研究紹介

業績一覧

2018

査読付論文

Jadhav M, Kalhapurea RS, Rambharose S, Mocktar C, Singh S, Kodama T, Govender T.
Novel lipids with three C18-fatty acid chains and an amino acid head group for pH-responsive and sustained antibiotic delivery.
Chem Phys Lipids. 2018 Jan 2;212:12-25. ePub-PMID:29305156



国際会議での発表

S Ariunbuyan, Takahashi T, Mori S, Kodama T. Activation of metastatic cells in the lung by dissection of lymph nodes. International Symposium for Multimodal Research and Education in IOHS-Liaison2018, Program & Abstract: 40, Jan 13-14, 2018, Tohoku University, Sendai, Japan. [ポスター]

Fujii H, Horie S, Mori S, Kodama T. Therapeutic potentials of the lymphatic drug delivery system with 5-FU for the treatment of metastatic lymph nodes. International Symposium for Multimodal Research and Education in IOHS-Liaison2018, Program & Abstract: 44, Jan 13-14, 2018, Tohoku University, Sendai, Japan. [ポスター]



2017

査読付論文

Tada A, Horie S, Mori S, Kodama T.
Therapeutic effect of cisplatin given with a lymphatic drug delivery system on false-negative metastatic lymph nodes.
Cancer Sci. 2017 Nov;108(11):2115-2121. ePub-PMID:28846190

Oladipo AO, Oluwafemi OS, Songca SP, Sukhbaatar A, Mori S, Okajima J, Komiya A, Maruyama S, Kodama T.
A novel treatment for metastatic lymph nodes using lymphatic delivery and photothermal therapy.
Sci Rep. 2017 Apr 3;7:45459. ePub-PMID:28368042

Mikada M, Sukhbaatar, A, Miura Y, Horie S, Sakamoto M, Mori S, Kodama T.
Evaluation of the enhanced permeability and retention effect in the early stages of lymph node metastasis.
Cancer Sci. 2017 May;108(5):846-852. ePub-PMID:28211204

Takeda K, Mori S, Kodama T.
Study of fluid dynamics reveals direct communications between lymphatic vessels and venous blood vessels in lymph nodes of mice.
J Immunol Methods. 2017 Jun;445:1-9. ePub-PMID:28237707

Matsuki D, Oladipo A, Horie S, Okajima J, Komiya A, Oluwafemi O, Maruyama S, Mori S, Kodama T.
Treatment of tumor in lymph nodes using near-infrared laser light-activated thermosensitive liposome-encapsulated doxorubicin and gold nanorods.
J Biophotonics. 2017 Dec;10(12):1676-1682. ePub-PMID:28417560

Sato T, Takemura T, Ouchi T, Mori S, Sakamoto M, Arai Y, Kodama T.
Monitoring of blood vessel density using contrast-enhanced high frequency ultrasound may facilitate early diagnosis of lymph node metastasis.
J Cancer. 2017 Feb 25;8(5):704-715. ePub-PMID:28382132

Ncapayi V, Sundararajan P, Songca SP, Kodama T, Oluwafemi OS.
Simple green synthesis of amino acid functionalised CdTe/CdSe/ZnSe core-multi shell with improved cell viability for cellular imaging.
Materials Letters. 2017; 189: 168-171. DOI:10.1016/j.matlet.2016.12.006

Mori N, Mugikura S, Takahashi S, Ito K, Takasawa C, Li L, Miyashita M, ko Kasajima A, Mori Y, Ishida T, Kodama T, Takase K.
Quantitative analysis of contrast-enhanced ultrasound imaging in invasive breast cancer: a novel technique to obtain histopathological information of microvessel density.
Ultrasound Med Biol. 2017 Mar;43(3):607-614. ePub-PMID:28041744



国際会議での発表

Takeda K, Horie S, Mori S, Kodama T. Flow Dynamics Based on Anatomical Characteristics of Lymph Node. Birateral Programs between South Africa and Japan, 14th International Conference on Flow Dynamics, Program: 20, Nov 1-3, 2017, Sendai International Center, Japan. [口頭発表]

Fujii H, Horie S, Mori S, Kodama T. Anti-tumor effects of 5-FU with lymphatic drug delivery system in a metastatic lymph node mouse model. Birateral Programs between South Africa and Japan, 14th International Conference on Flow Dynamics, Program: 21, Nov 1-3, 2017, Sendai International Center, Japan. [口頭発表]

V Ncapayi, S Parani, SP Songca, Kodama T, OS Oluwafemi. Simple Green Synthesis of Amino Acid Functionalized CdTe/CdSe/XnSe Core Multi-Shell with Improved Cell Viability against Fibroblast Histiocytoma Cells. Birateral Programs between South Africa and Japan, 14th International Conference on Flow Dynamics, Program: 21, Nov 1-3, 2017, Sendai International Center, Japan. [口頭発表]

Kikuchi R, Horie S, Mori S, Kodama T. Oxygen Partial Pressure in False-negative N0 Lymph Nodes. Birateral Programs between South Africa and Japan, 14th International Conference on Flow Dynamics, Program: 22, Nov 1-3, 2017, Sendai International Center, Japan. [口頭発表]

Iwamura R, Horie S, Mori S, Kodama T. A Development of an Early Stage Diagnosis For Lymph Node Metastasis Using Lymphangiography. Birateral Programs between South Africa and Japan, 14th International Conference on Flow Dynamics, Program: 22, Nov 1-3, 2017, Sendai International Center, Japan. [口頭発表]

Takeda K, Horie S, Mori S, Kodama T. The Study of flow dynamics in lymphatic system. World Molecular Imaging Congress 2017 (WMIC 2017), program: 75, Sep 13-16, 2017, Philadelphia, USA. [ポスター]

Kikuchi R, Horie S, Mori S, Kodama T. Oxygen state in fase-negative N0 lymph node mouse model. The 12th International Workshop on Biomaterials in Interface Science, Aug 4-5, 2017, Akiu Onsen, Miyagi, Japan. [口頭発表]

Fujii H, Horie S, Mori S, Kodama T. Lymphatic drug delivery system with 5-FU for metastatic lymph nodes. The 12th International Workshop on Biomaterials in Interface Science, Aug 4-5, 2017, Akiu Onsen, Miyagi, Japan. [口頭発表]

Lily A. David, Horie S, Mori S, Kodama T. The effects of cis-diamminedichloroplatinum (II) (CDDP), injected intravenously in MXH10/Mo-lpr/lpr mice, on lymph nodes. The 12th International Workshop on Biomaterials in Interface Science, Aug 4-5, 2017, Akiu Onsen, Miyagi, Japan. [口頭発表]

Takeda K, Horie S, Mori S, Kodama T. New insights on Lymph node metastasis : the benefit of using our mouse model in cancer metastasis. 3rd Annual Data Science in Life Science and Engineering Collaboration and Symposium, Aug 3-4, 2017, Case Western Reserve University, Cleveland, USA. [口頭発表]

Takeda K, Horie S, Mori S, Kodama T. The study of flow dynamics in lymphatic system. 3rd Annual Data Science in Life Science and Engineering Collaboration and Symposium, Aug 3-4, 2017, Case Western Reserve University, Cleveland, USA. [ポスター]

Izumiyama T, Mori Y, Mori S, Takeda K, Horie S, T. Kodama T, Itoi E. The effect of IL-6 receptor antibody for the treatment of MCH-lpr/lpr-RA1 mice that spontaneously developed ankylosing arthritis, EULAR23018, Amsterdam, Netherlands from 13-16 June 2018.

Ariunbuyan S, Horie S, Takahashi T, Mori S, Kodama T. Acceptance of systemic chemotherapy at lung metastasis (Evaluation of the EPR effect in the lung metastasis), The 2017 Japan-NIH Joint Symposium, Feb 15-17, 2017, Tohoku University, Miyagi, Japan. [口頭発表]



国内会議での発表

武田航,堀江佐知子,森士朗,小玉哲也.解剖学的に基づいたリンパ節転移に関する研究.日本機会学会バイオエンジニアリング講演会,論文集326頁,2017年12月14日-16日(京都大学,京都市)[口頭発表]

小玉哲也.転移リンパ節早期診断法とリンパ行性薬剤送達法.日本超音波医学会第29回関東甲信越地方会学術集会抄録集48頁,2017年11月11日-12日(JPタワー ホール&カンファレンス,東京都)[招待講演]

小玉哲也,堀江佐知子,森士朗.偽陰性N0リンパ節に対するリンパ行性薬剤送達法の基礎理論と治療評価.第55回日本癌治療学会学術集会,2017年10月20日-22日(パシフィコ横浜,横浜市)[ポスター]

「最優秀演題賞」受賞
堀江佐知子,森士朗,小玉哲也.担がんリンパ節郭清による肺転移誘導マウスモデルの作製.第55回日本癌治療学会学術集会,2017年10月20日-22日(パシフィコ横浜,横浜市)[口頭発表]

堀江佐知子,森菜緒子,志賀清人,森士朗,小玉哲也.リンパ行性薬剤送達法によるがん治療.第76回日本癌学会学術総会,プログラム集75頁,2017年9月28日-30日(パシフィコ横浜,横浜市)[口頭発表]

藤井穂乃香,武田航,堀江佐知子,森士朗,小玉哲也.リンパ行性薬剤送達法を利用した5-FUによる転移リンパ節治療.第76回日本癌学会学術総会,プログラム集75頁,2017年9月28日-30日(パシフィコ横浜,横浜市)[口頭発表]

菊池凌平,堀江佐知子,森士朗,小玉哲也.転移偽陰性リンパ節における酸素分圧の評価.第76回日本癌学会学術総会,プログラム集255頁,2017年9月28日-30日(パシフィコ横浜,横浜市)[ポスター]

岩村亮,森士朗,阪本真弥,小玉哲也.マイクロCTと高周波超音波を用いたリンパ造影によるリンパ節転移の新たな診断手法の開発.第76回日本癌学会学術総会,プログラム集255頁,2017年9月28日-30日(パシフィコ横浜,横浜市)[ポスター]

武田航,藤井穂乃香,阪本真弥,森士朗,小玉 哲也.転移リンパ節の解剖学的な背景に関する研究.第76回日本癌学会学術総会,プログラム集257頁,2017年9月28日-30日(パシフィコ横浜,横浜市)[ポスター]

武田航,堀江佐知子,森士朗,小玉哲也.リンパ節転移モデルマウスを用いた転移リンパ節の解剖学的特徴の検討,第26回日本がん転移学会学術集会・総会,プログラム・抄録集37頁,2017年7月27日-28日(大阪国際会議場,大阪市)[口頭発表]

武田航,堀江佐知子,森士朗,小玉哲也.解剖学的特徴に基づいたリンパ行性薬剤送達法の開発.第33回日本DDS学会学術集会,プログラム予稿集182頁,2017年7月6日-7日(京都市勧業館みやこめっせ,京都市)[口頭発表]

藤井穂乃香,岡田裕貴,武田航,堀江佐知子,森士朗,小玉哲也.転移リンパ節に対するリンパ行性薬剤送達法の有効性に関する研究.第33回日本DDS学会学術集会,プログラム予稿集183頁,2017年7月6日-7日(京都市勧業館みやこめっせ,京都市)[口頭発表]

大内友貴,森士朗,小玉哲也.リンパ節切除にともなう郭清域外リンパ節ならびに肺での転移性腫瘍細胞の治療を目指す新たなリンパ行性薬剤送達法の開発.第33回日本DDS学会学術集会,プログラム予稿集184頁,2017年7月6日-7日(京都市勧業館みやこめっせ,京都市)[口頭発表]

Ariunbuyan S, Horie S, Takahashi T, Mori S, Kodama T. Induction of the EPR effect in a mouse model of lung metastasis. 第56回日本生体医工学会大会 (JSMBE56, 2017), 2017年5月3日-5日(東北大学医学部,仙台市)[口頭発表]

石川朝生, 岩村亮, 堀江佐知子,森士朗, 小玉哲也.転移偽陰性リンパ節に対するマイクロCT画像診断を用いた血管構造解析.第56回日本生体医工学会大会 (JSMBE56, 2017), 2017年5月3日-5日(東北大学医学部,仙台市)[口頭発表]

菊池凌平,堀江佐知子,阪本真弥,森菜緒子,森士朗,小玉哲也.転移偽陰性リンパ節に対するMRI・超音波画像診断による腫瘍検出能の評価.第56回日本生体医工学会大会 (JSMBE56, 2017), 2017年5月3日-5日(東北大学医学部,仙台市)[口頭発表]

岩村亮,加藤茂樹,堀江佐知子,森士朗,小玉哲也.造影高周波超音波と造影マイクロCT画像を用いた超早期転移リンパ節診断法の開発.日本超音波医学会第53回東北地方会学術集会,プログラム・抄録集5頁,2017年3月12日(仙台情報・産業プラザ,仙台市)[口頭発表]

藤井穂乃香,岡田裕貴,多田明日香,堀江佐知子,森士朗,小玉哲也.リンパ行性薬剤送達法に対するフルオロウラシル投与の有効性に関する研究.日本超音波医学会第53回東北地方会学術集会,プログラム・抄録集7頁,2017年3月12日(仙台情報・産業プラザ,仙台市)[口頭発表]

石川朝生, 岩村亮, 堀江佐知子, 森士朗, 小玉哲也.マイクロ CT を用いた転移リンパ節リングエンハンスメント形成に関する研究.日本機械学会 第29回バイオエンジニアリング講演会,プログラム19頁,2017年1月19日-20日(ウインクあいち,名古屋市)[口頭発表]

岩村亮 , 堀江佐知子, 森士朗, 小玉哲也.リンパ造影を用いた新たなリンパ節転移診断手法の開発に関する研究.日本機械学会 第29回バイオエンジニアリング講演会,プログラム20頁,2017年1月19日-20日(ウインクあいち,名古屋市)[口頭発表]

菊池凌平, 堀江佐知子, 阪本真弥, 森菜緒子, 森士朗, 小玉哲也.MRI を用いた転移リンパ節に対する評価法の検討.日本機械学会 第29回バイオエンジニアリング講演会,プログラム20頁,2017年1月19日-20日(ウインクあいち,名古屋市)[口頭発表]

藤井穂乃香, 岡田裕貴, 多田明日香, 堀江佐知子, 森士朗, 小玉哲也.リンパネットワークを利用した転移リンパ節治療法の開発.日本機械学会 第29回バイオエンジニアリング講演会,プログラム20頁,2017年1月19日-20日(ウインクあいち,名古屋市)[口頭発表]

岡田裕貴, 藤井穂乃香, 多田明日香, 堀江佐知子, 森士朗, 小玉哲也.リンパ行性薬剤送達法の転移リンパ節に対する抗腫瘍効果の評価.日本機械学会 第29回バイオエンジニアリング講演会,プログラム20頁,2017年1月19日-20日(ウインクあいち,名古屋市)[口頭発表]



2016

査読付論文

Fujikawa T, Egarashi R, Fujikawa S, Takeda K, Kodama T.
Extended Bernoulli equation, friction loss, and friction coefficient for microscopic Jeffery-Hamel flow with small Reynolds number up to O(1).
Journal of Fluid Science and Technology 2016;11(3): 1-12. DOI:10.1299/jfst.2016jfst0019

多田明日香, 堀江佐知子, 森士朗, 小玉哲也.
リンパ行性薬剤送達法の開発.
リンパ学 2016:39(2)133-5.

Kodama T, Matsuki D, Tada A, Takeda K, Mori S.
New concept for the prevention and treatment of metastatic lymph nodes using chemotherapy administered via the lymphatic network.
Scientific Reports 2016 Sep 1;6:32506. ePub-PMID:27581921
日経プレスリリース
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=421583&lindID=5
日本最大級の医療専門サイト「m3.com」
https://www.m3.com/open/clinical/news/article/456686/
医療が集う情報コミュニティサイト「melipa」
http://melipa.com/news/cancer/31110/
医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト「医療NEWS」
http://www.qlifepro.com/news/20160906/new-anti-cancer-drug-administration-via-the-lymphatic-network.html
日経バイオテク アカデミック版
https://bio.nikkeibp.co.jp/atclac/release/16/09/05/02275/?ST=academic

Horie S, Suzuki Y, Kobayashi M, Kadonosono T, Kondoh S, Kodama T, Sato Y.
Distinctive role of vasohibin-1A and its splicing variant vasohibin-1B in tumor angiogenesis.
Cancer Gene Ther. 2016 May; 23(5):133-41. ePub-PMID:27080222

Miura Y, Mikada M, Ouchi T, Horie S, Takeda K, Yamaki T, Sakamoto M, Mori S, Kodama T.
Early diagnosis of lymph node metastasis: importance of intranodal pressures.
Cancer Sci. 2016 Mar;107(3):224-32. ePub-PMID:26716604

Mori N, Mugikura S, Takasawa C, Miyashita M, Shimauchi A, Ota H, Ishida T, Kasajima A, Takase K, Kodama T, Takahashi S.
Peritumoral apparent diffusion coefficients for prediction of lymphovascular invasion in clinically node-negative invasive breast cancer.
Eur Radiol. 2016 Feb;26(2):331-9. ePub-PMID:26024846



国際会議での発表

Ariunbuyan S, Horie S, Mori S, Kodama T, Takahashi T. Systemic chemotherapy validity based on the EPR effect at early stage of lung metastasis. China-Japan-Korea Dental Science Symposium 2016, Dec 9-10, 2016, Fuzhou, China. [ポスター]

Horie S, Suzuki Y,Kobayashi M, Kodama T, Sato Y. Anti-angiogenic Effects by Vasohibin-1. 13th International Conference on Flow Dynamics, Proceedings: 280,Oct 10-12, 2016, Sendai International Center, Japan.[口頭発表]

Iwamura R, Mori S, Kodama T. The Novel Diagnosis Method for Lymph Node Metastasis by Lymphangiography. 13th International Conference on Flow Dynamics, Proceedings: 288, Oct 10-12, 2016, Sendai International Center, Japan. [口頭発表]

Takeda K, Mori S, Kodama T. The Novel Evaluation Methods for Metastatic Lymph Node using Intranodal Pressure. 13th International Conference on Flow Dynamics, Proceedings: 290, Oct 10-12, 2016, Sendai International Center, Japan. [口頭発表]

Shao L, Mori S, Kodama T. Investigation of lymphatic network and cancer metastasis. The 11th International Workshop on Biomaterials in Interface Science, Program: 22, Aug 30-31, 2016, Tohoku University, Seiryo Campus, Miyagi, Japan. [招待講演]

Ariunbuyan S, Shao L, Mori S, Kodama T. Activation of lung metastasis after dissection of metastatic lymph node. The 11th International Workshop on Biomaterials in Interface Science, Program: 23, Aug 30-31, 2016, Tohoku University, Seiryo Campus, Miyagi, Japan. [口頭発表]

Tsolekile N, Westhuizen L, Green I, Shephard G. High performance liquid chromatography determination of fumonisin mycotoxins in maize: A comparative study of naphthalene-2,3-dicarboxaldehyde and o-phthaldiadehyde derivatization reagents for fluorescence and diode array detection. The 11th International Workshop on Biomaterials in Interface Science, Program: 24, Aug 30-31, 2016, Tohoku University, Seiryo Campus, Miyagi, Japan. [口頭発表]

Oladipo A, Oluwafemi O, Songca S, Mori S, Kodama T. Photothermal treatment of metastatic lymph nodes using biocompatible gold nanorods and near-infrared laser light. The 11th International Workshop on Biomaterials in Interface Science, Program: 25, Aug 30-31, 2016, Tohoku University, Seiryo Campus, Miyagi, Japan. [口頭発表]

