東北大学 社会にインパクトある研究 持続可能で心豊かな社会の創造

令和CAST「社会にインパクトある研究」 討論会

第2回討論会「社会課題の解決シナリオ作成を目指して」
【日  時】2022年2月22日(火)13:00-15:30
【開催方法】コロナ禍のためWEB形式のみ
【場  所】
【主  催】工学研究科 先端学術融合工学研究機構(令和CAST)社会インパクト推進ユニット
【座  長】
  経済学研究科 秋田次郎教授
  工学研究科 フィールドデザインセンター長 本江正茂准教授
  工学研究科 社会インパクト推進ユニット長 金井 浩教授
【ね ら い】持続可能で心豊かな社会の「未来のあるべき姿」と,本来人間が大切にし,とり戻したい「よき伝統」, それらと「現状」の隔たりを埋めるという観点から, 「未来のあるべき姿」を選択し,そこへの到達戦略が必要となる。 発表のあとに出席者とともに議論を深める
【次  第】
全体説明………社会インパクト推進ユニット ユニット長 金井 浩
討論提供………各討論者は10-20分間程度発表,残り1時間程度は自由討論
1.C2創未来インフラ: インフラの未来を模索するための糸口……… 工学研究科 久田 真教授
2.里山からの心豊かな地方創生……… 農学研究科 小倉振一郎教授
3.A0環境価値学: 新しい価値観に根差した持続可能な社会の実現……… 環境科学研究科 吉岡敏明教授
4.Tohoku Transition to Future ……… 工学研究科 高橋 信教授