表会 講演論文集, 日本音響学会, pp. 979-982, Mar. 2017.
  68. 大橋穣, 森翔平, 平田慎之介, 蜂屋弘之, “肝線維化定量推定における組織成分数判定手法の検討,” 日本音響学会 2017年春季研究発表会, 日本音響学会 2017年春季研究発表会 講演論文集, 日本音響学会, pp. 977-978, Mar. 2017.
  69. 長谷川博人, 森翔平, 平田慎之介, 蜂屋弘之, “種々の加振手法による横波伝搬波面の観察,” 日本音響学会 2017年春季研究発表会, 日本音響学会 2017年春季研究発表会 講演論文集, 日本音響学会, pp. 969-970, Mar. 2017.
  70. 長谷川博人, 森翔平, 平田慎之介, 蜂屋弘之, “生体擬似ファントムにおける加振条件とせん断波伝搬速度の関係に関する基礎検討,” 電子情報通信学会・日本音響学会 超音波研究会, 信学技報, Vol. 116, No. 419, pp. 55-60, Jan. 2017.
  71. 大橋穣, 森翔平, 平田慎之介, 蜂屋 弘之, “マルチレイリーモデルの成分数と肝線維抽出画像の関係についての実験的検討,” 日本超音波医学会第28回関東甲信越地方会学術集会, 日本超音波医学会第28回関東甲信越地方会学術集会抄録集, 日本超音波医学会, p. 71, Oct. 2016.
  72. 森翔平, 平田慎之介, 山口匡, 蜂屋弘之, “超音波エコー信号の振幅分布情報を用いた肝臓内線維化の定量評価手法,” 日本超音波医学会第28回関東甲信越地方会学術集会, 日本超音波医学会第28回関東甲信越地方会学術集会抄録集, 日本超音波医学会, p. 33, Oct. 2016.
  73. 中村健太郎, 森翔平, 平田慎之介, 蜂屋弘之, “肝組織構造モデルを用いたマルチレイリーモデルに基づく線維抽出手法の評価,” 日本音響学会 2016年秋季研究発表会, 日本音響学会 2016年秋季研究発表会 講演論文集, 日本音響学会, pp. 989-990, Aug. 2016.
  74. 森翔平, 平田慎之介, 山口匡,蜂屋弘之, “臨床画像における超音波エコー振幅統計量の分布と肝病変進行度の関係評価,” 日本音響学会 2016年秋季研究発表会, 日本音響学会 2016年秋季研究発表会 講演論文集, 日本音響学会, pp. 987-988, Aug. 2016.
  75. 長谷川博人, 森翔平, 貴志崇之, 平田慎之介, 山口匡, 蜂屋弘之, “ファントムを用いたせん断波伝搬速度と計測位置の関係の検討,” 日本音響学会 2016年秋季研究発表会, 日本音響学会 2016年秋季研究発表会 講演論文集, 日本音響学会, pp. 979-980, Aug. 2016.
  76. 森翔平, 平田慎之介, 山口匡, 蜂屋弘之, “肝病変進行と超音波画像のエコー振幅統計量分布の関係の検討,” アコースティックイメージング研究会, 日本音響学会 アコースティックイメージング研究会 講演資料, 日本音響学会, AI2016, 2, 10, Aug. 2016.
  77. 森翔平, 平田慎之介, 山口匡, 蜂屋弘之, “マルチレイリーモデルに基づく組織性状確率画像による肝超音波画像の線維化定量評価,” 日本超音波医学会第89回学術集会, 日本超音波医学会第89回学術集会抄録集, 日本超音波医学会, S519, Apr. 2016.
  78. 森翔平, 平田慎之介, 山口匡, 蜂屋弘之, “びまん性肝疾患の組織性状超音波画像のための種々の定量処理手法の比較,” 日本音響学会 2016年春季研究発表会, 日本音響学会 2016年春季研究発表会 講演論文集, 日本音響学会, pp. 1509-1510, Feb. 2016.
  79. 森翔平, 平田慎之介, 山口匡, 蜂屋弘之, “マルチレイリーモデルに基づくExtended-CFAR処理によるびまん性肝疾患の線維抽出手法の検討,” 日本音響学会 2016年春季研究発表会, 日本音響学会 2016年春季研究発表会 講演論文集, 日本音響学会, pp. 1281-1282, Feb. 2016.
  80. 森翔平, 平田慎之介, 山口匡, 蜂屋弘之, “超音波画像を用いた肝炎線維化定量診断手法に関する研究,” 第4回次世代がん治療推進専門家養成プランシンポジウム, 第4回次世代がん治療推進専門家養成プランシンポジウム 講演論文集, 次世代がん治療推進専門家養成プラン, pp. 19, Jan. 2016.