Takeda K, Horie S, Mori S, Kodama T. Characteristics of intranodal pressure in tumor-bearing lymph node. The 11th International Workshop on Biomaterials in Interface Science, Program: 26, Aug 30-31, 2016, Tohoku University, Seiryo Campus, Miyagi, Japan. [口頭発表]

Ncapayi V, Oluwafemi OS, Songca SP, Kodama T. Simple green synthesis of amino acid functionalised CdTe/CdSe/ZnSe core-multi shell with improved cell viability for cellular imaging. The Minerals, Metals & Materials Society (TMS) 145th Annual Meeting and Exhibition, Feb 14-18, 2016, Music City Center, Nashville, Tennessee, USA. [口頭発表]



国内会議での発表

武田航,森士朗,小玉哲也.転移リンパ節モデルにおけるリンパ節内圧についての検証.日本機械学会 第27回バイオフロンティア講演会,2016年10月22日-23日(北海道大学工学部,札幌市)[口頭発表]

Ariunbuyan S, Horie S, Mori S, Kodama T. Enhanced permeability and retention (EPR) effect in early stage of lung metastasis. 第75回日本癌学会学術総会,プログラム74頁,2016年10月6日-8日(パシフィコ横浜,横浜市)[口頭発表]

武田航,多田明日香,吉羽正太,堀江佐知子,森士朗,小玉哲也.リンパ節内圧を用いたリンパ節転移の新規診断方法.第75回日本癌学会学術総会,プログラム172頁,2016年10月6日-8日(パシフィコ横浜,横浜市)[ポスター]

岩村亮,森士朗,小玉哲也.リンパ造影を用いたリンパ節転移の新たな診断法の開発.第75回日本癌学会学術総会,プログラム172頁,2016年10月6日-8日(パシフィコ横浜,横浜市)[ポスター]

Yves J. Siril, Horie S, Mori S, Kodama T. Observation of tumor progression in metastatic lymph nodes. 第75回日本癌学会学術総会,プログラム245頁,2016年10月6日-8日(パシフィコ横浜,横浜市)[ポスター]

藤井穂乃香,岡田裕貴,多田明日香,堀江佐知子,森士朗,小玉哲也.転移リンパ節に対するリンパ行性薬剤送達法を用いた時間依存型抗がん剤の治療効果の検討.第75回日本癌学会学術総会,プログラム255頁,2016年10月6日-8日(パシフィコ横浜,横浜市)[ポスター]

吉羽正太,武田航,多田明日香,堀江佐知子,森士朗,小玉哲也.超音波とナノ・マイクロバブルを用いたリンパ行性薬剤送達法の評価.第75回日本癌学会学術総会,プログラム255頁,2016年10月6日-8日(パシフィコ横浜,横浜市)[ポスター]

多田明日香,堀江佐知子,森士朗,小玉哲也.転移リンパ節に対するリンパネットワークを用いた薬剤送達法の開発に関する研究.第75回日本癌学会学術総会,プログラム255頁,2016年10月6日-8日(パシフィコ横浜,横浜市)[ポスター]

岡田裕貴,藤井穂乃香,多田明日香,堀江佐知子,森士朗,小玉哲也.リンパ節転移モデルマウスにおけるドキソルビシンを用いたリンパ行性薬剤送達法の評価.第75回日本癌学会学術総会,プログラム255頁,2016年10月6日-8日(パシフィコ横浜,横浜市)[ポスター]

堀江佐知子,鈴木康弘,小林美穂,乗田理恵,小玉 哲也,佐藤 靖史.Vasohibin-2 標的性 BNA 修飾アンチセンスオリゴヌクレオチドによる肝臓がんに対する抗腫瘍効果の評価.第75回日本癌学会学術総会,プログラム255頁,2016年10月6日-8日(パシフィコ横浜,横浜市)[ポスター]

武田航,森士朗,阪本真弥,小玉哲也.リンパ節介在血行性転移に関する研究.日本機械学会2016年度年次大会,DVD-R[No.16-1] S0220301, 2016年9月11日-14日(九州大学伊都キャンパス,福岡市)[口頭発表]

岡田裕貴,藤井穂乃香,多田明日香,堀江佐知子,森士朗,小玉哲也.リンパ節転移モデルマウスを用いたリンパ行性薬剤送達法の開発.日本機械学会2016年度年次大会,DVD-R[No.16-1] S0220302, 2016年9月11日-14日(九州大学伊都キャンパス,福岡市)[口頭発表]

Ariunbuyan Sukhbaatar, 三ヶ田護,堀江佐知子,森士朗,小玉哲也.早期段階におけるリンパ節転移および肺転移のEPR効果.日本機械学会2016年度年次大会,DVD-R[No.16-1] S0220303, 2016年9月11日-14日(九州大学伊都キャンパス,福岡市)[口頭発表]

岩村亮,森士朗,小玉哲也.リンパ洞造影に基づくリンパ節転移早期診断の開発.日本機械学会2016年度年次大会,DVD-R[No.16-1] S0220304, 2016年9月11日-14日(九州大学伊都キャンパス,福岡市)[口頭発表]

Adewale O. Oladipo, Oluwatobi S. Oluwafemi, Sandile P. Songca,森士朗,小玉哲也.光温熱療法と表面冷却による低侵襲加熱法を利用したリンパ節転移治療法の開発.日本機械学会2016年度年次大会,DVD-R[No.16-1] G0600304, 2016年9月11日-14日(九州大学伊都キャンパス,福岡市)[口頭発表]

藤井穂乃香,多田明日香,堀江佐知子,森士朗,小玉哲也.リンパネットワークを利用した薬剤送達法の開発.日本機械学会2016年度年次大会,DVD-R[No.16-1] J2410104, 2016年9月11日-14日(九州大学伊都キャンパス,福岡市)[口頭発表]

藤川俊秀,江頭竜,藤川重雄,小玉哲也,武田航.二次元ミクロチャンネルでの定常な極低Re数ながれの抵抗係数.日本機械学会2016年度年次大会,DVD-R[No.16-1] J0240205, 2016年9月11日-14日(九州大学伊都キャンパス,福岡市)[口頭発表]

藤川俊秀,江頭竜,藤川重雄,小玉哲也,武田航.ドラッグデリバリーに係るミクロ管内極低Re数ながれのCFD解析.日本機械学会2016年度年次大会,DVD-R[No.16-1] J0240206, 2016年9月11日-14日(九州大学伊都キャンパス,福岡市)[口頭発表]

Ariunbuyan Suhkbaatar,多田明日香,森士朗,小玉哲也.Evaluation of EPR effect in the early stages of lymph node metastasis. 第32回日本DDS学会学術集会,プログラム予稿集138頁,2016年6月30日-7月1日(静岡グランシップ,静岡市)[口頭発表]

小玉哲也,加藤茂樹,武田航,多田明日香,吉羽正太,森士朗.リンパ行性薬剤送達法の開発.第40回日本リンパ学会総会,プログラム・抄録集47頁,2016年6月24日-25日(東京大学伊藤国際学術研究センター,東京都文京区)[口頭発表]

阪本真弥,小嶋郁穂,飯久保正弘,近藤千裕,伊藤康一,青木孝文,小川武則,森士朗,小玉哲也,笹野高嗣.口腔癌の頸部リンパ節転移診断における3 テスラblack-blood MR imagingの有用性について.日本歯科放射線学会第57回学術大会,プログラム・講演抄録集70頁,2016年6月18日-19日(グランキューブ大阪,大阪市)[ポスター発表]

小嶋郁穂,阪本真弥,飯久保正弘,小川武則,渡邉みか,大田英揮,村田隆紀,森 士朗,小玉哲也,笹野高嗣.3 テスラ black-blood MR imaging が口腔癌患者の頸部リンパ節転移診断に有用であった2 症例.日本歯科放射線学会第57回学術大会,プログラム・講演抄録集51頁,2016年6月18日-19日(グランキューブ大阪,大阪市)[口頭発表]

堀江佐知子,鈴木康弘,小林美穂,小玉哲也,佐藤靖史.ソノポレーションを利用したVasohibin-1 遺伝子導入による抗腫瘍効果の評価.日本超音波医学会第89回学術集会,プログラム95頁,2016年5月27日-29日(グランドプリンスホテル京都,京都市)[口頭発表]

森菜緒子.乳癌における造影超音波を用いた血管密度定量法.日本超音波医学会第89回学術集会,プログラム93頁,2016年5月27日-29日(グランドプリンスホテル京都,京都市)[口頭発表]

岩村亮,八巻哲平,森士朗,小玉哲也.マイクロ CTを用いた転移リンパ節内の管構造解析.第28回バイオエンジニアリング講演会,論文集[No. 15-69]: IF36, 2016年1月9日-10日(東京工業大学 大岡山キャンパス)[口頭発表]

武田航,森士朗,小玉哲也.マウスリンパ節周囲の循環系に関する研究.第28回バイオエンジニアリング講演会,論文集[No. 15-69]: IH11, 2016年1月9日-10日(東京工業大学 大岡山キャンパス)[口頭発表]

多田明日香,吉羽正太,加藤茂樹,森士朗,小玉哲也.転移リンパ節に対する行性薬剤送達法に関する研究.第28回バイオエンジニアリング講演会,論文集[No. 15-69]: IH12, 2016年1月9日-10日(東京工業大学 大岡山キャンパス)[口頭発表]

吉羽正太,加藤茂樹,松木大輔,森士朗,小玉哲也.担がんリンパ節へのリンパ行性薬剤送達法に関する研究.第28回バイオエンジニアリング講演会,論文集[No. 15-69]: IH13, 2016年1月9日-10日(東京工業大学 大岡山キャンパス)[口頭発表]




2015

査読付論文

Ferraresi C, Parizotto NA, Pires de Sousa MV, Kaippert B, Huang YY, Koiso T, Bagnato VS, Hamblin MR.
Light-emitting diode therapy in exercise-trained mice increases muscle performance, cytochrome c oxidase activity, ATP and cell proliferation.
J Biophotonics. 2015 Sep;8(9):740-54. ePub-PMID:25378263

Kato S, Mori S, Kodama T.
A Novel Treatment Method for Lymph Node Metastasis Using a Lymphatic Drug Delivery System with Nano/Microbubbles and Ultrasound.
J Cancer. 2015 Oct 20;6(12):1282-94. ePub-PMID:26640589

Sugiura T, Matsuki D, Okajima J, Komiya A, Mori S, Maruyama S, Kodama T.
Photothermal therapy of tumors in lymph nodes using gold nanorods and near-infrared laser light with controlled surface cooling.
Nano Research 2015, 8(12): 3842–3852. DOI:10.1007/s12274-015-0884-x

Ito K, Noro K, Yanagisawa Y, Sakamoto M, Mori S, Shiga K, Kodama T, Aoki T.
High-Accuracy Ultrasound Contrast Agent Detection Method for Diagnostic Ultrasound Imaging Systems.
Ultrasound Med Biol. 2015; 41(12): 3120-30. ePub-PMID:26411669

Shao L, Takeda K, Kato S, Mori S, Kodama T.
Communication between lymphatic and venous systems in mice.
J Immunol Methods. 2015 Sep;424:100-5. ePub-PMID:26009246
※オンラインアーカイブ「HighBeam Research (October 23, 2015)」にて紹介されました.

Sato T, Mori S, Sakamoto M, Arai Y, Kodama T.
Direct Delivery of a Cytotoxic Anticancer Agent into the Metastatic Lymph Node Using Nano/Microbubbles and Ultrasound.
PLoS One. 2015;10:e0123619. ePub-PMID:25897663

Sakata N, Sax N, Yoshimatsu G, Tsuchiya H, Kato S, Aoki T, Ishida M, Katayose Y, Egawa S, Kodama T, Unno M.
Enhanced Ultrasonography Using a Nano/Microbubble Contrast Agent for Islet Transplantation.
Am J Transplant. 2015 Jun;15(6): 1531–42. ePub-PMID:25846610

Shao L, Ouchi T, Sakamoto M, Mori S, Kodama T.
Activation of latent metastases in the lung after resection of a metastatic lymph node in a lymph node metastasis mouse model.
Biochem Biophys Res Commun. 2015;460:543-8. ePub-PMID:25824032

Kato S, Shirai Y, Kanzaki H, Sakamoto M, Mori S, Kodama T.
Delivery of Molecules to the Lymph Node via Lymphatic Vessels Using Ultrasound and Nano/Microbubbles.
Ultrasound Med Biol. 2015; 41(5):1411–21. ePub-PMID:25637527

Kodama T, Hatakeyama Y, Kato S, Mori S.
Visualization of flow fields in lymphatic vessels and lymph nodes using a mouse model to test a lymphatic drug delivery system.
Biomed Opt Express. 2015; 6(1):124-34. ePub-PMID:25657881

Tomita Y, Matsuura T, Kodama T.
Temporal effect of inertial cavitation with and without microbubbles on surface deformation of agarose S gel in the presence of 1-MHz focused ultrasound.
Ultrasonics. 2015 Jan;55:1-5. ePub-PMID:25130135




国際会議での発表

Ncapayi V, Oluwafemi OS, Songca SP, Kodama T. Simple green synthesis of CdTe/CdSe/ZnSe core-multi shell with reduced cytotoxicity for bio imaging. 4th Nano Today Conference, Dec 6-10, 2015, JW Marriot Marquis Hotel, Dubai. [口頭発表]

Takeda K, Mori S, Kodama T. Intranodal chemotherapy for tumor-bearing lymph node and its evaluation by using intranodal pressure. South Africa / Japan Bilateral Sympossium, Nov 4-7, 2015, Cape Penunsula University of Technology, Capetown, South Africa. [口頭発表]

Yoshiba S, Kato S, Mori S, Kodama T. Lymphatic Delivery of Exogenous Molecules into Lymph Nodes via Lymphatic Vessels with nano/microbubbles and Ultrasound. South Africa / Japan Bilateral Sympossium, Nov 4-7, 2015, Cape Penunsula University of Technology, Capetown, South Africa. [口頭発表]

Takeda K, Mori S, Kodama T. Evaluation Methods of Metastatic Lymph Node and Its Treatment using Intranodal Pressures. 12th International Confefence on Flow Dynamics, Program: p20, Oct 27-29, 2015, Sendai International Center, Japan. [口頭発表]

Yoshiba S, Kato S, Mori S, Kodama T. Lymphatic Delivery of Exogenous Molecules into Lymph Nodes via Lymphatic Vessels with ano/microbubbles and Ultrasound. 12th International Confefence on Flow Dynamics, Program: p20, Oct 27-29, 2015, Sendai International Center, Japan. [口頭発表]

Tada A, Yoshiba S, Kato S, Mori S, Kodama T. Drug Delivery System via Lymphatic Network using Nano/microbubbles and Ultrasound. 12th International Confefence on Flow Dynamics, Program: p20, Oct 27-29, 2015, Sendai International Center, Japan. [口頭発表]

Matsuki D, Okajima J, Komiya A, Mori S, Maruyama S, Kodama T. Photo-thermal therapy of tumors in lymph nodes using gold nanorods and near-infrared laser light with controlled surface cooling. 13th International Symposium on Advanced Biomedical Ultrasound, Proceedings: p27, Oct 19, 2015, Tohoku University, Japan. [ポスター]

Yamaki T, Sakamoto M, Mori S, Shiga K, Kodama T. Perfusion defect in metastatic lymph node using micro CT. 13th International Symposium on Advanced Biomedical Ultrasound, Proceedings: p28, Oct 19, 2015, Tohoku University, Japan. [ポスター]

Takeda K, Mori S, Kodama T. Intranodal chemotherapy for tumor-bearing lymph node and its evaluation by using intranodal pressure. 13th International Symposium on Advanced Biomedical Ultrasound, Proceedings: p29, Oct 19, 2015, Tohoku University, Japan. [ポスター]

Yoshiba S, Kato S, Mori S, Kodama T. Lymphatic Delivery of Exogenous Molecules into Lymph Nodes via Lymphatic Vessels with Sonoporation. 13th International Symposium on Advanced Biomedical Ultrasound, Proceedings: p30, Oct 19, 2015, Tohoku University, Japan. [ポスター]

Tada A, Takeda K, Mori S, Kodama T. Visualization of Flow Dynamics in Lymphatic Channels in Lymph Node. 13th International Symposium on Advanced Biomedical Ultrasound, Proceedings: p31, Oct 19, 2015, Tohoku University, Japan. [ポスター]

Ncapayi V, Oluwafemi S, Songca SP, Kodama T. Simple green synthesis of CdTe/CdSe/ZnSe core-multi shell with reduced cytotoxicity for bio imaging. 1st UNIVEN-WSU International Research Conference, ICC, Sep 2-4, 2015, East London, Eastern Cape, South Africa. [口頭発表]

Ncapayi V, Oluwafemi S, Songca SP, Kodama T. Simple green synthesis of CdTe/CdSe/ZnSe core-multi shell with reduced cytotoxicity for bio imaging. IUPAC-2015, August 6-14, 2015, Busan, Korea. [口頭発表]

Takeda K, Mori S, Kodama T. Intraymphatic chemotherapy for metastatic lymph node: evaluation by intranodal pressure. The 10th Anniversary International Workshop on Biomaterials in Interface Science, Program & Abstracts: 33, Aug 4-5, 2015, Togatta-onsen Baden-ya Soho, Miyagi Zao, Japan. [口頭発表]

Ncapayi V, Oluwafemi OS, Songca SP, Kodama T. Simple green synthesis of water-souble type II CdTe/CdSe nanoparticles and their use in cellular imaging. 9th international conference of society of free radical research – Africa/ 4th international conference of international association of medical & biomedical researchers, Jul 27-29, 2015, Hennessy park hotel, Mauritius. [口頭発表]

Takeda K, Ouchi T, Mori S, Kodama T. Evaluation of Cisplatin-Induced Anti-Tumor Effect with Interstitial Fluid Pressure. 2015 International Congress on Chemical, Biological and Environmental Sciences (ICCBES), Program: 67, May 7-9, 2015 in Kyoto Research Park, Japan. [口頭発表]

Ncapayi V, Oluwafemi OS, Songca SP, Kodama T. Optical and imaging properties of highly luminescent water soluble type II CdTe/CdSe nanoparticles synthesised via a green method. TMS 144th Annual Meeting and Exhibition, Mar 15-19, 2015, Walt Disney World, Orlando, USA. [口頭発表]

Kato S, Shirai Y, Mori S, Kodama T. Lymphatic Adminstration and Soporation Enhanced Antitumor Effects against Tumor-bearing Lymph Node. The Joint Symposium of 9th International Symposium on Medical, Bio- and Nano-Electronics, and 6th International Workshop on Nanostructures & Nanoelectronics, Mar 2-4, 2015, Sendai, Japan. [ポスター]

Takeda K, Mori S, Kodama T. Lymphatic Adminstration and Soporation Enhanced Antitumor Effects against Tumor-bearing Lymph Node. The Joint Symposium of 9th International Symposium on Medical, Bio- and Nano-Electronics, and 6th International Workshop on Nanostructures & Nanoelectronics, Mar 2-4, 2015, Sendai, Japan. [ポスター]




国内会議での発表

堀江佐知子,鈴木康弘,小林美穂,小玉哲也,小比賀聡,佐藤靖史.Vasohibin2標的性BNA修飾アンチセンスオリゴヌクレオチドによる肝がん治療法の開発.第23回日本血管生物医学会学術集会,プログラム・抄録集137頁,2015年12月10日-12日(神戸国際会議場,神戸市)[ポスター]

八巻哲平,阪本真弥,森士朗,志賀清人,小玉哲也.リンパ節転移の新たな診断指標の提案.第74回日本癌学会学術総会,プログラム126頁,2015年10月8日-10日(名古屋国際会議場,名古屋市)[ポスター]

