三年生のみなさまへ

研究室見学は気軽にお越し下さい!! 研究内容、研究室での生活などについて丁寧に説明いたします。「アクセス」のタブに連絡先があります。

環境電磁工学(EMC)と電磁情報セキュリティ

情報ネットワークシステムにおいて,電磁ノイズによる妨害のために情報伝送の完全性が損なわれたり (Fig. 1)、電磁放射による情報漏洩のために秘密情報の機密性が損なわれたりすることがあります (Fig. 2)。そのため,伝送ケーブルにおける電磁イミュニティの確保のために,ケーブルの条件を評価する技術を研究しています。また,暗号ハードウェア等の情報システムにおける秘密情報の電磁的漏洩の抑止のために,そのメカニズムの解明と,対策技術の提案を研究課題としています (Fig. 3)。

catv em-emanation
Fig. 1: ケーブル性能劣化に伴う通信品質劣化の問題 Fig. 2: 電磁波を通じた情報漏えいの問題
approach
Fig. 3 研究のアプローチ

情報セキュリティに関する基礎理論研究

情報ネットワークシステムにおいて,セキュリティ確保の問題は極めて重要であり,セキュリティ確保のために広く利用されている暗号について,基礎的研究を行っています 。無制限の計算能力をもつ盗聴者に対しても安全な暗号系の構築や,安全な計算のためのプロトコルの設計などが検討課題です。(Fig. 4, Fig. 5, Fig. 6)

secure_calc minimum_expression
Fig. 4: 極小モデルにおける安全な計算 Fig. 5: AND-EXOR表現の最小化
mijika
Fig. 6 身近な道具を用いた安全な計算

ネットワークの運用と応用における基盤技術

長距離の超高速ネットワークにおける遠隔分散可視化のためのネットワーク方式の実証的研究をしています (Fig. 7)。 また,ネットワークの運用管理と情報倫理の問題について,運用支援技術に関する研究を行っています (Fig. 8)。

visualization tains
Fig. 7: 長距離の超高速ネットワークにおける遠隔分散可視化 Fig. 8: 学内ネットワークの管理・運用