  81. Shohei Mori, Shinnosuke Hirata, Tadashi Yamaguchi, Hiroyuki Hachiya, “Stability evaluation of estimation method of multi-Rayleigh model using simulated ultrasound B-mode image for liver fibrosis,” USE2015 The 36th Symposium on Ultrasonic Electronics, Proceedings of Symposium on Ultrasonic Electronics, Vol. 36, 2P5-11, Nov. 2015.
  82. Mikito Ito, Kenji Yoshida, Shohei Mori, Hiroyuki Hachiya, Tadashi Yamaguchi, “Evaluation of statistical analysis models for envelope amplitude of liver based on histology,” USE2015 The 36th Symposium on Ultrasonic Electronics, Proceedings of Symposium on Ultrasonic Electronics, Vol. 36, 2P5-9, Nov. 2015.
  83. 森翔平, 平田慎之介, 山口匡, 蜂屋弘之, “マルチレイリーモデルの成分数と肝線維化パラメータ推定精度の関係,” 日本音響学会 2015年秋季研究発表会, 日本音響学会 2015年秋季研究発表会 講演論文集, 日本音響学会, pp. 1217-1218, Sep. 2015.
  84. 森翔平, 平田慎之介, 山口匡, 蜂屋弘之, “臨床画像に含まれる非スペックル成分を考慮した肝線維化定量手法の推定精度の検討,” 電子情報通信学会・日本音響学会 超音波研究会, 信学技報, Vol. 115, No. 102, pp. 7-12, Jun. 2015.
  85. 森翔平, 平田慎之介, 山口匡, 蜂屋弘之, “非スペックル成分を含む肝病変組織における線維組織画像化手法の評価,” 日本超音波医学会第88回学術集会, 日本超音波医学会第88回学術集会抄録集, 日本超音波医学会, S492, May. 2015.
  86. 森翔平, 平田慎之介, 山口匡, 蜂屋弘之, “肝病変組織構造モデルを用いた非スペックル信号除去手法の精度検討,” 日本音響学会 2015年春季研究発表会, 日本音響学会 2015年春季研究発表会 講演論文集, 日本音響学会, pp. 1281-1282, Mar. 2015.
  87. Shohei Mori, Shinnosuke Hirata, Tadashi Yamaguchi, Hiroyuki Hachiya, “Probability image of tissue characteristics based on multi-Rayleigh model for liver fibrosis by removing non-speckle signal,” USE2014 The 35th Symposium on Ultrasonic Electronics, Proceedings of Symposium on Ultrasonic Electronics, Vol. 35, pp. 527-528, Dec. 2014.
  88. 森翔平, 平田慎之介, 山口匡, 蜂屋弘之, “非スペックル成分を除去したマルチレイリーモデルによる肝組織性状確率画像の検討,” 日本音響学会 2014年秋季研究発表会, 日本音響学会 2014年秋季研究発表会 講演論文集, 日本音響学会, pp. 1453-1454, Sep. 2014.
  89. 大橋穣, 森翔平, 平田慎之介, 蜂屋弘之, “肝病変超音波画像の振幅確率分布に対するビーム幅の影響評価,” 日本音響学会 2014年秋季研究発表会, 日本音響学会 2014年秋季研究発表会 講演論文集, 日本音響学会, pp. 1419-1420, Sep. 2014.
  90. 森翔平, 平田慎之介, 蜂屋弘之, “肝病変組織構造モデルを用いた肝炎線維組織画像化手法の精度検討,” 日本超音波医学会第87回学術集会, 日本超音波医学会第87回学術集会抄録集, 日本超音波医学会, Vol. 41, Supplement, S478, Apr. 2014.
  91. 森翔平, 平田慎之介, 蜂屋弘之, “マルチレイリーモデルに基づく病変肝の線維化定量推定に分解能が与える影響,” 日本音響学会 2014年春季研究発表会, 日本音響学会 2014年春季研究発表会 講演論文集, 日本音響学会, pp. 1399-1400, Mar. 2014.
  92. Shohei Mori, Shinnosuke Hirata, Hiroyuki Hachiya, “Effect of the ultrasonic beam width for quantitative evaluation of liver fibrosis using ultrasonic images,” USE2013 The 34th Symposium on Ultrasonic Electronics, Proceedings of Symposium on Ultrasonic Electronics, Vol. 34, pp. 321-322, Nov. 2013.
  93. 森翔平, 平田慎之介, 蜂屋弘之, “超音波画像を用いた肝線維化の定量推定におけるビーム幅の影響評価シミュレーション,” 電子情報通信学会・日本音響学会 超音波研究会, 信学技報, 電子情報通信学会, Vol. 113, No. 284, pp. 43-48, Nov. 2013.
  94. 森翔平, 平田慎之介, 蜂屋弘之, “肝病変超音波画像を用いた線維組織量評価にビーム幅が与える影響の検討,” 日本音響学会 2013年秋季研究発表会, 日本音響学会 2013年秋季研究発表会 講演論文集, 日本音響学会, pp. 1333-1334, Sep. 2013.