吉羽正太,阪本真弥,森士朗,小玉哲也.ドキソルビシン内封リポソームを用いたリンパ節内における薬剤分布に関する研究.第74回日本癌学会学術総会,プログラム132頁,2015年10月8日-10日(名古屋国際会議場,名古屋市)[ポスター]

多田明日香,吉羽正太,武田航,森士朗,小玉哲也.廓清外リンパ節治療のための超音波と微小気泡を用いたリンパ行性薬剤送達法の開発.第74回日本癌学会学術総会,プログラム198頁,2015年10月8日-10日(名古屋国際会議場,名古屋市)[ポスター]

松木大輔,阪本真弥,森士朗,小玉哲也.フォトサーマル効果と表面冷却による低侵襲加熱法を利用したリンパ節転移治療法の開発.第74回日本癌学会学術総会,プログラム202頁,2015年10月8日-10日(名古屋国際会議場,名古屋市)[ポスター]

武田航,森士朗,阪本真弥,小玉哲也.リンパ節内圧によるリンパ節担癌の進行とその化学療法の評価方法の検討.第74回日本癌学会学術総会,プログラム259頁,2015年10月8日-10日(名古屋国際会議場,名古屋市)[ポスター]

多田明日香,武田航,加藤茂樹,森士朗,小玉哲也.リンパネットワークを介した転移リンパ節の治療法に関する研究.日本機械学会2015年度年次大会,DVD-R[No.15-1] J0270102,2015年9月13日-16日(北海道大学工学部,札幌市)[口頭発表]

武田航,多田明日香,森士朗,小玉哲也.リンパ節内圧を用いたリンパ節内腫瘍の評価とその治療.日本機械学会2015年度年次大会,DVD-R[No.15-1] J0270103,2015年9月13日-16日(北海道大学工学部,札幌市)[口頭発表]

吉羽正太,加藤茂樹,多田明日香,森士朗,小玉哲也.ナノ・マイクロバブルと超音波を用いたリンパネットワークによるリンパ節内への高分子導入に関する研究.日本機械学会2015年度年次大会,DVD-R[No.15-1] J0270104,2015年9月13日-16日(北海道大学工学部,札幌市)[口頭発表]

加藤茂樹,森士朗,阪本真弥,小玉哲也.リンパ行性薬剤投与とソノポレーションによる腫瘍リンパ節治療法開発.第31回日本DDS学会学術集会,プログラム予稿集48頁,2015年7月2日-3日(京王プラザホテル,東京都新宿区)[口頭発表]

加藤茂樹,森士朗,阪本真弥,小玉哲也.ソノポレーション法によるリンパ球への遺伝子導入.第31回日本DDS学会学術集会,プログラム予稿集63頁,2015年7月2日-3日(京王プラザホテル,東京都新宿区)[ポスター]

武田航,吉羽正太,森士朗,小玉哲也.間質液圧を用いた転移リンパ節に対する抗腫瘍効果の検討.第54回日本生体医工学会大会,プログラム・抄録集123頁,2015年5月7日-9日(名古屋国際会議場)[口頭発表]

小玉哲也.リンパ行性薬剤送達法の開発:マウスモデルを用いたリンパ管およびリンパ節内の流れの解明.第54回日本生体医工学会大会,プログラム・抄録集124頁,2015年5月7日-9日(名古屋国際会議場)[口頭発表]

小玉哲也.転移リンパ節に対するリンパ行性薬剤送達法の開発.遺伝子・デリバリー研究会第15回シンポジウム,2015年5月1日-2日(京都薬科大学)[招待講演]

松木大輔,大内友貴,阪本真弥,森士朗,小玉哲也.金ナノロッドと近赤外レーザー光を用いたリンパ節転移治療法の開発.日本機械学会第27回バイオエンジニアリング講演会,講演論文集279-280頁,2015年1月9日-10日(新潟)[口頭発表]

大内友貴,邵楽南,松木大輔,阪本真弥,森士朗,小玉哲也.リンパ節切除にともなう肺転移を阻害する薬剤送達法の開発.日本機械学会第27回バイオエンジニアリング講演会,講演論文集281-282頁,2015年1月9日-10日(新潟)
[口頭発表]

吉羽正太,加藤茂樹,白井優子,寺川貴樹,森士朗,小玉哲也.ナノ・マイクロバブルと超音波を用いた疑似転移リンパ節への薬剤送達法の開発.日本機械学会第27回バイオエンジニアリング講演会,講演論文集283-284頁,2015年1月9日-10日(新潟)[口頭発表]

武田航,大内友貴,森士朗,小玉哲也.間質液圧を用いたリンパ節転移早期診断法の開発.日本機械学会第27回バイオエンジニアリング講演会,講演論文集349-350頁,2015年1月9日-10日(新潟)[口頭発表]

八巻哲平,柳沢ゆかり,阪本真弥,森士朗,小玉哲也.マイクロCTを用いた転移リンパ節内の血管構造解析.日本機械学会第27回バイオエンジニアリング講演会,講演論文集539-540頁,2015年1月9日-10日(新潟)[口頭発表]




2014

査読付論文

Fukumoto M, Amanuma T, Kuwahara Y, Shimura T, Suzuki M, Mori S, Kumamoto H, Saito Y, Ohkubo Y, Duan Z, Sano K, Oguchi T, Kainuma K, Usami S, Kinoshita K, Lee I, Fukumoto M.
Guanine nucleotide-binding protein 1 is one of the key molecules contributing to cancer cell radioresistance.
Cancer Sci. 2014 Oct;105(10):1351-9. ePub-PMID:25098609

Sato T, Mori S, Arai Y, Kodama T.
The combination of intralymphatic chemotherapy with ultrasound and nano-/microbubbles is efficient in the treatment of experimental tumors in mouse lymph nodes.
Ultrasound Med Biol. 2014 Mar 19, 40(6):1237-1249. ePub-PMID:24656719

Kuwahara Y, Mori M, Kitahara S, Fukumoto M, Ezaki T, Mori S, Echigo S, Ohkubo Y, Fukumoto M.
Targeting of tumor endothelial cells combining 2 Gy/day of X-ray with Everolimus is the effective modality for overcoming clinically relevant radioresistant tumors.
Cancer Med. 2014 Apr;3(2):310-21. ePub-PMID:24464839

Saito K, Mori S, Date F, Ono M.
Epigallocatechin gallate inhibits oxidative stress-induced DNA damage and apoptosis in MRL-Fas(lpr) mice with autoimmune sialadenitis via upregulation of heme oxygenase-1 and Bcl-2.
Autoimmunity. 2014 Feb;47(1):13-22. ePub-PMID:24392721



国際会議での発表

Noro K, Ito K, Yanagisawa Y, Sakamoto M, Mori S, Shiga K, Kodama T,Aoki T. Detecting Contrast Agents in Ultrasound Image Sequences for Tumor Diagnosis. Asia-Pacific Signal and Information Processing Asscoaition Annual Summit and Conference 2014, Dec 9-12, 2014, Angkor Wat, Cambodia. [口頭発表]

Ncapayi V, Oluwafemi OS, Songca SP, Kodama T. Optical and cytotoxicity properties of water soluble type II CdTe/CdSe nanoparticles synthesised via a green method. MRS Online Proceedings, Volume 1748, 2015. MRS Fall Meeting & Exhibit, Nov 30 - Dec 5, 2014, Boston, Massachusetts, USA. [口頭発表]

Ncapayi V, Oluwafemi OS, Songca SP, Kodama T. Optical and biological properties of highly fluorescent CdTe/CdSe nanoparticles synthesized via a facile green method. International Symposium on Macro- and Supra-Molecular Architectures and Materials, Nov 23-27, 2014, Emperors Palace Hotel, Johannesburg, South Africa. [口頭発表]

Matsuki D, Ouchi T, Mori S, Kodama T. Combined Application of Doxorubicin-Encapsulated Thermosensitive Liposomes and Photothermal Therapy for Treatment of Tumor-Bearing Lymph Nodes. 9th East Asian Consortium on Biomedical Engineering, Program: 12, Oct 11-12, 2014, National Cheng Kung University, Tainan, Taiwan. [口頭発表]

Takeda K, Ouchi T, Mori S, Kodama T. Diagnosis of Early-stage Lymph Node Metastasis using Interstitial Fluid Pressure. 9th East Asian Consortium on Biomedical Engineering, Program: 21, Oct 11-12, 2014, National Cheng Kung University, Tainan, Taiwan. [口頭発表]

Takeda K, Ouchi T, Kodama T. Evalution of Lymph Node Metastasis by Interstitual Fluid Pressure. Eleventh International Conference on Flow Dynamics, Program: 15, Oct 8-10, 2014, Sendai, Japan. [口頭発表]

Sugiura T, Okabe T, Okajima J, Komiya A, Victoria T, Kodama T, Maruyama S. Theoretical and Experimental Studies of Local Heating of Biomedical Tissue for Laser Therapy. Proceedings of the Fourteenth International Symposium on Advanced Fluid Information: 46, Oct 8-10, 2014, Sendai, Japan. [口頭発表]

Ncapayi V, Oluwafemi OS, Songca SP, Kodama T. Optical and imaging properties of water soluble typeII CdTe/CdSe nanoparticles synthesized via a green method. Second International Conference U6 consortium, Sep 5-10, 2014, Cape Peninsula University of Technology, Cape Town, South Africa. [口頭発表]

Kato S, Shirai Y, Morikawa H, Sakamoto M, Mori S, Kodama T. Novel antitumor therapy for tumor bearing lymph node by lymphatic administration and sonoporation. 9th International Workshop on Biomaterials in Interface Science, Program & Abstracts: 35, Aug 26-27, 2014, Zao, Miyagi, Japan. [口頭発表]

Ouchi T, Shao L, Matsuki D, Mori S, Kodama T. Development of liposomal drug for prevention of enhanced metastasis after sentinel lymph node removal. 9th International Workshop on Biomaterials in Interface Science, Program & Abstracts: 40, Aug 26-27, 2014, Zao, Miyagi, Japan. [口頭発表]

Kato S, Shirai I, Mori S, Kodama T. Treatment for Tumor-bearing Lymph Node by Lymphatic Administration with a Combination of Nano/Micro Bubbles and Ultrasound. Drug Discovery & Therapy World Congress 2014, Conference Program & List of Delegates: p2, Jun 16-19, 2014, Memorial Convention Center Boston, MA, USA.

「Oral Presentation Award」 受賞
Yamaki T, Yanagisawa Y, Kochi T, Mori S, Kodama T. Study of diagnosis of lymph node metastasis by microCT. Proceedings of 8th Student Workshop East Asia Consortium on Biomedical Engineering: 44-45, Mar 12-13, 2014, Aoba Memroial Hall, Aobayama Campus, Tohoku University, Japan.

Matsuki D, Ouchi T, Sato T, Mori S, Kodama T. Study of drug delivery to secondary lymph nodes via sentinel lymph nodes. Proceedings of 8th Student Workshop East Asia Consortium on Biomedical Engineering: 48-49, Mar 12-13, 2014, Aoba Memroial Hall, Aobayama Campus, Tohoku University, Japan.

「Oral Presentation Award」 受賞
Kato S, Shirai I, Mori S, Kodama T. Inhibition of tumor growth in lymph nodes by lymphatic administration od frugs and nano/microbubbles with ultrasound exposure. Proceedings of 8th Student Workshop East Asia Consortium on Biomedical Engineering: 62-63, Mar 12-13, 2014, Aoba Memroial Hall, Aobayama Campus, Tohoku University, Japan.

Ouchi T, Lenan S, Matsuki D, Sato, T, Mori S, Kodama T. Development of drug delivery system to secondary lymph node after sentinel lymph node dissection. Molecular Mechanisms in Lymphatic Function & Disease (GRS), Program to Enhnace University’s Research Function Based on Its Speciality 2012-2015, MEXT, Japan. New Frontiers in Lymphatic Research, Mar 8-9, 2014, Renaissance Tuscany II Ciocco Resort, Lucca (Barga), Italy.

Yagishita Y, Mori S, Shao L, Li L, Takahashi T, Kodama T. Establishment of a lymph node metastasis model using recombinant inbred mice developing lymphnodepathy. Innovative Research for Biosis-Abiosis Intelligent Interface Symposium. Program and Abstract: 65. Program to Enhnace University’s Research Function Based on Its Speciality 2012-2015, MEXT, Japan. Jan 20-21, 2014. Tohoku University.

Ouchi T, Lenan S, Matsuki D, Sato T, Mori S, Kodama T. Development of drug delivery system to secondary lymph node after sentineal lymph node dissection. Innovative Research for Biosis-Abiosis Intelligent Interface Symposium. Program and Abstract: 100. Program to Enhnace University’s Research Function Based on Its Speciality 2012-2015, MEXT, Japan. Jan 20-21, 2014. Tohoku University.

Matsuki D, Ouchi T, Dato T, Mori S, Kodama T. Study of drugs delivery to secondary lymph nodes via sentinel lymph nodes. Innovative Research for Biosis-Abiosis Intelligent Interface Symposium. Program and Abstract: 101. Program to Enhnace University’s Research Function Based on Its Speciality 2012-2015, MEXT, Japan. Jan 20-21, 2014. Tohoku University.




国内会議での発表

松木大輔,大内友貴,杉浦鉄宰,圓山重直,森士朗,小玉哲也.リンパ節転移治療におけるドキソルビシン封入温度感受性リポソームとフォトサーマル療法の併用.分子デリバリー研究会(2014年度研究会:物理と薬学のコラボレーション)抄録集17頁.2014年12月5日(慶應義塾大学) [口頭発表]

松浦景子,高木亮,柳沢ゆかり,吉澤晋,小玉哲也,梅村晋一郎.キャビテーション援用超音波加熱治療におけるエコー信号の非相関と病理学的観察による組織変性の解析.第13回日本超音波治療研究会(JSTU 2014),プログラム5頁.2014年11月15日(仙台) [口頭発表]

加藤茂樹,白井優子,森士朗,小玉哲也.リンパ管への薬剤投与とソノポレーションを組み合わせた担がんリンパ節治療.JSTU2014/超音波分子診断治療研究会共同セッション,プログラム19頁.2014年11月15日(仙台)[口頭発表]

堀江佐知子,鈴木康弘,小林美穂,小玉哲也,佐藤靖史.音響性リポソームと超音波を用いたVasohibin-1遺伝子導入による抗血管新生効果の評価.JSTU2014/超音波分子診断治療研究会共同セッション,プログラム20頁.2014年11月15日(仙台) [口頭発表]

坂田直昭,Sax Nicolas,小玉哲也,海野倫明.膵島移植における超音波検査の有効性.第13回日本超音波治療研究会(JSTU 2014),プログラム23頁.2014年11月15日(仙台) [口頭発表]

大内友貴,松木大輔,阪本真弥,森士朗,小玉哲也.センチネルリンパ節切除後の二次リンパ節転移を予防する薬剤送達法の開発.第73回日本癌学会学術総会,プログラム156頁.2014年9月25日-27日(パシフィコ横浜) [口頭発表]

白井優子,佐藤琢磨,阪本真弥,森士朗,小玉哲也.転移リンパ節に対する超音波と微小気泡を利用したリンパ行性薬剤送達法の開発.第73回日本癌学会学術総会,プログラム296頁.2014年9月25日-27日(パシフィコ横浜) [ポスター]

八巻哲平,柳沢ゆかり,阪本真弥,森士朗,志賀清人,小玉哲也.マイクロCTを用いた転移リンパ節内の血管構造解析.第73回日本癌学会学術総会,プログラム113頁.2014年9月25日-27日(パシフィコ横浜) [ポスター]

柳沢ゆかり,八巻哲平,志賀清人,阪本真弥,森士朗,小玉哲也.マイクロCTを用いた転移リンパ節内血管構造解析に関する研究.第73回日本癌学会学術総会,プログラム113頁.2014年9月25日-27日(パシフィコ横浜) [ポスター]

堀江佐知子,鈴木康弘,小林美穂,小玉哲也,佐藤靖史.抗血管新生効果におけるVasohibin-1AとVasohibin-1Bの役割.第73回日本癌学会学術総会,プログラム113頁.2014年9月25日-27日(パシフィコ横浜) [ポスター]

松木大輔,大内友貴,阪本真弥,森士朗,小玉哲也.リンパ節転移治療におけるドキソルビシン封入温度感受性リポソームと光熱療法の併用.第73回日本癌学会学術総会,プログラム140頁.2014年9月25日-27日(パシフィコ横浜) [ポスター]

加藤茂樹,白井優子,森士朗,小玉哲也.リンパ行性薬剤投与とソノポレーションによる腫瘍リンパ節の治療.日本機械学会2014年度年次大会,DVD論文集No.14-1: J0260103.2014年9月7日-10日(東京電機大学) [口頭発表]

大内友貴,邵楽南,松木大輔,加藤茂樹,森士朗,小玉哲也.センチネルリンパ節切除による転移誘導を予防する薬剤送達法の開発.第30回日本DDS学会学術集会,プログラム予稿集154頁.2014年7月30日-31日(慶應義塾大学) [口頭発表]

白井優子,加藤茂樹,佐藤琢磨,森士朗,小玉哲也.転移リンパ節に対する超音波と微小気泡を利用したリンパ行性薬剤送達法の開発.第30回日本DDS学会学術集会,プログラム予稿集155頁.2014年7月30日-31日(慶應義塾大学) [口頭発表]

柳沢ゆかり,野呂和正,伊藤康一,清水良央,森士朗,小玉哲也.マイクロCTを用いた転移リンパ節内血管構造解析に関する研究.第30回日本DDS学会学術集会,プログラム予稿集182頁.2014年7月30日-31日(慶應義塾大学) [口頭発表]

加藤茂樹,白井優子,森士朗, 小玉哲也. リンパ行性薬剤投与とソノポレーションによる腫瘍リンパ節の治療法開発.第53回日本生体医工学会大会, 論文集CD-R(No. O3-08-2).2014年6月24日-26日(仙台国際センター) [口頭発表]

菅崎弘幸, 篠原文明, 加治屋幹人, 小玉哲也.細胞膜透過性ペプチド7R-ETGEによる骨破壊性疾患の阻止. 第26回日本機械学会バイオエンジニアリング講演会,講演論文集253-254頁.2014年1月11日-12日(東北大学) [口頭発表]

堀江佐知子, 小林美穂, 鈴木康弘, 小玉哲也, 佐藤靖史.ナノ・マイクロバブルと超音波を用いたVasohibin-1遺伝子導入による抗腫瘍効果の評価.第26回日本機械学会バイオエンジニアリング講演会,講演論文集257-258頁.2014年1月11日-12日(東北大学) [口頭発表]

大内友貴, 邵楽南, 加藤茂樹, 白井優子, 佐藤琢磨, 阪本真弥, 森川秀広, 森士朗, 小玉哲也.リンパ節郭清後の二次リンパ節転移への薬剤送達法の開発.第26回日本機械学会バイオエンジニアリング講演会,講演論文集259-260頁.2014年1月11日-12日(東北大学) [口頭発表]

竹村知晃, 佐藤琢磨, 加藤茂樹, 阪本真弥, 森士朗, 荒井陽一, 小玉哲也. 造影高周波超音波を用いた血管イメージングの初期リンパ節転移早期診断への応用. 第26回日本機械学会バイオエンジニアリング講演会,講演論文集307-308頁. 2014年1月11日-12日(東北大学) [口頭発表]




2013

査読付論文

Kochi T, Imai Y, Takeda A, Watanabe Y, Mori S, Tachi M, Kodama T.
Characterization of the Arterial Anatomy of the Murine Hindlimb: Functional Role in the Design and Understanding of Ischemia Models.
PLoS One. 2013 Dec 30;8(12):e84047.ePub-PMID:24386328

Sakata N, Yoshimatsu G, Tsuchiya H, Aoki T, Mizuma M, Motoi F, Katayose Y, Kodama T, Egawa S, Unno M.
Imaging of transplanted islets by positron emission tomography, magnetic resonance imaging, and ultrasonography.
Islets. 2013 Nov 14;5(5):179-87. ePub-PMID: 24231367

Okuno T, Kato S, Hatakeyama Y, Okajima J, Maruyama S, Sakamoto M, Mori S, Kodama T.
Photothermal therapy of tumors in lymph nodes using gold nanorods and near-infrared laser light.
J Control Release. 2013 Oct 19, 172(3): 879-884. ePub-PMID: 24144919

Horie S, Chen R. Li L, Mori S, Kodama T.
Contrast-enhanced high-frequency ultrasound imaging of early stage liver metastasis in a preclinical mouse model.
Cancer Lett. 2013 Oct 10;339(2):208-13. ePub- PMID: 23791880

Kanzaki H, Shinohara F, Kajiya M, Kodama T.
The Keap1/Nrf2 Axis Plays A Role In Osteoclast Differentiation By Regulating Intracellular ROS Signaling.
J Biol Chem. 2013 Aug 9;288(32):23009-20. ePub-PMID: 23801334

Li L, Mori S, Kodama M, Sakamoto M, Takahashi S, Kodama T.
Enhanced sonographic imaging to diagnose lymph node metastasis: importance of blood vessel volume and density.
Cancer Res. 2013; 73(7): 2082-2092. Jan 18. ePub- PMID: 23333937

Saito K, Mori S, Date F, Ono M.
Sjögren's syndrome-like autoimmune sialadenitis in MRL-Faslpr mice is associated with expression of glucocorticoid-induced TNF receptor-related protein (GITR) ligand and 4-1BB ligand.
Autoimmunity. 2013 Jun;46(4):231-7. ePub-PMID: 23301790

Nose M, Komori H, Miyazaki T, Mori S.
Genomics of vasculitis: lessons from mouse models.
Ann Vasc Dis. 2013;6(1):16-21. ePub-PMID: 23641278

Shao L, Mori S, Yagishita Y, Okuno T, Hatakeyama Y, Sato T, Kodama T.
Lymphatic mapping of mice with systemic lymphoproliferative disorder: Usefulness as an inter-lymph node metastasis model of cancer.
J Immunol Methods. 2013 Mar 29;389(1-2):69-78. ePub -PMID: 23328410

Li L, Mori S, Sakamoto M, Takahashi S, Kodama T.
Mouse model of lymph node metastasis via afferent lymphatic vessels for development of imaging modalities.
PLoS One. 2013;8(2):e55797. ePub-PMID:23405215

Sax N, Kodama T.
Optimization of acoustic liposomes for improved in vitro & in vivo stability.
Pharm Res. 2013 Jan;30(1):218-24. ePub-PMID: 22945302




国際会議での発表

「Oral Presenter Award」受賞
Kato S, Shirai Y, Mori S, Kodama T. Enhnaced of fluorescent molecules into the lymph node via the lymphatic vessel with nano/micro bubbles and ultrasound. Ths 7th International Workshop on Biomaterials in Interface Science. Innovative Research for Biosis-Abiosis Intelligent Interface Summer Seminar 2013. August 29-30, 2013, Sansa-tei, Zao, Miyagi, Japan. [口頭発表]

Yanagisawa Y, Ito K, Noro K, Aoki T, Mori S, Kodama T. Development of contrast-enhanced high-frequency ultrasound for early diagnosis of tumor. The 6th East Asian Pacific Student Workshop on Nano-Biomedical Engineering, pp. 14-15. March 23-24, 2013, Engineering Auditorium (EA), National University of Singapore. [口頭発表]

「Oral Presenter Award」受賞
Hasegawa N, Kodama T, Sato T, Kochi T, Mori S. Early diagnosis of lymph node metastasis. The 6th East Asian Pacific Student Workshop on Nano-Biomedical Engineering, pp. 24-25. March 23-24, 2013, Engineering Auditorium (EA), National University of Singapore. [口頭発表]

Shirai Y, Kato S, Kanzaki H, Mori S, Kodama T. Molecualr delivery into lymph nodes using ultrasound and nano bubbles. The 6th East Asian Pacific Student Workshop on Nano-Biomedical Engineering, pp. 68-69. March 23-24, 2013, Engineering Auditorium (EA), National University of Singapore. [口頭発表]



国内会議での発表

小玉哲也.リンパ節転移の超早期の診断・治療法の開発.東北大学電気・情報東京フォーラム2013. 2013年11月21日(学術総合センター, 東京)[ポスター]

「Young Endourologist Award」受賞
佐藤琢磨.リンパ節担がんマウスに対する超音波と微小気泡をもちいた抗がん剤治療に関する研究.第27回日本泌尿器内視鏡学会総会.2013年11月7日-9日(ウェスティンナゴヤキャッスル)[ポスター]

三浦由宣,三ヶ田護,阪本真弥,森士朗,小玉哲也.リンパ節転移早期診断のための間質液圧特性に関する研究.第72回日本癌学会学術総会,プログラム328頁. 2013年10月3日-5日(パシフィコ横浜)[ポスター]

佐藤琢磨,阪本真弥,森士朗, 荒井陽一, 小玉哲也.リンパ節癌細胞移植マウスに対する超音波およびナノマイクロバブルをもちいたドラッグデリバリーに関する研究.第72回日本癌学会学術総会,プログラム328頁. 2013年10月3日-5日(パシフィコ横浜)[ポスター]

堀江佐知子,鈴木康弘, 小林美穂, 小玉哲也, 佐藤靖史.スプライシングバリアントVasohibin-1B の抗腫瘍効果.第72回日本癌学会学術総会,プログラム328頁. 2013年10月3日-5日(パシフィコ横浜)[口頭発表]

「優秀講演発表賞」受賞
柳下陽子.ナノバブルと高周波超音波による微小リンパ節転移画像診断法の検討.第58回日本口腔外科学科総会・学術大会.2013年10月1日(マリンメッセ福岡)

白井優子, 加藤茂樹, 菅崎弘幸, 森士朗, 小玉哲也.超音波とナノバブルを利用したリンパ節への分子導入法の開発.日本機械学会2013年度年次大会,DVD論文集(DVD-ROM No.13-1).2013年9月8日-11日(岡山大学)[口頭発表]

畠山友梨子, 加藤茂樹, 阪本真弥, 森士朗, 小玉哲也.リンパ行性薬剤送達法におけるリンパ管内の薬剤動態の観察.日本機械学会2013年度年次大会,DVD論文集(DVD-ROM No.13-1).2013年9月8日-11日(岡山大学)[口頭発表]

野呂和正, 柳沢ゆかり, 伊藤康一, 阪本真弥, 森士朗, 志賀清人, 小玉哲也, 青木孝文.超音波画像診断のための高精度造影剤検出手法の検討.平成25年度電気関係学会東北支部連合大会.2013年8月22日-23日(会津大学)[口頭発表]

野呂和正, 柳沢ゆかり, 伊藤康一, 阪本真弥, 森士朗, 志賀清人, 小玉哲也, 青木孝文.超音波画像診断のための造影剤検出手法とその性能評価.精密工学会画像応用技術専門委員会,サマーセミナー.2013年8月19日-20日(山梨県石和温泉郷 石和びゅーほてる)[口頭発表]

伊藤康一,野呂和正,柳沢ゆかり,阪本真弥,森士朗,志賀清人,小玉哲也,青木孝文.超音波画像診断のための高精度造影剤検出手法の検討.電子情報通信学会医用画像研究会. 2013年7月18日-19日(東北大学)[口頭発表]

小玉哲也.リンパ節転移モデルマウスとドラッグデリバリーシステム.第29回日本DDS学会,プログラム予稿集89頁. 2013年7月4日-5日(京都)[招待講演]

三ヶ田護, Sax N, 阪本真弥, 森士朗, 小玉哲也.ERP効果による近赤外線蛍光粒子封リポソームの腫瘍集積性に関する研究.第29回日本DDS学会, プログラム予稿集135頁. 2013年7月4日-5日(京都)[口頭発表]

竹村知晃, 佐藤琢磨, 加藤茂樹, 阪本真弥, 森士朗, 荒井陽一, 小玉哲也.造影高周波超音波を用いた初期リンパ節転移早期診断法の検討.日本超音波医学会第86回学術集会プログラム・講演抄録集438頁.2013年5月24日-26日(大阪)[口頭発表]

佐藤琢磨, 竹村知晃, 加藤茂樹, 森士朗, 荒井陽一, 小玉哲也.転移リンパ節モデルへの微小気泡と超音波をもちいたドラッグデリバリーに関する研究.日本超音波医学会第86回学術集会プログラム・講演抄録集S441頁.2013年5月24日-26日(大阪)[口頭発表]

的場あつ子,城戸幹太, 水田健太郎, 小玉哲也, 正木英二.ナノバブルと超音波を用いたGNDF遺伝子導入が術後疼痛に及ぼす影響.日本麻酔科学会第60回学術集会.2013年5月23日-25日(札幌)[ポスター]

加藤茂樹,白井優子,佐藤琢磨,菅崎弘幸,本園千尋, 宮澤正顯, 森士朗, 小玉哲也.超音波と微小気泡によるリンパ管を介したリンパ節内細胞への外来分子導入法の開発.日本超音波医学会東北地方会第45回学術集会プログラム・抄録集14頁. 2013年3月10日(仙台市情報・産業プラザ)[口頭発表]

奥野竜希,加藤茂樹, 畠山友梨子, 阪本真弥, 森士朗, 小玉哲也.金ナノロッドを利用した局所的熱療法のリンパ節転移治療への応用.日本機械学会 第25回バイオエンジニアリング講演会講演論文集91-92頁.2013年1月9日-11日(産業技術総合研究所 つくばセンター)[口頭発表]




2012

国際会議での発表

Hatakeyama Y, Sax N, Kato S, Okuno T, Sakamoto M, Nori S, Kodama T. Pressure-driven flow characteristics in the lymphatic vessel for lymphatic drug delivery system. The 9th International Conference on Flow Dynamics, Proceedings: 398-399, Sep 19-21, 2012, Hotel Metroplotan Sendai, Japan. [口頭発表]

Kato S, Sax N, Hatakeyama Y, Okuno T, Mori S, Sakamoto M, Kodama T. Cancer treatment via the lymphatic vessel using nano/microbubbles. The 9th International Conference on Flow Dynamics, Proceedings: 400-401, Sep 19-21, 2012, Hotel Metroplotan Sendai, Japan. [口頭発表]

Okuno T, Kato S, Hatakeyama Y, Sato T, Sakamoto M, Mori S, Kodama T. Thermal therapy using plasmonic nano particles for lymph node metastasis. The 9th International Conference on Flow Dynamics, Proceedings: 402-403, Sep 19-21, 2012, Hotel Metroplotan Sendai, Japan. [口頭発表]

Kato S, Horie S, Sakamoto M, Mori S, Kodama T. Drug delivery system with acoustic liposomes via the lymphatic vessels. The 8th International Symposium on Cavitation, Abstract p5, Aug 13-16, 2012, Singapore. [口頭発表]

Tomita Y, Tanaka S, Okada A, Kodama T. Characteristics of Sonazoid destruction and bubble motion caused by focused ultrasound. The 8th International Symposium on Cavitation, Abstract p41, Aug 13-16, 2012, Singapore. [口頭発表]

Kanzaki H, Kajiya M, Kodama T. Nrf2 negatively regulates osteoclast differentiation. IADR, General Session, Iguacu Falls, Brazil, Jun 20-23, 2012. J Dent Res 91 (Spec Iss B):1598, 2012. [ポスター]

Hatakeyama Y, Kodama T. Fluid dynamics in the afferent lymphatic. International Symposium of Biomedical Engineering. Tohoku. Jun 14-15, 2012. [口頭発表]

Kato S, Kodama T. Drug delivery system with acoustic liposomes via the lymphatic vessels. International Symposium of Biomedical Engineering. Tohoku. Jun 14-15, 2012. [口頭発表]

Okuno T, Kodama T. Plasmonic photo-thermal therapy for lymph node metastasis. International Symposium of Biomedical Engineering. Tohoku. Jun 14-15, 2012. [口頭発表]

Sax N, Kodama T. Biophysical characteristics of acoustic liposome. International Symposium of Biomedical Engineering. Tohoku. Jun 14-15, 2012. [口頭発表]

Hatakeyama Y, Sax N, Li L, Kato S, Okuno T, Miura Y, Shao L, Sakamoto M, Mori S, Fujikawa S, Kodama T. Flow characteristics of the lymphatic flow to the axillary lymph node driven by increasing pressures in the inguinal lymph node. Medical Physics and Biomedical Engineering in Beijing, China, May 26-31, 2012. p149. [口頭発表]

Shao L, Okuno T, Hatakeyama Y, Kato S, Mori S, Kodama T. Lymphatic network mapping in a novel lymph node metastasis model of mice. Medical Physics and Biomedical Engineering in Beijing, China, May 26-31, 2012. p179. [ポスター]

Sax N, Horie S, Li L, Li S, Kochi T, Chen R, Watanabe Y, Yagishita Y, Sakamoto M, Mori S, Kodam T. Effects of the liposomal formuilation on the behavior and physical characteristics of acoustic liposomes. The 19th International Symposium on Nonliner Acoustics, Program and Abstracts, p51. May 21-24, 2012, Waseda University, Tokyo, Japan. [口頭発表]

Choi MJ, Kang G, Kodama T, Coleman AJ. Ultrasonic standing wave patterns in a petri-dish. The acoustics 2012 Hong Hong Conference (163rd meeting of ASA, 8th ASC, 11th WESPAC, HKIOA), p3364, May 13-18, 2012, Hong Kong, China. [口頭発表]

Kodama T. Application of nano/microbubbles and ultrasound to nanomedicine. Apr 9, 2012, Tonji Hospital, Wuhan, China. [招待講演]

Kato S, Sax N, Horie S, Sato T, Kochi T, Hatakeyama Y, Okuno T, Mori S, Kodama T. Development of drug delivery system via lymphatics using ultrasound and nano/micro Bubbles. 6th International Symposium on Medical, Bio- and Nano-Electronics, Book of Abstract: 32-33, Sendai, Japan. Mar 8, 2012. [ポスター]

Okuno T, Horie S, Sax N, Kochi T, Sato T, Kato S, Hatakeyama Y, Mori S, Kodama T. Delivery of Gold Nanorods via a Single Lymphatic Vessel. 6th International Symposium on Medical, Bio- and Nano-Electronics, Book of Abstract: 34-35, Sendai, Japan. Mar 8, 2012. [ポスター]

Hatakeyama Y, Sax N, Kato S, Okuno T, Kochi T, Sato T, Mori S, Kodama T. Real-time Observation of Lymphatic Flow Characteristics. 6th International Symposium on Medical, Bio- and Nano-Electronics, Book of Abstract: 36-37, Sendai, Japan. Mar 8, 2012. [ポスター]

Sax N, Kodama T. Optimization of Acoustic Liposomes for improved in vivo stability. 6th International Symposium on Medical, Bio- and Nano-Electronics, Book of Abstract: 38-39, Sendai, Japan. Mar 8, 2012. [ポスター]


国内会議での発表

古本祥三,小玉哲也,佐々木啓一,谷内一彦.バイオマテリアル研究におけるPETイメージングの可能性.日本バイオマテリアル学会大会シンポジウム2012.2012年11月26日-27日(仙台国際センター)[口頭発表]

奥野竜希,長谷川奈保, 畠山友梨子,加藤茂樹,阪本真弥, 森士朗, 小玉哲也.プラズモン共鳴を利用した局所的熱療法のリンパ節転移治療への応用.日本バイオマテリアル学会大会シンポジウム2012. 予稿集446頁.2012年11月26日-27日(仙台国際センター)[ポスター]

冨田幸雄, 松浦俊彦, 田仲慈訓, 岡田昭, 小玉哲也.集束超音波とソナゾイドの干渉による気泡のダイナミックスと寒天ゲル表面の微視的観察.第16回キャビテーションに関するシンポジウム.2012年11月23日-24日(金沢工業大学)[口頭発表]

小玉哲也.ナノ・マイクロバブルと超音波を用いたドラッグデリバリーシステム.第26回日本泌尿器科内視鏡学会. プログラム91頁.2012年11月22日-24日(仙台国際センター)[招待講演]

小玉哲也.リンパ節転移モデルとその応用: ナノマイクロバブルと超音波を利用したドラッグデリバリー.2012年11月20日(筑波大学)[招待講演]

小玉哲也.気泡崩壊現象の解明とその遺伝子治療への応用.2012年11月8日-9日(大阪府立大学工学部)[招待講演]

小玉哲也.ナノ・マイクロバブルと超音波を用いた診断・治療システム.第20回翆嶂会.2012年10月13日-14日(宮城蔵王ロイヤルホテル)[招待講演]

Shao L, Okuno T, Hatakeyama Y, Kato S, Mori S, Kodama T. Lymphatic drainage routes mapping in a novel experimental lymph metastasis model of mice. 第71回日本癌学会学術総会,プログラム284頁. 2012年9月19日-21日(札幌)[口頭発表]

三浦由宣, 佐藤琢磨, 阪本真弥, 森士朗, 小玉哲也.乳がんにおける腫瘍周辺上皮組織リンパ管および血管分布に関する研究.第71回日本癌学会学術総会,プログラム326頁. 2012年9月19日-21日(札幌)[ポスター]

三ヶ田護, サックスニコラ, 阪本真弥, 森士朗, 小玉哲也.二光子顕微鏡をもちいたEPR効果による腫瘍内ナノ粒子流出特性の観察.第71回日本癌学会学術総会,プログラム328頁. 2012年9月19日-21日(札幌)[ポスター]

畠山 友梨子, 李麗, Sax Nicolas, 奥野竜希, 加藤茂樹, 阪本真弥, 森士朗, 小玉哲也.リンパ行性薬剤送達システムの開発.日本機械学会2012年度年次大会DVD論文集(DVD-ROM J026012).2012年9月9日-12日(金沢大学)[口頭発表]

三浦由宣, 畠山友梨子, 阪本真弥, 森士朗, 小玉哲也.腫瘍の成長にともなう鼠径リンパ節内の間質液圧特性に関する研究.日本機械学会2012年度年次大会DVD論文集(DVD-ROM J026013).2012年9月9日-12日(金沢大学)[口頭発表]

三ヶ田護, サックスニコラ, 阪本真弥, 森士朗, 小玉哲也.腫瘍移植とEPR効果に関する研究.日本機械学会2012年度年次大会DVD論文集(DVD-ROM J026014).2012年9月9日-12日(金沢大学)[口頭発表]

冨田幸雄, 田仲慈訓, 岡田昭, 小玉哲也.超音波作用による寒天近傍でのソナゾイドの破壊と気泡のダイナミックス.日本機械学会2012年度年次大会DVD論文集(DVD-ROM J026023).2012年9月9日-12日(金沢大学)[口頭発表]

奥野竜希, Sax Nicolas, 加藤茂樹, 畠山友梨子, 小玉哲也.金ナノロッドを用いたフォトサーマル療法のリンパ節転移への応用.第28回日本DDS学会プログラム予稿集137頁,2012年7月4日-5日(札幌コンベンションセンター)[口頭発表]

畠山友梨子, Sax Nicolas, 奥野竜希, 森士朗, 阪本真弥, 小玉哲也.リンパ行性薬剤送達システム開発のためのリンパ節およびリンパ管内の流動特性.第28回日本DDS学会プログラム予稿集143頁,2012年7月4日-5 日(札幌コンベンションセンター)[口頭発表]

小玉哲也.超音波とナノ・マイクロバブルを用いたDDS.第51回日本生体医工学会大会プログラム・抄録集122頁.2012年5月10日-12日(福岡国際会議場)[招待講演]

小玉哲也.Application of nano/microbubbles and ultrasound to nanomedicine. 第3回流体科学におけるバイオ・医療に関する講演会.2012年4月26日(東北大学流体科学研究所)[招待講演]

奥野竜希, 堀江佐知子, Sax Nicolas, 小玉哲也.近赤外線レーザー光とターゲット金ナノロッドを用いたリンパ節転移治療法の開発.日本機械学会 第24回バイオエンジニアリング部門講演会,CD-ROM 7E35. 2012年1月7日-8日(大阪大学基礎工学研究科)[口頭発表]

加藤茂樹,堀江佐知子,佐藤琢磨,小玉哲也.リンパ行性転移へのドラッグデリバリーシステム.日本機械学会 第24回バイオエンジニアリング部門講演会,CD-ROM 7E36.2012年1月7日-8日(大阪大学基礎工学研究科)[口頭発表]


2011

査読付論文

Kodama T, Tomita N, Yagishita Y, Horie S, Funamoto K, Hayase T, Sakamoto M, Mori S.
Volumetric and angiogenic evaluation of antitumor effects with acoustic liposome and high-frequency ultrasound.
Cancer Res. 2011 Nov 15;71(22):6957-64. Epub 2011 Oct 7. ePub-PMID:21983036

Horie S, Watanabe Y, Ono M, Mori S, Kodama T.
Evaluation of antitumor effects following tumor necrosis factor-α gene delivery using nanobubbles and ultrasound.
Cancer Sci. 2011 Nov;102(11):2082-9. doi: 10.1111/j.1349-7006.2011.02056.x. 2011 Sep 16.
ePub-PMID:21824220

Kobayashi K, Kodama T, Takahira H.
Shock wave-bubble interaction near soft and rigid boundaries during lithotripsy: numerical analysis by the improved ghost fluid method.
Phys Med Biol. 2011 Oct 7;56(19):6421-40. 2011 Sep 15. ePub-PMID:21918295

Sakata N, Kodama T, Chen R, Yoshimatsu G, Goto M, Egawa S, Unno M.
Monitoring transplanted islets by high-frequency ultrasound.
Islets. 2011 Sep-Oct;3(5):259-66. 2011 Sep 1. ePub-PMID:21795859

du Toit LC, Govender T, Pillay V, Choonara YE, Kodama T.
Investigating the effect of polymeric approaches on circulation time and physical properties of nanobubbles.
Pharm Res. 2011 Mar;28(3):494-504. 2010 Dec 23. ePub-PMID:21181551



国際会議での発表

Hatakeyama Y, Kodama T. Characteristics of the flow to the efferent lymphatic vessel upon increased pressure in the groin lymph node. Meeting of Bilateral Joint Projects with Korea, JSPS/NRF. Jeju National University. Sep 26-29, 2011. [口頭発表]

Kato S, Kodama T. Development of an exogeneous molecular delivery system into the lymph node via lymphatic vessel. Meeting of Bilateral Joint Projects with Korea, JSPS/NRF. Jeju National University. Sep 26-29, 2011. [口頭発表]

Okuno T, Kodama T. Treatment of lymph node metastasis with NIR-laser beams and nano partciles. Meeting of Bilateral Joint Projects with Korea, JSPS/NRF. Jeju National University. Sep 26-29, 2011. [口頭発表]

Sato S, Kodama T. Study of a highly accurate analysis technique with high frequency ultrasound. Meeting of Bilateral Joint Projects with Korea, JSPS/NRF. Jeju National University. Sep 26-29, 2011. [口頭発表]

Sakata N, Kodama T, Chen R, Yoshimatsu G, Goto M, Egawa S, Unno M. Ultrasonography examination can visualize transplanted islets and reveal the function of the islets. 13th World Congress of IPITA (International Pancreas & amp; Islet Transplant Association), Jun 1-4, 2011, Praha, Czech Republic. Transplantation Proceedings.2011; 43(9): 3155. [口頭発表]


国内会議での発表

坂田直昭, 小玉哲也, 陳鋭, 吉松軍平, 後藤昌史, 江川新一, 海野倫明.移植膵島生着に対する超音波検査の有効性.第47回日本移植学会総会.2011年11月4日-6日(仙台国際センター)[口頭発表]

畠山友梨子,李麗,Sax Nicolas, 阪本真弥,森士朗,小玉 哲也.鼠径リンパ節内の圧力上昇にともなう輸出リンパ管への流出特性.第70回日本癌学会学術総会,予稿集127頁,2011年10月3日-5日(名古屋国際会議場)[ポスター]

畠山友梨子,小玉哲也.鼠径リンパ節内の圧力上昇にともなう輸出リンパ管への流出特性.日本機械学会2011年度年次大会,DVD-ROM (No.11-1),2011年9月11日-14日(東京工業大学)[口頭発表]

冨田幸雄,田仲慈訓,小玉哲也.集束超音波によるソナゾイドの破壊と気泡生成.日本機械学会2011年度年次大会,DVD-ROM (No.11-1),2011年9月11日-14日(東京工業大学)[口頭発表]

渡邊夕紀子,森士朗,堀江佐知子,Sax Nicolas,李麗,李深偉,柳下陽子,髙地崇,船木善仁,菊池洋平,山崎浩道,石井慶造,阪本真弥,宮下仁,小玉哲也.頭頸部癌遺伝子治療に向けたナノバブルと超音波によるNIS 遺伝子導入と124I-PET イメージング.第35回日本頭頸部癌学会,頭頸部癌2011 vol.37 No.2 総会号234項,2011年6月9日-10日(愛知県産業労働センター)[口頭発表]

李麗,森士朗,柳下陽子, Sax Nicolas, 堀江佐知子, 渡邊夕紀子, 高地崇, 李深偉, 宮下仁, 森川秀広, 阪本真弥, 小玉哲也,頭頸部癌所属リンパ節転移の診断・治療に向けたリンパ節腫大マウスを用いたリンパ節転移モデルの開発.第35回日本頭頸部癌学会,頭頸部癌2011 vol.37 No.2 総会号274項,2011年6月9日-10日(愛知県産業労働センター)[口頭発表]

渡邊夕紀子, 堀江佐知子, 船木善仁, 菊池洋平, 山崎浩道, 石井慶造, 森士朗, 小玉哲也.超音波とナノバブルを使用した遺伝子導入法およびPETを使用した遺伝子発現の可視化法の開発.第49回日本生体医工学会大会プログラム・抄録集83頁,2011年4月29日(東京電気大学)[口頭発表]

小玉哲也.ナノバブルと超音波を使用した分子導入法とPETによる分子イメージング.第27回日本DDS学会プログラム予稿集.268頁,2011年4月29日(東京大学本郷キャンパス)[招待講演]

坂田直昭, 小玉哲也, 陳鋭, 吉松軍平, 後藤昌史, 江川新一, 海野倫明.超音波検査による移植膵島の機能評価.第38回日本膵・膵島移植研究会,2011年3月4日(奈良県新公会堂)[口頭発表]

小玉哲也.気泡と波動の,私の医工学研究.東北大学形成外科同門会,2011年2月19日(東北大学医学部)[招待講演]


2010

査読付論文

Horie S, Watanabe Y, Chen R, Mori S, Matsumura Y, Kodama T.
Development of localized gene delivery using a dual-intensity ultrasound system in the bladder.
Ultrasound Med Biol. 2010 Nov;36(11):1867-75. 2010 Sep 26. ePub-PMID:20870350

Fujisawa S, Arakawa H, Suzuki R, Maruyama K, Kodama T, Yasunaga M, Koga Y, Matsumura Y.
Optimum conditions of ultrasound-mediated destruction of bubble liposome for siRNA transfer in bladder cancer.
Ther Deliv. 2010 Aug;1(2):247-55. ePub-PMID:22816131

Koshiyama K, Yano T, Kodama T.
Self-organization of a stable pore structure in a phospholipid bilayer.
Phys Rev Lett. 2010 Jul 2;105(1):018105. 2010 Jul 2. ePub-PMID:20867485

Kodama T, Aoi A, Watanabe Y, Horie S, Kodama M, Li L, Chen R, Teramoto N, Morikawa H, Mori S, Fukumoto M.
Evaluation of transfection efficiency in skeletal muscle using nano/microbubbles and ultrasound.
Ultrasound Med Biol. 2010 Jul;36(7):1196-205. ePub-PMID:20620706

冨田幸雄, 打越亮介, 稲葉拓也, 小玉哲也.
超音波の作用によるマイクロバブルの破壊とキャビテーション気泡の生成.
混相流, 24巻2号, 162-168頁 (2010-6).

Watanabe Y, Horie S, Funaki Y, Kikuchi Y, Yamazaki H, Ishii K, Mori S, Vassaux G, Kodama T.
Delivery of Na/I symporter gene into skeletal muscle using nanobubbles and ultrasound:
visualization of gene expression by PET.
J Nucl Med. 2010 Jun;51(6):951-8. 2010 May 19. ePub-PMID:20484436

Kodama T, Tomita N, Horie S, Sax N, Iwasaki H, Suzuki R, Maruyama K, Mori S, Manabu F.
Morphological study of acoustic liposomes using transmission electron microscopy.
J Electron Microsc (Tokyo). 2010;59(3):187-96. 2009 Nov 11. ePub-PMID:19906662


国際会議での発表

Watanabe Y, Horie S, Funaki Y, Kikuchi Y, Yamazaki H, Ishii K, Mori S, Vassaux G, Kodama T. PET visualization of Na/I symporter gene expression after delivery by nanobubbles and ultrasound. 2010 World Molecular Imaging Congress, Program Book: 42, Sep 8-11, 2010,Kyoto, Japan. [口頭発表]

Horie S, Watanabe Y, Yagishita Y, Nicolas S, Chen R, Li L, Kojima T, Sakamoto M, Ono M, Mori S, Kodama T. Longitudinal three-dimensional noninvasive imaging analysis and quantification of anti-tumor effects of TNF-alpha gene for small tumor. 2010 World Molecular Imaging Congress, Program Book p56, Sep 8-11, 2010,Kyoto, Japan. [ポスター]

Horie S, Watanabe Y, Chen R, Mori S, Matsumura Y, Kodama T. Targeted gene delivery using nanobubble and ultrasound. The 5th International Symposium on Medical, Bio- and Nano-Electronics, Book of Abstract: 115-116, Feb 24-25, 2010, Sendai, Japan. [口頭発表]

Watanabe Y, Horie S, Funaki Y, Kikuchi Y, HYamazaki H, Ishii K, Mori S, Kodama T. PET imaging of Na/I symporter gene expression induced by nanobubbles and ultrasound. The 5th International Symposium on Medical, Bio- and Nano-Electronics, Book of Abstract: 111-112, Feb 24-25, 2010, Sendai, Japan. [ポスター]

Chen R, Watanabe Y, Li L, Horie S, Mori S, Fukumoto M, Kodama T. Observation for angiogenesis of liver metastases in preclinical models. The 5th International Symposium on Medical, Bio- and Nano-Electronics, Book of Abstract: 113-114, Feb 24-25, 2010, Sendai, Japan. [ポスター]

Li L, Horie S, Chen R, Watanabe Y, Baba T, Sax N, Sakamoto M, Mori S, Takahashi S, Kodama T. Four-dimensional high-frequency ultrasound imaging system for early detection of lymph node micro-metastasis. The 5th International Symposium on Medical, Bio- and Nano-Electronics, Book of Abstract: 157-158. Feb 24-25, 2010, Sendai, Japan. [ポスター]

Sax N, Horie S, Li L, Chen R, Watanabe Y, Mori S, Kodama T. TEM observation and analysis of echogenic nano-bubbles. The 5th International Symposium on Medical, Bio- and Nano-Electronics, Book of Abstract: 159-160, Feb 24-25, 2010, Sendai, Japan. [ポスター]

Yagishita Y, Takata Y, Ohki K, Miyashita H, Morikawa H, Sakamoto M, Mori S,Kawamura H , Kodama T. Volumetric and angiogenetic imaging system by using nanobubbles and high-frequency ultrasound for evaluation of the antitumor effect by cisplatin. The 5th International Symposium on Medical, Bio- and Nano-Electronics, Book of Abstract: 161-162. Feb 24-25, 2010, Sendai, Japan. [ポスター]

Kodama T. Transfection efficiency in skeletal muscle by using sonoporation. 12th International Symposium on advanced Biomedical ultrasound, Feb 23, 2010, Tohoku University, Sendai, Japan. [口頭発表]

Li L, Chen R, Horie S, Watanabe Y, Baba T, Sax N, Sakamoto M, Mori S, Takahashi S, Kodama T. Ultrasound molecular imaging of lymph node metastasis with nano/microbubbles. International Symposium of AIDS and Tuberculosis (ISAT2010), Jan 13-14, 2010, Sendai, Japan. [口頭発表]

Sax N, Horie S, Li L, Chen R, Watanabe Y, Mori S, Kodama T. Physical characterization of acoustic liposomes. International Symposium of AIDS and Tuberculosis (ISAT2010), Jan 13-14, 2010, Sendai, Japan. [口頭発表]


国内会議での発表

堀江佐知子,小玉哲也.ナノバブルと 二重超音波を用いた膀胱がん治療の基礎研究.第15回キャビテーションシンポジウム,2010年11月22日-23日(大阪)[口頭発表]

冨田幸雄,下村文吾,皆川隆一郎,小玉哲也.集束超音波によるキャビテーションの生成と噴霧形成.第15回キャビテーションシンポジウム,2010年11月22日-23日(大阪)[口頭発表]

天野雅紀,志賀清人,加藤健吾,小川武則,小林俊光,小玉哲也,阪本真弥.マイクロバブル造影剤と超音波を用いた頭頸部癌症例の頸部リンパ節転移の検討.第48回日本癌治療学会学術集会プログラム179頁,2010年10月28日-30日(京都)[口頭発表]

大木宏介, 森士朗, 宮下仁, 川村仁, 小玉哲也.ナノ・マイクロバブルと超音波を用いた口腔癌の遺伝子治療法を想定した分子導入法の検討.第55回日本口腔外科学会プログラム・抄録集180頁,2010年10月16日-17日(東京)[口頭発表]

柳下陽子, 森士朗, 高田陽子, 大木宏介, 宮下仁, 森川秀広, 川村仁, 小玉哲也.口腔癌早期診断のためのナノバブルと高周波超音波による腫瘍血管構築画像の病理学的評価.第55回日本口腔外科学会プログラム・抄録集154頁,2010年10月16日-17日(東京)[口頭発表]

宮下仁, 森士朗, 柳下陽子, 高田陽子, 大木宏介, 川村仁, 森川秀広, 小玉哲也.ナノバブルと高周波超音波による腫瘍血管構築とVEGFの発現に関する分子学的検討.第55回日本口腔外科学会プログラム・抄録集155頁,2010年10月16日-17日(東京)[口頭発表]

佐藤祥太, 李麗, 柳下陽子, 阪本真弥, 高橋昭喜, 森士朗, 小玉哲也. マイクロバブルと高周波超音波を用いた三次元イメージング法による転移リンパ節の血管密度の評価.日本超音波医学会東北地方会第40回学術集会 プログラム・抄録集11頁,2010年9月26日(仙台)[口頭発表]

小島貴則, 藤川重雄, 小玉哲也.音響性リポソームの減衰特性における実験的かつ論理的解析.日本超音波医学会東北地方会第40回学術集会 プログラム・抄録集11頁,2010年9月26日(仙台)[口頭発表]

陳鋭, 李麗, 渡邊夕紀子, Sax Nicolas, 堀江佐知子, 柳下陽子, 森士朗, 福本学, 小玉哲也. 三次元高周波超音波およびナノバブルを用いた肝転移の非侵襲的観察.第69回日本癌学会学術総会,予稿集254頁,2010年9月22日-24日(大阪)[口頭発表]

小島貴則, 堀江佐知子, 渡邊夕紀子, 陳鋭, 李麗, 阪本真弥, 森士朗, 小玉哲也.膀胱がん治療に向けた二重超音波照射法の数値的至適化.第69回日本癌学会学術総会,予稿集285頁,2010年9月22日-24日(大阪)[ポスター]

藤澤優, 鈴木亮, 丸山一雄, 小玉哲也, 安永正浩, 古賀宣勝, 松村保広.表在性膀胱がんに対する膀胱内注入遺伝子治療.第69回日本癌学会学術総会,予稿集285頁,2010年9月22日-24日(大阪)[ポスター]

堀江佐知子, 渡邊夕紀子, 小島貴則, 陳鋭, 李麗, 柳下陽子, Sax Nicolas, 阪本真弥, 森士朗, 小玉哲也.ナノバブルと超音波を用いたTNF-a遺伝子導入による抗腫瘍効果の評価.第69回日本癌学会学術総会,予稿集322頁,2010年9月22日-24日(大阪)[ポスター]

渡邊夕紀子, 児玉栄一, 堀江佐知子, 髙地崇, Sax Nicolas, 柳下陽子, 陳鋭, 李麗, 服部俊夫, 森士朗, 小玉哲也.がん遺伝子治療に向けた新しいPETレポーター/治療遺伝子の開発.第69回日本癌学会学術総会,予稿集366頁,2010年9月22日-24日(大阪)[口頭発表]

陳鋭, 千葉美麗, 森士朗.In vivo detection of cancer metastases at an early stage by vessel density with ultrasound and nano/microbubbles. 第52回歯科基礎医学会学術大会・総会,プログラム集96頁,2010年9月20日-22日(タワーホール船堀,東京)[口頭発表]

Sax N, Horie S, Li L, Chen R ,Watanabe Y, Mori S, Sakamoto M, Kodama T. Developement and characterization of echogenic pogylated liposomes. 第26回日本DDS学会学術集会,プログラム予稿集288頁,2010年6月17日-18日(大阪国際交流センター)[口頭発表]

柳下陽子, 森士朗, 李麗, 渡邊夕紀子, 堀江佐知子, 陳鋭, 高田陽子, 川村仁, 森川秀広, 小玉哲也.ナノバブルと高周波超音波を用いた腫瘍血管構築法の開発.第26回日本DDS学会学術集会,プログラム予稿集299頁,2010年6月17日-18日(大阪国際交流センター)[口頭発表]

堀江佐知子, 渡邊夕紀子, 陳鋭, サックスニコラ, 李麗, 小野栄夫, 森士朗, 小玉哲也.ナノバブルと超音波を用いたTNF-α遺伝子導入による抗腫瘍効果の評価.第26回日本DDS学会学術集会,プログラム予稿集313頁,2010年6月17日-18日(大阪国際交流センター)[口頭発表]

藤澤優, 荒川寛茂, 安永正浩, 小玉哲也, 丸山一雄, 鈴木亮, 松村保広.表在性膀胱がんに対する再発防止法の開発.第26回日本DDS学会学術集会,プログラム予稿集335頁,2010年6月17日-18日(大阪国際交流センター)[ポスター]

陳鋭,森士朗, 千葉美麗, 福本学, 小玉哲也.歯肉癌の遺伝子治療のためのナノ・マイクロバブルと超音波を用いた分子導入法の検討.第34回日本頭頸部癌学会,頭頸部癌2010 vol.36 No.2 総会号183貢,2010年6月10日-11日(京王プラザホテル, 東京)[口頭発表]

柳下陽子, 森士朗, 李麗, 渡邊夕紀子, 堀江佐知子, 冨田典子, 陳鋭, 高田陽子, 大木宏介,宮下仁, 小玉瑞穂, 川村仁, 森川秀広, 小玉哲也.口腔癌早期診断のためのナノバブルと高周波超音波を用いた画像診断法に関する組織学的検討.第34回日本頭頸部癌学会,頭頸部癌2010 vol.36 No.2 総会号253貢,2010年6月10日-11日(京王プラザホテル, 東京)[ポスター]

志賀千鶴子, 渡辺隆紀, 小玉哲也, 鈴木義博, 三上秀光, 田村佳子.ソナゾイド造影超音波検査による乳癌の乳房内広がり診断.第7回日本乳癌学会東北地方会,2010年3月6日(仙台国際センター)[口頭発表]

小玉哲也.ナノバブルと超音波を用いた高周波超音波三次元画像診断・分子導入システムの開発.平成21年度厚生労働科学研究費研究成果等普及啓発事業 医療機器開発推進研究,ナノメディシン研究成果発表会要旨集39-40頁,2010年2月24日(財団法人がん研究振興財団 国際研究交流会館)[口頭発表]

船本健一, 早瀬敏幸, 小玉哲也.造影剤による超音波Bモード計測の輝度値の変動に基づく微小循環の可視化.日本機械学会第22回バイオエンジニアリング講演会,講演論文集376頁,2010年1月9日-10日(岡山理科大学)[口頭発表]


2009

査読付論文

Chen R, Chiba M, Mori S, Fukumoto M, Kodama T.
Periodontal gene transfer by ultrasound and nano/microbubbles.
J Dent Res. 2009 Nov;88(11):1008-13. ePub-PMID:19828888
「William J. Gies 賞」受賞

Kodama T, Tomita Y, Watanabe Y, Koshiyama K, Yano T, Fujikawa S.
Cavitation bubbles mediated molecular delivery during sonoporation.
Journal of Biomechanical Science and Engineering. 2009; 4: 124-140.

Suzuki R, Oda Y, Utoguchi N, Namai E, Taira Y, Okada N, Kadowaki N, Kodama T, Tachibana K, Maruyama K.
A novel strategy utilizing ultrasound for antigen delivery in dendritic cell-based cancer immunotherapy.
J Control Release. 2009 Feb 10;133(3):198-205. 2008 Oct 31. ePub-PMID:19000727



総説

柳下陽子,小玉哲也.音響性リポソームと超音波を利用した遺伝子薬物デリバリー.血管医学2009年, 10巻, 4号, 91-98頁.



国際会議での発表

Li L, Horie S, Chen R, Watanabe Y, Sakamoto M, Mori S, Takahashi S, Kodama T. Three-dimentional high-frequency ultrasound imaging for early diagnosis of lymph node metastasis combined with microbubbles. The 3rd East Asian Pacific Student Workshop on Nano-Biomedical Engineering, Dec 21-22, 2009, Engineering Auditorium, National University Of Singapore, Singapore. [口頭発表]

Tomita Y, Inaba T, Uchikoshi R, Kodama T. Microbubble Disruption by Ultrasound and Induced Cavitation Phenomena. The 7th International Symposium on Cavitation, Aug 17-22, 2009, Ann Arbor, Michigan, USA. [口頭発表]

Kodama T. Molecular delivery system by using nanobubbles and ultrasound. International Symposium on HIV/AIDS, Medicinal Plants and Geophagia, Advancing the frontiers of Research on HIV/AIDS, Medicinal Plants and Geophagia at Walter Sisulu University Health Resource Centre Mthatha, Jul 22-24, 2009, Eastern Cape, South Africa. [口頭発表]


国内会議での発表

宮下仁, 森士朗, 高田陽子, 大木宏介, 川村仁, 森川秀広, 小玉哲也.口腔癌治療のためのナノバブルと超音波を用いた抗腫瘍効果増強法に関する検討.日本口腔外科学会雑誌2009年総会特別号Vol.55.91頁,2009年10月9日-11日(札幌コンベンションセンター)[口頭発表]

森士朗, 高田陽子, 大木宏介, 宮下仁, 川村仁, 森川秀広, 小玉哲也.ナノバブルを用いた高周波超音波診断装置の遠隔地口腔癌診断への応用.日本口腔外科学会雑誌2009年総会特別号Vol.55.92頁,2009年10月9日-11日(札幌コンベンションセンター)[口頭発表]

大木宏介, 森士朗,高田陽子, 宮下仁, 川村仁, 森川秀広, 小玉哲也.ナノバブルと超音波を用いた高周波超音波診断装置による微小転移検出に関する検討.日本口腔外科学会雑誌2009年総会特別号Vol.55.91頁,2009年10月9日-11日(札幌コンベンションセンター)[口頭発表]

李麗, 堀江佐知子, 陳鋭, 渡邊夕紀子, 阪本真弥, 森士朗, 小玉哲也.A novel approach to early diagnosis of lymph node metastasis with ultrasonic molecular imaging(超音波分子イメージングによるリンパ節転移早期診断法の開発).第68回日本癌学会学術総会,Proceedings 462頁,2009年10月1日-3日(パシフィコ横浜)[ポスター]

藤澤優, 鈴木亮, 丸山一雄, 小玉哲也, 安永浩, 松村保広.Development of local gene therapy with ultrasound and bubble-liposome against superficial bladder cancer(表在性膀胱がんに対する膀胱内注入遺伝子療法).第68回日本癌学会学術総会,Proceedings 474頁,2009年10月1日-3日(パシフィコ横浜)[ポスター]

馬場泰輔, 澤井恒治, 小玉哲也, 一石英一郎.Gene Expression Profiles in Hemodialysis Patients: Risk of Carcinogenesis(発ガンリスクが高い血液透析患者の遺伝子発現解析).第68回日本癌学会学術総会,Proceedings 509頁,2009年10月1日-3日(パシフィコ横浜)[ポスター]

堀江佐知子, 渡邊夕紀子, 陳鋭, 李麗, 森士朗, 小玉哲也.表在性膀胱がんに対する薬剤送達法の開発.日本機械学会2009年度年次大会,講演論文集Vol.6.101-102頁,2009年9月13日-16日(岩手大学)[口頭発表]

陳鋭, 渡邊夕紀子, 堀江佐知子, 森士朗, 福本学, 小玉哲也.前臨床試験を目指した肝転移モデルの非侵襲的観察.日本機械学会2009年度年次大会,講演論文集Vol.6.117-118頁,2009年9月13日-16日(岩手大学)[口頭発表]

冨田幸雄, 打越亮介, 稲葉拓也, 小玉哲也.超音波の作用によるマイクロバブルの破壊とキャビテーション気泡の挙動.日本混相流学会 年会講演会2009,2009年8月7日-9日(熊本大学)[口頭発表]

小玉哲也.ナノバブルと高周波超音波を用いた血管抽出法の開発.第25回日本DDS学会,プログラム予稿集252頁,2009年7月3日-7日(東京ドームホテル)[口頭発表]

「ベストポスター賞」受賞
渡邊夕紀子, 堀江佐知子,陳鋭,李麗, 船木善仁, 菊地洋平, 酒巻学, 山崎浩道, 石井慶造, 森士朗, 小玉哲也.124Iを使用したNIS遺伝子発現イメージング法の開発:超音波とナノバブルを利用した遺伝子デリバリー.第25回日本DDS学会,プログラム予稿集364頁,2009年7月3日-7日(東京ドームホテル)[ポスター]

李麗, 堀江佐知子, 陳鋭, 渡邊夕紀子, 阪本真弥, 森士朗,高橋昭喜, 小玉哲也.ナノバブルを用いた超音波によるリンパ節転移早期診断システムの研究開発.第25回日本DDS学会,プログラム予稿集363頁,2009年7月3日-7日(東京ドームホテル)[ポスター]

李麗, 堀江佐知子, 陳鋭, 渡邊夕紀子, 森士朗, 阪本真弥, 小野栄夫,高橋昭喜, 小玉哲也.超音波分子イメージング法による新しいリンパ節転移早期診断法の開発.第6回東北大学バイオサイエンスシンポジウムおよび第14回学際ライフサイエンスシンポジウム,講演要旨集186頁,2009年6月16日(仙台国際センター)[ポスター]

堀江佐知子, 渡邊夕紀子, 陳鋭, 李麗, 森士朗, 小玉哲也.音響照射圧を用いたターゲッティング分子導入法の開発.第6回東北大学バイオサイエンスシンポジウムおよび第14回学際ライフサイエンスシンポジウム,講演要旨集205頁,2009年6月16日(仙台国際センター)[ポスター]

渡邊夕紀子, 堀江佐知子,陳鋭, 李麗, 船木善仁, 菊地洋平, 酒巻学, 山崎浩道, 石井慶造, 森士朗, 小玉哲也.ナノバブルと超音波を利用した遺伝子導入法:マウスを使用したPETによる遺伝子発現の可視化.第6回東北大学バイオサイエンスシンポジウムおよび第14回学際ライフサイエンスシンポジウム,講演要旨集212頁,2009年6月16日(仙台国際センター)[ポスター]

渡邊夕紀子, 小玉哲也.Visualization of NIS gene expression using Fine-PET. 第1回半導体PETカメラワークショップ/第1回住友重機PETカメラユーザーズミーティング,2009年4月25日 (千里ライフサイエンスセンタービル,大阪)[口頭発表]

堀江佐知子, 渡邊夕紀子,陳鋭, 李麗, 森士朗, 小玉哲也.表在性膀胱がんへの遺伝子治療法の開発.第48回日本生体医工学会大会,第47巻特別号プログラム・抄録集222頁,2009年4月23日-25日 (タワーホール船堀,東京)[口頭発表]

冨田幸雄,打越亮介, 稲葉拓也, 小玉哲也.超音波キャビテーションの発生とマイクロバブルの破壊に関する実験的研究.第14回キャビテーションに関するシンポジウム,2009年3月19日-20日(東北大学)[口頭発表]

李麗, 堀江佐知子, 陳鋭, 渡辺夕紀子, 阪本真弥, 高橋昭喜, 森士朗, 小玉哲也.リンパ節転移早期診断に関する三次元高周波超音波イメージング.日本超音波医学会東北地方会第37回学術集会,プログラム・抄録集1頁,2009年3月15日(仙台市情報・産業プラザ)[口頭発表]

堀江佐知子, 渡邊夕紀子, 陳鋭, 李麗, 森士朗, 小玉哲也.表在性膀胱がんに対する新しい遺伝子治療法の開発.日本超音波医学会東北地方会第37回学術集会,プログラム・抄録集5頁,2009年3月15日(仙台市情報・産業プラザ)[口頭発表]

小玉哲也.ナノバブルと超音波を用いた高周波超音波三次元画像診断・分子導入システムの開発.平成20年度厚生労働科学研究費研究成果等普及啓発事業,医療機器開発推進研究 ナノメディシン研究成果発表会要旨集45-46頁,2009年2月25日(財団法人がん研究振興財団 国際研究交流会館)[口頭発表]

小玉哲也.ナノバブルと超音波を用いた高周波超音波三次元画像診断・分子導入システムの開発.第3回ナノバイオテクノロジー連携群成果報告会:ナノバイオテクノロジーによる社会への貢献6頁,2009年1月28日(日本科学未来館,東京)[ポスター]

李麗,冨田典子,森士朗,大澤ふき,堀江佐知子,陳鋭,渡辺タ紀子,阪本真弥,高橋昭喜,小玉哲也.ナノバブルを用いたリンパ節転移診断に関する三次元高周波超音波イメージング法の開発.日本機械学会第21回バイオエンジニアリング講演会,講演論文集71-72頁,2009年1月23日-24日(札幌コンベンションセンター)[口頭発表]


2008

査読付論文

Watanabe Y, Aoi A, Horie S, Tomita N, Mori S, Morikawa H, Matsumura Y, Vassaux G, Kodama T.
Low-intensity ultrasound and microbubbles enhance the antitumor effect of cisplatin.
Cancer Sci. 2008 Dec;99(12):2525-31. 2008 Nov 17. ePub-PMID:19018767

Koshiyama K, Kodama T, Yano T, Fujikawa S.
Molecular dynamics simulation of structural changes of lipid bilayers induced by shock waves: Effects of incident angles.
Biochim Biophys Acta. 2008 Jun;1778(6):1423-8. 2008 Mar 20. ePub-PMID:18405658

Aoi A, Watanabe Y, Mori S, Takahashi M, Vassaux G, Kodama T.
Herpes simplex virus thymidine kinase-mediated suicide gene therapy using nano/microbubbles and ultrasound.
Ultrasound Med Biol. 2008 Mar;34(3):425-34. 2007 Dec 21. ePub-PMID:18096302



国際会議での発表

Tomita N, Horie S, Ohsawa F, Rui C, Watanabe Y, Morikawa H, Ohki K, Fukumoto M, Mori S, Kodama T. Development of diagnostic imaging system for regional lymph node micrometastasis with high-frequency ultrasound. 2008 IEEE International Ultrasonics Symposium (IUS), Abstract Book: 388, Beijing, China, Nov 2-5, 2008. [ポスター]

Chen R, Tomita N, Baba T, Ohsawa F, Watanabe Y, Horie S, Mori S, Fukumoto M, Kodama T. Contrast-Enhanced High-Frequency Ultrasound Imaging of Liver Metastases in preclinical models. 2008 IEEE International Ultrasonics Symposium (IUS), Abstract Book: 391, Beijing, China, Nov 2-5, 2008. [ポスター]

Chen R, Chiba M, Watanabe Y, Horie S, Tomita N, Fukumoto M, Nori S, Kodama T. Local gene delivery system of nano/microbubbles-enhanced ultrasound aimed for treatment of gingival tumor. 2008 International Conference on Frontiers of Dental and Craniofacial Research, Program: 96-97. Beijing, China, Nov 1-3, 2008. [ポスター]

Tomita Y, Inaba T, Uchikoshi R, Kodama T. Peeling off effect and damage pit formation by ultrasonic cavitation. The International Conference on Hydraulic Machinery and Equipments Timisoara, Romania, Oct 16-17, 2008. [口頭発表]

Yamazaki H, Ishii K, Funaki Y, Kanai Y, Y, Kikuchi Y, Watanabe Y, Kodama T, Hatazawa J, Matsuyama S, Sabet H, Terakawa A. Production of "no carrier added" iodine-124 from a reusable enriched tellurium-124 dioxide target and its application to an ultra-high resolution animal PET study. The 16th Pacific Basin Nuclear Conference (16PBNC), PaperID P16P1299, Aomori, Japan, Oct 13-18, 2008. [口頭発表]

Horie S, Watanabe Y, hen R, Tomita N, Oosawa F, Fujisawa S, Ono M, MFukumoto M, Mori S, Matsumura Y, Kodama T. Bladder cancer therapy using nanobubbles and two different intensities of ultrasound. The 2008 Nanomedicine Conference, Program: 5, Sep 19-24, 2008, Sant Feliu de Guixols, Spain. [ポスター]

Ishii K, Funaki Y, Kikuch Y, Yamazaki H, Matsuyama S, Terakawa A, Fujiwara M, Iwata R, Kodama T, Watanabe Y, Tanizaki N, Amano D, Yamaguchi T. FDG imaging of 1mm tumor with an ultras resolution animal PE. ultras resolution animal PE on Biomedical Imaging (ISBI’08), May 14-17, 2008, Paris, France. [口頭発表]

Tomita N, Horie S, Watanabe Y, Oosawa F, Sakuma M, Chen R, Ohki K, Morikawa H, Mori S, Ono M, Kodama T. Evaluation of cisplatin-induced antitumor effect with contrast-enhanced high-frequency ultrasound. The 11th International Symposium on Advanced Biomedical Ultrasound, Program: 30-33, Mar 7, 2008, Sendai, Japan. [口頭発表]


国内会議での発表

李麗, 冨田典子, 森士朗, 大澤ふき, 堀江佐知子, 渡邊夕紀子, 陳鋭, 阪本真弥, 高橋昭喜,小玉哲也.高周波超音波を用いたリンパ節早期転移の画像診断システムの開発.第42回日本生体医工学会東北支部大会講演論文集34頁,2008年12月13日(東北大学)[口頭発表]

渡邊夕紀子, 堀江佐知子, 冨田典子, 大澤ふき, 船木善仁, 菊池洋平, 酒巻学, 山崎浩道,石井慶造,森士朗, 小玉哲也.半導体PETによるSodium iodide Sympoter (NIS) 遺伝子発現の可視化:ナノバブルと超音波を利用した遺伝子導入法.第29回サイクロトロン共同利用実験研究報告会28頁,2008年11月17日-18日(東北大学)[口頭発表]

冨田典子, 堀江佐知子, 大澤ふき, 陳鋭, 渡邊夕紀子, 森川秀広, 大木宏介, 森士朗,小玉哲也.高周波超音波イメージングシステムを用いた所属リンパ節転移画像診断システムの開発.第46回日本癌治療学会総会,日本癌治療学会誌第43巻第1回106頁および125頁,2008年10月30日-11月1日(名古屋国際会議場)[口頭発表]

「優秀演題賞」受賞
堀江佐知子, 渡邊夕紀子, 陳鋭, 冨田典子, 大澤ふき, 小野栄夫,福本学, 藤澤優, 松村保広,森士朗,小玉哲也.ナノバブルと超音波を用いた膀胱がんへの遺伝子導入法の開発.第46回日本癌治療学会総会,日本癌治療学会誌第43巻第1回113頁,2008年10月30日-11月1日(名古屋国際会議場)[ポスター]

陳鋭, 冨田典子, 馬場泰輔,大澤ふき, 渡邊夕紀子, 堀江佐知子, 森士朗, 福本学,小玉哲也.ナノバブルを用いた肝転移診断に関する三次元高周波超音波イメージング.第67回日本癌学会学術総会,プログラム313頁, 2008年10月28日-30日(名古屋国際会議場)[口頭発表]

堀江佐知子, 渡邊夕紀子,陳鋭, 冨田典子, 大澤ふき, 小野栄夫, 福本学, 藤澤優, 松村保広,森士朗,小玉哲也.膀胱がん治療のための新しい薬剤到達法の開発.第67回日本癌学会学術総会,プログラム315頁, 2008年10月28日-30日(名古屋国際会議場)[口頭発表]

藤澤優, 鈴木亮, 丸山一雄, 小玉哲也, 安永正浩,松村保広.表在性膀胱がんに対する膀胱内注入遺伝子治療.第67回日本癌学会学術総会,プログラム356頁, 2008年10月28日-30日(名古屋国際会議場)[口頭発表]

渡邊夕紀子, 堀江佐知子, 冨田典子, 陳鋭, 大澤ふき, 船木善仁,菊池洋平, 山崎浩道, 石井慶造, 小野栄夫, 福本学, 森士朗,小玉哲也.癌疼痛緩和およびPETによるイメージング.第67回日本癌学会学術総会,プログラム388頁, 2008年10月28日-30日(名古屋国際会議場)[ポスター]

冨田典子, 堀江佐知子, 大澤ふき, 陳鋭, 渡邊夕紀子, 森川秀広, 大木宏介, 福本学, 森士朗, 小玉哲也.高周波超音波を利用した新しいリンパ節内微小転移診断システムの開発.第67回日本癌学会学術総会,プログラム495頁, 2008年10月28日-30日(名古屋国際会議場)[口頭発表]

「ゴールドリボン賞」受賞
渡邊夕紀子, 堀江佐知子, 冨田典子, 大澤ふき, 船木善仁, 菊池洋平, 中村賢治, 中沢浩一,山崎弘道, 石井慶造, 福本学, 森士朗, 小玉哲也.各種疾患マウス前脛骨筋でのPETによるNIS遺伝子発現の可視化.第48回日本核医学会学術総会,2008年10月24-26日(千葉市幕張メッセ)[ポスター]

大木宏介, 森士朗, 宮下仁, 川村仁,森川秀広.ナノバブルと超音波を用いた腫瘍血管造影法による口腔癌診断システムモデルの開発.第53回日本口腔外科学会総会,日本口腔外科学会雑誌54号139頁,2008年10月20日-21日(アスティとくしま,徳島市)

「ゴールドリボン賞」受賞
宮下仁, 森士朗, 大木宏介,森川秀広.ナノバブルと超音波を用いた抗癌剤および抗腫瘍分子導入による新たな癌治療法の開発.第53回日本口腔外科学会総会,日本口腔外科学会雑誌54号140頁,2008年10月20日-21日(アスティとくしま,徳島市)

小玉哲也.がんの早期診断と治療を目指したナノバブルと超音波を用いた分子デリバリーシステムの開発.東北大学イノベーションフェア2008 in 仙台,2008年9月30日(仙台国際センター)[口頭発表]

冨田典子, 堀江佐知子, 大澤ふき, 李麗, 渡辺夕紀子, 陳鋭, 大木宏介, 森川秀広, 福本学,森士朗, 小玉哲也.高周波超音波を利用した腫瘍性リンパ節内血管構築による早期診断法の開発.東北大学イノベーションフェア2008 in 仙台,2008年9月30日(仙台国際センター)[ポスター]

堀江佐知子, 渡邊夕紀子, 陳鋭, 冨田典子, 大澤ふき, 小野栄夫,藤澤優, 森士朗, 福本学,松村保広,小玉哲也.膀胱がん治療のための分子デリバリーシステムの開発.東北大学イノベーションフェア2008 in 仙台,2008年9月30日(仙台国際センター)[ポスター]

渡邊夕紀子, 堀江佐知子,冨田典子, 大澤ふき, 陳鋭, 船木善仁, 菊地洋平, 酒巻学,山崎浩道, 石井慶造, 森士朗, 小野栄夫, 小玉哲也.各種疾患モデルマウス前脛骨筋におけるNIS遺伝子発現のPETによる可視化.東北大学イノベーションフェア2008 in 仙台,2008年9月30日(仙台国際センター)[ポスター]

渡邊夕紀子,堀江佐知子, 冨田典子, 大澤ふき, 森士朗,小玉哲也.ナノ・マイクロバブルと超音波によるシスプラチンの抗腫瘍効果の増強.日本超音波医学会第36回東北地方会学術集会,プログラム抄録集5頁,2008年9月21日(山形テルサ)[口頭発表]

原田千明, 藤原綾二, 江本佑貴, 小玉哲也, 杉山友康.ソノポレーション法を用いたプラナリアへの高分子物質導入法.日本生物工学会年会,2008年8月27日-29日(東北学院大学)[口頭発表]

「優秀講演賞」 受賞
渡邊夕紀子,堀江佐知子,冨田典子,大澤ふき,陳鋭, 船木善仁,菊池洋平, 山崎浩道,石井慶造,森士朗,小玉哲也.マウス骨格筋でのNa/I symporter (NIS)遺伝子発現の可視化.日本機械学会2008年度年次大会,講演論文集Vol.2 23-24頁,2008年8月3日-7日(横浜国立大学)[口頭発表]

陳鋭, 千葉美麗,渡邊夕紀子,堀江佐知子,冨田典子,林治秀,福本学,森士朗,小玉哲也.歯周組織への遺伝子導入を目指した新しい非ウイルス法の開発.日本実験力学会2008年度年次講演会,講演論文集52-53頁,2008年6月30日-7月2日(北海道大学学術交流会館)[口頭発表]

宮下仁,森士朗, 冨田典子, 堀江佐知子, 渡邊夕紀子, 陳鋭, 大澤ふき, 佐久間基成, 大木宏介, 川村仁,森川秀広,小玉哲也.ナノバブル超音波システムを用いた抗癌剤および抗腫瘍分子導入による新たな癌治療法の開発.第32回日本頭頸部癌学会/第29回頭頸部手術技研究会,頭頸部癌2008年34巻2号148頁.2008年6月11日-13日(ハイアットリージェンシー東京)[口頭発表]

森士朗, 渡邊夕紀子, 堀江佐知子, 冨田典子, 陳鋭, 大澤ふき, 佐久間基成, 大木宏介, 宮下仁,川村仁, 森川秀広, 小玉哲也.口腔癌の診断・治療のためのナノバブルと超音波を用いた画像診断・分子導入システムの開発.第32回日本頭頸部癌学会/第29回頭頸部手術技研究会,頭頸部癌2008年34巻2号165頁,2008年6月11日-13日(ハイアットリージェンシー東京)[口頭発表]

大木宏介, 森士朗, 堀江佐知子, 冨田典子, 渡邊夕紀子, 陳鋭, 大澤ふき, 佐久間基成, 宮下仁,川村仁, 森川秀広,小玉哲也.ナノバブルを用いた腫瘍血管造影法による口腔癌早期診断システムモデルの開発.第32回日本頭頸部癌学会/第29回頭頸部手術技研究会,頭頸部癌2008年34巻2号165頁,2008年6月11日-13日(ハイアットリージェンシー東京)[口頭発表]

小玉哲也, 渡邊夕紀子, 堀江佐知子, 冨田典子, 大澤ふき, 佐久間基成, 陳鋭,大木宏介,森川秀広, 森士朗, 小野栄夫.高周波超音波イメージングシステムによるシスプラチン抗腫瘍効果の定量化.第46回日本生体医工学会大会,プログラム・抄録集277頁,2008年5月8日-10日(神戸国際会議場)[口頭発表]

堀内逸智,船木善仁,山﨑浩道,石井慶造,菊池洋平,酒巻学,渡邊夕紀子,小玉哲也.ヨウ素-124による抗体標識の検討.日本原子力学会2008年春の年会,2008年3月26日-28日(大阪大学)[口頭発表]

渡邊夕紀子,堀江佐知子,冨田典子,大澤ふき,船木善仁,菊池洋平, 山崎浩道,石井慶造,森士朗,小玉哲也.ナノバブルと超音波を利用した炎症疾患モデルマウスでのNa/I sympoter(NIS)遺伝子発現の可視化.東北地方会第35回学術集会,プログラム抄録集15頁,2008年3月23日(仙台市情報・産業プラザ)[口頭発表]

冨田典子,堀江佐知子,渡邊夕紀子,大澤ふき,佐久間基成,大木宏介,森川秀広,森士朗,小野栄夫, 小玉哲也.高解像度超音波イメージングシステムを用いたシスプラチンによる抗腫瘍効果の定量化.東北地方会第35回学術集会,プログラム抄録集15頁,2008年3月23日(仙台市情報・産業プラザ)[口頭発表]

小玉哲也.高周波超音波を用いたシスプラチン誘導抗腫瘍効果の定量化.日本生体医工学会分子デリバリーME研究会第9回報告会,2008年3月15日(九州大学医学部)[口頭発表]

小玉哲也.ナノバブルと超音波を用いた高周波超音波三次元画像診断・分子導入システムの開発.平成19年度厚生労働科学研究費研究成果等普及啓発事業 医療機器開発推進研究 ナノメディシン研究成果発表会,2008年2月27日(国際研究交流会館 国際会議場)[口頭発表]

小玉哲也.ナノバブルと超音波を利用した診断・治療システムの開発.第11回癌治療増感研究シンポジウム:がん根絶の戦術は?,抄録集48頁,2008年2月14日-15日(奈良市 猿沢荘)[口頭発表]

小玉哲也.がん遺伝子治療を目指した非侵襲組織標的性分子導入法の開発と応用.TUBERO終了シンポジウム,2008年2月8日(仙台国際センター)[口頭発表]

陳鋭,千葉美麗,堀江佐知子,渡邊夕紀子,森士朗,五十嵐薫,小玉哲也.ナノバブルと超音波を用いた歯周組織への遺伝子導入.日本機械学会第20回バイオエンジニアリング部門講演会,講演論文集79頁,2008年1月25日-26日(芝浦工業大学)[口頭発表]


2007

査読付論文

Takahashi M, Kido K, Aoi A, Furukawa H, Ono M, Kodama T.
Spinal gene transfer using ultrasound and microbubbles.
J Control Release. 2007 Feb 12;117(2):267-72. 2006 Nov 6. ePub-PMID:17166615



国際会議での発表

Koshiyama K, Kodama T, Yano T, Fujikawa S. Molecular-scale lipid bilayer response to shock wave: molecular dynamics simulations. Third Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics (APCOM'07) and the Eleventh International Conference on the Enhancement and Promotion of Computational Methods in Engineering and Science (EPMESC XI). ABSTRACTS of APCOM'07 in conjunction with EPMESC XI: 437, Dec 3-6, 2007, Kyoto, Japan. [口頭発表]

Watanabe Y, Horie S, Tomita N, Sakuma M, Osawa F, Chen R, Kikuchi Y, Tashiro M, Mori S, Funaki Y, Yamazaki H, Ishi K, Kohama Y, Ono M, Ito M, Kodama T. Molecular imaging of gene expression induced by delivery of nanobubbles and ultrasound. SMIT 2007. Program: 21, Nov 20-22, 2007, Sendai, Japan. [ポスター]

Horie S, Tomita N, Watanabe Y, Osawa F, Sakuma M, Cehn R, Funamoto K, Fukumoto M, Oki K, Mori S, Hayase T, Kodama T. High frequency ultrasound for analysis of antitumor effects. SMIT 2007, Program: 21, Nov 20-22, 2007, Sendai, Japan. [ポスター]

Tomita N, Horie S, Watanabe Y, Funamoto K, Hayase T, Oki K, Morikawa H, Ono M, Mori S, Kodama T. Three-dimensional image of intratumoral neovascular constructed with high-frequency contrast-enhanced micro-ultrasound. SMIT 2007, Program: 21, Nov 20-22, 2007, Sendai, Japan. [ポスター]

Chen R, Chiba M, Kodama T, Igarashi L. Basic experiment on development of physical drug delivery system to inhibit alveolar bone resorption. SMIT 2007, Program: 21, Nov 20-22, 2007, Sendai, Japan. [ポスター]

Kodama T, Tomita Y, Aoi A, Koshiyama K, Yano T, Fujikawa S. Interaction of shock waves generated by cavitation bubbles with cell membranes during sonoporation. The 1st International Colloquium on Dynamics, Physics and Chemistry of Bubbles and Gas-Liquid Boundaries, ICBB2007: 7, Sep 25-28, 2007, Niseko, Hokkaido, Japan.

Koshiyama K, Kodama T, Yano T, Fujikawa S. Molecular mechanisms of cavitation-induced cell membrane permeabilization. The 1st International Colloquium on Dynamics, Physics and Chemistry of Bubbles and Gas-Liquid Boundaries. ICBB2007: 8, Sep 25-28, 2007, Niseko, Hokkaido, Japan.


国内会議での発表

小玉哲也.日米英での研究生活の足跡:環境を楽しむ心.九州工業大学大学院教育改革支援プログラム:第1回もっとグローバルマインド!,2007年12月12日(九州工業大学) [口頭発表]

小玉哲也.ナノバブルと超音波を用いた高周波超音波三次元画像診断・分子導入システムの開発.ナノバイオテクノロジー連携群成果報告会・ナノバイオテクノロジーが拓くイノベーションの世界,2007年12月5日(日本科学未来館)[ポスター]

渡邊夕紀子, 堀江佐知子, 冨田典子, 船木善仁, 菊池洋平, 酒巻学, 山崎浩道, 石井慶造,伊藤正敏, 小玉哲也. ナノバブルと超音波を利用したマウス骨格筋へのNa/I symporter(NIS)遺伝子発現の可視化. 第28回サイクロトロン共同利用実験研究報告会,20頁,2007年11月19日-20日(東北大学)[ポスター]

福士敏也, 木島悠, 冨田幸雄, 小玉哲也. 超音波キャビテーションの発生に及ぼす発振周波数の影響. 日本産業技術教育学会北海道支部会第21回大会講演要旨集, B-4, 21頁,2007年10月13日(北海道教育大学札幌校)[ポスター]

Chen R, Chiba M, Igarashi K, Kodama T. Basic experiment for controlling of alveolar bone resorption in periodontitis by physical deliverysystem. 東北大学イノベーションフェア2007 in 仙台,2007年10月5日(仙台国際センター)[ポスター]

渡邊夕紀子,堀江佐知子,冨田典子,佐久間基成,大澤ふき,陳鋭,菊地洋平,田代学,森士朗,船木善仁,山崎浩道,石井慶造,小濱泰昭,小野栄夫,伊藤正敏,小玉哲也. ナノバブルと超音波を使用したPositron Emission Tomography (PET)によるNa/I symporter (NIS) 遺伝子発現の可視化. 東北大学イノベーションフェア2007 in 仙台,2007年10月5日(仙台国際センター)[ポスター]

冨田典子,堀江佐知子,渡邊夕紀子,大澤ふき,佐久間基成,陳鋭,船本健一,福本学,大木宏介,森士朗,早瀬敏幸,小玉哲也. ナノバブルと高周波超音波による腫瘍内血管の三次元画像の構築. 東北大学イノベーションフェア2007 in 仙台,2007年10月5日(仙台国際センター)[ポスター]

堀江佐知子,冨田典子,渡邊夕紀子,大澤ふき,佐久間基成,陳鋭,船本健一,福本学,大木宏介,森士朗,早瀬敏幸,小玉哲也.高周波超音波画像診断によるシスプラチン(CDDP)の抗腫瘍効果の評価.東北大学イノベーションフェア2007 in 仙台,2007年10月5日(仙台国際センター)[ポスター]

堀江佐知子, 冨田典子, 渡邊夕紀子, 大木宏介, 森川秀広, 森士朗, 小野栄夫, 小玉哲也. Evaluation of antitumor effects using high frequency ultrasound biomicroscopy. 第66回日本癌学会学術総会,352頁,2007年10月3日-5日(パシフィコ横浜)[ポスター]

冨田典子, 堀江佐知子, 渡邊夕紀子, 船本健一, 早瀬敏幸, 大木宏介, 森川秀広, 小野栄夫,森士朗, 小玉哲也. Construction of three-dimentional image of intratumoral vessel using high-frequency contrast-enhanced micro-ultrasound. 第66回日本癌学会学術総会,353頁,2007年10月3日-5日(パシフィコ横浜)[ポスター]

渡邊夕紀子, 青井あつ子, 堀江佐知子, 冨田典子, 山崎浩道, 田代学, 菊池洋平, 石井慶造, 伊藤正敏, 小玉哲也. Visualization of Na/I sympoter gene combined by the delivery method using nanobubbles and ultrasound. 第66回日本癌学会学術総会,381頁,2007年10月3日-5日(パシフィコ横浜)[ポスター]

藤澤優, 鈴木亮, 丸山一雄, 小玉哲也, 安永正浩, 松村保広. 表在性膀胱がんに対する膀胱内注入遺伝子治療. Development of local gene therapy with ultrasound and bubble-liposome against surfical bladder cancer. 第66回日本癌学会学術総会,381頁,2007年10月3日-5日 (パシフィコ横浜) [ポスター]

陳鋭, 千葉美麗, 堀江佐知子, 五十嵐薫, 小玉哲也. Periodontal gene transfer using ultrasound and nano/microbubbles. 日本超音波医学会第34回東北地方会学術集会,プログラム・抄録集11頁,2007年9月30日(艮陵会館,仙台)[口頭発表]

小玉哲也, 青井あつ子, 渡邊夕紀子, 小野栄夫, 森士朗. ナノバブルと超音波を用いたDDS:骨格筋への応用. 日本機械学会2007年度年次大会,講演論文集Vol.2.151-152頁,2007年9月9日-12日(関西大学)[口頭発表]

越山顕一朗, 小玉哲也, 矢野猛, 藤川重雄. 超音波による分子の細胞膜通過機構:分子動力学シミュレーション. 日本機械学会2007年度年次大会,講演論文集Vol.2.153-154頁,2007年9月9日-12日(関西大学)[口頭発表]

冨田典子, 渡邊夕紀子, 堀江佐知子, 小野栄夫, 森士朗, 小玉哲也. シスプラチンを使った抗腫瘍効果:高周波超音波による定量化. 日本機械学会2007年度年次大会,講演論文集Vol.2.155-156頁,2007年9月9日-12日(関西大学)[口頭発表]

小玉哲也. ナノバブルと超音波を用いたドラッグおよび核酸デリバリーシステムの開発と応用. 次世代医療システム産業化フォーラム2007,2007年6月26日(大阪商工会議所)[口頭発表]

小玉哲也. ナノバブルと超音波を用いたがん治療法の開発. 日本混相流学会年会講演会2007(札幌)および第26回混相流シンポジウム. 日本学術会議第26回混相流シンポジウム,講演資料集10-14頁,2007年6月22日-24日(札幌コンベンションセンター)[口頭発表]

小玉哲也. ナノバブルと超音波を用いたドラッグおよび核酸デリバリーシステムの開発. 第6回国際バイオEXPO&国際バイオフォーラム,2007年6月20日-22日(東京ビッグサイト)[口頭発表]

「第8回奨励賞」受賞
藤澤優, 安永正浩, 小泉史明, 小玉哲也, 丸山一雄, 鈴木亮, 滝沢知子, 松村保広. 表在性膀胱がんに対する膀胱内注入遺伝子治療. 第23回日本DDS学会,プログラム予稿集379頁,2007年6月14日-15日(熊本日航ホテル)

小玉哲也, 青井あつ子, 渡邊夕紀子, 堀江佐知子, 冨田典子, 小野栄夫, 森士朗. ソノポレーションによる遺伝子導入効率:気泡特性に対する検討. 日本超音波医学会第80回学術集会,プログラム・講演抄録集S295頁,2007年5月18日-20日(城山観光ホテル,鹿児島)

小玉哲也. バブルの医工学. 平成19年度山形大学工学部機械システム工学科動機付けのために初年次導入教育講演会,2007年5月12日(山形大学)

小玉哲也, 青井あつ子, 渡邊夕紀子, 森川広秀, 森士朗. ソノポレーションによるシスプラチンの導入. 第46回日本生体医工学会大会,第45巻特別号プログラム・抄録集180頁,2007年4月25日-27日(仙台国際センター)

小玉哲也. ソノポレーション法によるドラッグおよび核酸デリバリーシステムの開発. 衝撃科学技術講演会「先進医工学の世界-圧力波利用技術」,2007年3月19日(神戸大学)

小玉哲也. ナノバブルと超音波を用いた分子導入システムの開発と癌治療への応用. 日本機械学会関西支部第82期定時総会講演会,講演論文集2-14頁,2007年 3月16日-17日(大阪産業大学)[招待講演]

小玉哲也, 青井あつ子, 渡邊夕紀子, 松村保広, 森士朗. ナノバブルと超音波を用いたシスプラチン導入による抗腫瘍効果の検討. 日本超音波医学会第33回東北地方会学術集会,プログラム・抄録集5頁,2007年3月11日 (艮陵会館,仙台)

越山顕一朗,小玉哲也,矢野猛,藤川重雄. 超音波DDSにおける分子導入機構. 日本超音波医学会第33回東北地方会学術集会,プログラム・抄録集5頁,2007年3月11日 (艮陵会館,仙台)

越山顕一朗,小玉哲也,矢野猛,藤川重雄. 衝撃波による細胞膜の透過性変化機構に関する分子動力学シミュレーション. 第56回理論応用力学講演会,講演論文集599-600頁. 2007年3月7日-9日(東京)

小玉哲也. ナノバブルと超音波を用いたドラッグおよび核酸送達システムの開発. 科学技術教育講演会「先端医工学技術を知る・見る」,2007年3月2日(北海道教育大学函館校)[招待講演]

小玉哲也. がん療法を目指したナノバブルと超音波を用いた分子導入法の開発. 日本機械学会マイクロ・ナノフルイズ調査研究分科会,2007年2月27日(東京)[招待講演]

小玉哲也. ナノバブルと超音波を用いた分子デリバリーシステムの開発. 2007年2月16日(東京女子医科大学)[招待講演]

小玉哲也. がん局所療法を目指したナノバブルと超音波を用いたドラッグおよび核酸送達システムの開発. 東北大学イノベーションフェア,2007年展示概要11頁,2007年2月1日(東京赤坂プリンスホテル)

小玉哲也. 超音波による遺伝子導入. 第34回みやぎ心エコー研究会,2007年1月26日(フクダ電子,仙台)

越山顕一朗, 小玉哲也, 矢野猛, 藤川重雄. Molecular mechanisms of cell membrane permeabilization induced by shock waves: water pore formation. 第9回北海道大学+ソウル大学ジョイントシンポジウム,2007年1月25日(北海道厚生年金会館,札幌)


2006

査読付論文

Kodama T, Tomita Y, Koshiyama K, Blomley MJK.
Transfection effect of microbubbles on cells in superposed ultrasound waves and behavior of cavitation bubble.
Ultrasound in Medicine and Biology. 2006; 32(6):905-914. ePub-PMID:16785012

Koshiyama K, Kodama T, Yano T, Fujikawa S.
Structural change in lipid bilayers and water penetration induced by shock waves: molecular dynamics simulations.
Biophysical Journal. 2006; 91(6): 2198-2205. ePub-PMID:16798798

Kodama T, Aoi A, Vassaux G, Mori S, Morikawa H, Koshiyama K, Yano T, Fujikawa S, Tomita Y.
A non-invasive tissue-specific molecular delivery method of cancer gene therapy.
Minimally Invasive Therapy and Allied Technologies. 2006; 15(4): 226-229. ePub-PMID:16966136

Kodama T, Koshiyama K, Tomita Y, Suzuki M, Yano T, Fujikawa S.
Interaction of impulsive oressures of cavitation bubbles with cell membrane during sonoporation.
AIP Conference Proceedings, 2006; 829: 34-38

Koshiyama K, Kodama T, Yano T, Fujikawa S.
Molecular dynamics simulation of water pore formation in lipid bilayer induced by shock waves.
AIP Conference Proceedings, 2006; 829: 583-587



国際会議での発表

Koshiyama K, Kodama T, Yano T, Fujikawa S. Formation of water pore in a bilayer induced by shock wave: molecular dynamics simulation. The Journal of the Acoustical Society of America. 2006; 120:3231. 152nd Meeting (4th joint meeting of the Acoustical Society of America and the Acoustical Society of Japan), Nov 28 - Dec 2, 2006, Honolulu, Hawaii. [口頭発表]

Kodama T, Aoi A, Watanabe Y, Konno K, Horie S, Vassaux G, Mori S. Antitumor effectiveness of cisplatin with ultrasound and nanobubbles. The Journal of the Acoustical Society of America. 2006; 120:3231. 152nd Meeting (4th joint meeting of the Acoustical Society of America and the Acoustical Society of Japan), Nov 28 - Dec 2, 2006, Honolulu, Hawaii. [口頭発表]

Kodama T, Tan PH, Georges AJT, Blomley MJR. Delivery of oligodeoxynucleotides into human saphenous veins and the adjunct effect of ultrasound and microbubbles. Molecular Therapy.2006; 13, S212. American Society of Gene Therapy. The 9th Annual Meeting, May 31-Jun 4, 2006, Baltimore, Maryland, USA. [口頭発表]

「Paper Presenter Award」受賞
Kodama T, Konno K, Aoi A, Mori S, Ito M, Vassaux G. Delivery of sodium/iodide symportter therapy using nanobubbles with ultrasound. Ultrasound in Medicine and Biology. 2006; 32:280. The 11th Congress of the World Federation for Ultrasound in Medicine and Bioloy. WFUM'B 2006 Seoul. May 28 - Jun 1, 2006. [ポスター]

「Paper Presenter Award」受賞
Aoi A, Konno K, Shinohara F, Mori S, Vassaux G, Kodama T. HSV-tk/GCV Cytotoxic Gene Therapy using ultrasound and nanobubbles. Ultrasound in Medicine and Biology. 2006; 32 :280. The 11th Congress of the World Federation for Ultrasound in Medicine and Biology. WFUM'B 2006 Seoul. May 28 - Jun 1, 2006. [ポスター]

「Paper Presenter Award」受賞
Aoi A, Konno K, Shinohara F, Mori S, Vassaux G, Kodama T. Effects of anti-cancer drug of cisplatin using nanobubbles and ultrasound. Ultrasound in Medicine and Biology. 2006; 32:280. The 11th Congress of the World Federation for Ultrasound in Medicine and Biology. WFUM'B 2006 Seoul. May 28 - Jun 1, 2006. [ポスター]


国内会議での発表

小玉哲也. ナノバブルを用いた超音波分子導入システムの開発と癌治療への応用. 東北大学イノベーションフェア2006年,2006年2月7日 (東京赤坂プリンスホテル)[ポスター]

山崎仁, 千葉美麗, 小玉哲也. 超音波による歯根膜細胞への遺伝子導入の試み. 日本実験力学会2006年度年次講演会;148-150頁,2006年3月14日-15日(中部大学)[口頭発表]

渡邊夕紀子, 青井あつ子, 今野聖絵, 伊藤正敏, Georges Vassaux,小玉哲也. ナノバブルを用いたNIS遺伝子のがん細胞への導入. 日本超音波医学会東北地方会,第31回学術会プログラム・抄録集7頁,2006年3月19日(艮陵会館,仙台)[口頭発表]

青井あつ子, 城戸幹太, 高橋雅彦, 小玉哲也. 微小気泡超音波破砕による脊髄への遺伝子導入. 第44巻特別号第45回日本生体医工学会大会,プログラム論文集167頁,2006年5月15-17日(福岡国際会議場)[口頭発表]

小玉哲也, 冨田幸雄. 超音波場でのナノキャビテーション気泡の挙動.第44巻特別号第45回日本生体医工学会大会,プログラム論文集170頁,2006年5月15日-17日(福岡国際会議場)[口頭発表]

越山顕一朗, 小玉哲也, 矢野猛, 藤川重雄. 5FUの拡散に関する分子動力学シミュレーション. 第44巻特別号第45回日本生体医工学会大会,プログラム論文集171頁,2006年5月15日-17日(福岡国際会議場)[口頭発表]

渡邊夕紀子, 青井あつ子, 今野聖絵, 森士朗, 伊藤正敏,Georges Vassaux,小玉哲也.
ナノバブルと超音波を利用したSodium/Iodide Sympoterの導入.
第3回東北大学バイオサイエンスシンポジウム講演要旨集140頁.
2006年5月29日(仙台国際センター)
[ポスター]

青井あつ子, 渡邊夕紀子, 今野聖絵, 堀江佐知子, 森川秀広, 森士朗, 小玉哲也.
ナノバブルと超音波による抗がん剤感受性の増強.
第3回東北大学バイオサイエンスシンポジウム講演要旨集205頁.
2006年5月29日(仙台国際センター)
[ポスター]

青井あつ子, 渡邊夕紀子, 今野聖絵, 堀江佐知子, 森川秀広, 森士朗, 小玉哲也.
ソノポレーションを用いたHSVtk/GCV自殺遺伝子治療法.
第3回東北大学バイオサイエンスシンポジウム講演要旨集206頁.
2006年5月29日(仙台国際センター)
[ポスター]

小玉哲也, 越山顕一朗, 青井あつ子, 冨田幸雄, 矢野猛, 藤川重雄.
ナノバブルと超音波を用いた細胞への分子導入に関する研究.
第13回キャビテーションに関するシンポジウム.
2006年6月2日-3日 (札幌)
[口頭発表]

越山顕一朗, 小玉哲也, 矢野猛, 藤川重雄.
脂質膜に形成する水孔のMD予測.
日本膜学会第28年会講演要旨集89頁.
2006年6月8日-9日(北海道大学)
[口頭発表]

青井あつ子, 渡邊夕紀子, 今野聖絵, 堀江佐知子, 森士朗, 森川秀広, 鈴木亮, 丸山一雄, 小玉哲也.
ナノバブルを用いた骨格筋への遺伝子導入:分子イメージング解析.
第22回日本Drug Delivery System (DDS)学会プログラム予稿集291頁.
2006年7月7日-8日(東京国際交流会館)
[口頭発表]

越山顕一朗, 小玉哲也, 矢野猛, 藤川重雄.
脂質膜近傍での抗がん剤の運動に関するMDシミュレーション.
日本機械学会2006年度年次大会講演論文集Vol.5, 233頁.
2006年9月18日-22日(熊本大学)
[口頭発表]

青井あつ子, 今野聖絵, 篠原文明, 森川秀広, 森士朗, Vassaux G, 小玉哲也.
ナノバブルと超音波を用いた自殺遺伝子導入法の開発.
日本機械学会2006年度年次大会講演論文集Vol.5, 291頁.
2006年9月18日-22日(熊本大学)
[口頭発表]

小玉哲也.
超音波ナノバブルを利用した抗がん剤および遺伝子デリバリー.
第65回日本癌学会学術総会記事221頁.
2006年9月28日-30日(パシフィコ横浜)
[口頭発表]

芹沢由里子, 小泉史明, 黒田順一郎, 小玉哲也, 松村保広.
卵巣がん遺伝子・核酸治療法の開発.
第65回日本癌学会学術総会記事428頁.
2006年9月28日-30日(パシフィコ横浜)
[口頭発表]

小玉哲也, 越山顕一朗, 青井あつ子, 渡邊夕紀子, 冨田幸雄, 矢野猛, 藤川重雄.
ナノバブルと超音波を用いた自殺遺伝子導入法の開発.
第10回オーガナイズド混相流フォーラム’06-仙台(OMF2006)講演論文集38-43頁.
2006年10月16日-17日(宮城秋保リゾートホテルクレセント)
[口頭発表]

青井あつ子, 渡邊夕紀子, 今野聖絵, 堀江佐知子, 冨田典子, 小玉哲也.
ナノバブルと超音波を利用したがん治療法の開発.
東北大学イノベーションフェア2006 in 仙台. 展示概要8頁.
2006年10月18日(仙台国際センター)
[ポスター]

小玉哲也, 越山顕一朗, 青井あつ子, 冨田幸雄, 矢野猛, 藤川重雄.
がん遺伝子治療を目指した非侵襲組織標的性分子導入法の開発.
第84期 日本機械学会流体工学部門講演会講演概要集91頁.
2006年10月28日-29日(東洋大学)

越山顕一朗, 小玉哲也, 矢野猛, 藤川重雄.
衝撃波による細胞膜の透過性変化に関する分子動力学シミュレーション.
日本機械学会バイオエンジニアリング部門第17回バイオフロンティア講演会論文集33-34頁.
2006年11月11日-12日(信州大学)
[口頭発表]

渡邊夕紀子, 青井あつ子, 今野聖絵, 堀江佐知子, 冨田典子, 小玉哲也.
ナノバブルと超音波を利用した抗がん剤とsiRNAの導入に関する研究.
第3回日本生体医工学会専門別研究会分子デリバリーのME研究会.
2006年11月17日(国立がんセンター中央病院,東京)

越山顕一朗, 小玉哲也, 矢野猛, 藤川重雄.
キャビテーション気泡から発生する衝撃波による細胞膜の透過性変化に関するMDシミュレーション.
第20回数値流体力学シンポジウム講演要旨集334頁.
2006年12月18日-20日(名古屋大学)
[口頭発表]

松村保広, 鈴木亮, 丸山一雄, 小玉哲也.
超音波を利用したsiRNA内包バブルリポゾームのがん局所療法の臨床試験導入.
総合科学技術会議科学技術連携施策群.
第1回ナノバイオテクノロジー連携群成果報告会17頁.
2006年12月21日(日本科学未来館,東京)
[ポスター]


2005

査読付論文

Kodama T, Tan PH, Offiah I, George AJT, Partridge T, Cook T, Blomley MJK.
Delivery of oligodeoxynucleotides into human saphenous veins and the adjunct effect of ultrasound and microbubbles.
Ultrasound in Medicine and Biology. 2005; 31(12):1683-1691. ePub-PMID:16344130

Suzuki M. Koshiyama K, Shinohara F. Mori S, Ono M, Tomita Y, Yano T, Fujikawa S, Vassaux G, Kodama T.
Nanobubble enhanced drug susceptibility of cancer cells using ultrasound.
International Congress Series. 2005; 1284: 338-339

Koshiyama K, Kodama T, Hamblin MR, Doukas AG, Yano T, Fujikawa S.
Molecular delivery into a lipid bilayer with a single shock wave using molecular dynamics simulation.
AIPConference Proceedings, 2005; 754: 104-106



国際会議での発表

Suzuki M, Koshiyama, K Shinohara F, Mori S, Ono M, Tomita, Y, Yano T, Fujikawa S,
Kodama T.
Nanobubble enhanced drug susceptibility of cancer cells using ultrasound
International Symposium for Interface Oral Health Science,
February 2-3, 2005, Sendai, Japan.

Koshiyama K, Yano T, Fujikawa S, Kodama T.
Molecular dynamics simulation of shockwave-induced structural changes of lipid bilayers.
The 1st CRIS International Symposium on Computational Science and Neuroscience.
The 3rd Hokudai Simulation Salon Workshop (Sapporo, 2005 June20-21).

Koshiyama K, Kodama T, Yano T, Fujikawa S.
Molecular dynamics simulation of water pore formation in lipid bilayer Induced by shock waves.
The 5th International Symposium on Therapeutic Ultrasound.27-29 October 2005,
Boston, Massachusetts, USA. Program & Abstract 98p.

Kodama T, Suzuki M, Tomita Y, Koshiyama K, Yano T, Fujikawa S.
Interaction of impulsive pressures of cavitation bubbles with cell membranes during
sonoporation.
The 5th International Symposium on Therapeutic Ultrasound. 27-29 October 2005,
Boston, Massachusetts, USA. Program & Abstract 41p.

Suzuki M, Shinohara F, Aoi A,Sato Y, Watanabe Y, Mori S, G. Vassaux, Kodama T.
Application of nanobubbles for HSV-tk/GCV cytotoxic gene therapy using ultrasound.
ECCO 13-the European Cancer Conference, 30 October-3 November 2005, Paris, France.
European Journal of Cancer Supplements, The European Cancer Conference,
Abstract Book,p57.


国内会議での発表

越山顕一朗, 小玉哲也, 矢野猛, 藤川重雄.
脂質二重層膜の構造変化に関する非平衡分子動力学-遺伝子導入を目指して.
第17回バイオエンジニアリング講演会講演論文集, No. 04-48, 235-236頁
2005年 1月22日-23日 (名古屋大学).

小玉哲也, 冨田幸雄, 越山顕一朗, Blomley MJR.
マイクロ気泡による細胞膜透過機構:実験および理論的考察.
日本機械学会第17回バイオエンジニアリング講演会講演論文集. No. 04-48, 265-267頁.
2005年 1月22日-23日 (名古屋大学).

鈴木麻衣子, 篠原文明, 森士朗, Vassaux G, 小玉哲也.
ナノバブルによる抗腫瘍効果.
平成16年度衝撃波シンポジウム講演論文集; 383-386頁 .
2005年3月17日-19日(仙台市戦災復興記念館).

小玉哲也, 越山顕一朗, 冨田幸雄, 鈴木麻衣子, 矢野猛, 藤川重雄.
ナノバブルによる分子導入のメカニズム:衝撃波と細胞膜との干渉.
平成16年度衝撃波シンポジウム講演論文集. 387-390頁 .
2005年3月17日-19日 (仙台市戦災復興記念館).

越山顕一朗, 小玉哲也, 矢野猛, 藤川重雄.
衝撃波による脂質膜構造変化のMD予測.
日本膜学会第27年会講演要旨集105頁 .
2005年5月19日-20日 (東京).

鈴木麻衣子, 篠原文明, 森士朗, 小玉哲也.
ナノバブルを用いた薬剤導入と抗腫瘍効果の検討
日本超音波医学会第78回学術集会、プログラム講演抄録集S212頁.
2005年5月20日-22日 (東京).

小玉哲也, 越山顕一朗, 冨田幸雄, 鈴木麻衣子, 矢野猛, 藤川重雄.
ナノバブルによる衝撃波発生と分子導入のメカニズム.
日本超音波医学会第78回学術集会プログラム・講演抄録集S213頁.
2005年5月20日-22日 (東京).

越山顕一朗, 小玉哲也, 矢野猛, 藤川重雄.
衝撃波による5FU輸送に関するMDシミュレーション
日本超音波医学会第78回学術集会プログラム・講演抄録集S277頁.
2005年5月20日-22 日 (東京).

鈴木麻衣子, 篠原文明, 青井あつ子, 佐藤義太郎, 渡邊夕紀子, 森士朗, G. Vassux,小玉哲也.
ナノバブルを用いたHSV-TK/GCV自殺遺伝子治療法の開発.
第28回 日本バイオレオロジー学会年会 平成17年7月7日~8日
日本バイオレオロジー学会誌(B&R) 第19巻増刊号22頁.
2005年7月 (東北大学).

小玉哲也, 鈴木麻衣子, 冨田幸雄, 高橋史明, 森士朗.
ナノバブルを利用したsonoporationのメカニズム.
第21回日本DDS学会プログラム予稿集343頁.
2005年7月 (長崎ハウステンボス).

越山顕一朗, 小玉哲也, 矢野猛, 藤川重雄.
衝撃波による脂質膜の水孔形成に関するMDシミュレーション.
日本流体力学会年会2005 講演論文集315頁
2005年9月 5日-7日 (東京).

小玉哲也, 鈴木麻衣子, 冨田幸雄.
ナノ気泡と超音波によるがん細胞への抗がん剤導入に関する研究.
日本流体力学会年会講演論文集316頁.
2005年9月5日-7日 (東京).

鈴木麻衣子, 篠原文明, 森士朗, 小玉哲也.
微小気泡による抗癌剤感受性増強作用の検討.
第64回日本癌学会学術総会記事304頁.
2005年9月14日-16日 (札幌).

小玉哲也, 鈴木麻衣子, 冨田幸雄.
超音波場におけるナノサイズの超音波造影剤の挙動と分子導入機構のメカニズム.
日本機械学会2005年度年次大会講演論文集No.05-1,Vol.6, 131-132頁.
2005年9月19日-22日 (調布市電気通信大学).

越山顕一朗, 小玉哲也, 矢野猛, 藤川重雄.
5-Fluorouracil (5FU) の脂質二重層膜への導入に関する分子動力学シミュレーション.
日本機械学会2005年度年次大会講演論文集No.05-1,Vol.6, 133-134頁.
2005年9月19日-22日 (調布市電気通信大学).

佐藤義太郎, 鈴木麻衣子, 青井あつ子, 渡邊夕紀子, 篠原文明, 力石秀美, 森士朗, 小玉哲也.
ソノポレーションを用いた薬剤導入と抗腫瘍効.
日本超音波医学会東北地方会第30回学術会プログラム・抄録集.
2005年9月28日 (岩手医科大学60周年記念館).

城戸幹太,高橋雅彦,青井あつ子,鈴木麻衣子,小玉哲也,森士朗,古川宏, 小野栄夫.
マイクロバブルを用いた脊髄への遺伝子導入法の開発.
日本歯科麻酔学会雑誌第33巻第4号82頁.
2005年10月26日-28日 (かごしま県民交流センター).