HOME

文部科学省「理数学生育成支援事業」
東北大学 工学部 情報知能システム総合学科

ステップQIスクール

NEWS

2014年3月 7日 13:53

文部科学省主催「第3回サイエンス・インカレ -学生による自主研究の祭典-」でスクール生3名が受賞



2014年3月1日(土)から2日(日)にかけて千葉県・幕張メッセにおいて開催された、文部科学省主催「第3回サイエンス・インカレ -学生による自主研究の祭典-」において、Step-QIスクールから3名の受賞がありました。昨年に引き続き、受賞者が出たことを大変嬉しく思っております。(プレスリリース

工学部情報知能システム総合学科で実施されている文部科学省「理数学生支援事業」Step-QIスクールのプログラムの一つである「アドバンス創造工学研修」において2年次・3年次学生が研究室に配属され取り組んだ研究です。

<口頭発表部門>
◇科学技術振興機構理事長賞

shimaoka.jpg

島岡聖世さん(3年)・村岡雅康さん(4年)
「大規模言語データから単語間の意味的類似性と意味の広がりを自動学習する確率的言語モデル」
研修テーマ:ウェブの海から知をつむぐ自然言語処理
情報伝達学[乾・岡崎]研究室


<ポスター発表部門>
◇サイエンス・インカレ奨励表彰


yokoyama.jpg

横山真悟さん(2年)
「様々なセンサ・アクチュエータを搭載したスマートペン」
研修テーマ:インタラクティブコンテンツの設計・試作と評価
情報コンテンツ分野[北村]研究室(電気通信研究所)


◇サイエンス・インカレ・コンソーシアム奨励賞(グッドパフォーマンス賞)

oku_2.jpg

奥俊雄さん(3年)
「歌ってどんなときに上手なの? -歌唱と伴奏の相対的タイミングからのアプローチ-」
研修テーマ:歌声のゆらぎと歌唱評価の関連調査
ヒューマンインターフェース分野[伊藤・能勢]研究室




Step-QIスクールからは、他に以下6テーマが出場しました。

<口頭発表部門>
-「毎秒1000万コマの超高速ビデオ撮像によるシリコン酸化膜破壊現象の解析」
古川貴一・木本大貴(3年)
研修テーマ:毎秒1000コマの動画撮影により人の目に見えない超高速減少を可視化しよう
技術適応計画[須川]研究室


-「固相により作成したSiC薄膜上のエピタキシャルグラフェン作成に関する研究」
細谷友崇(2年)
研修テーマ:夢の素材グラフェン、そして超高速グラフェントランジスタ
個体電子工学[末光・吹留]研究室(電気通信研究所)


-「相対音高と歌のうまさの知覚の解明 ~歌のうまさってなんだろう?~」
吉澤遼(2年)
研修テーマ:歌声のゆらぎと歌唱評価の関連調査
ヒューマンインターフェース[伊藤・能勢]研究室


<ポスター発表部門>
-「低ガス流量下でのMPD推進機の性能評価」
 堀内伸一さん(2年)
 エネルギー生成システム[安藤・高橋]研究室


-「次世代シークエンサを用いたトリプレットリピート病診断法の開発 」
 邉見ふゆみさん(3年)
 生命情報システム科学[木下・大林]研究室


-「量子ドットを用いた細胞内輸送動態の簡便な定量解析系の確立(その2)」
 品川遼太さん(3年)
 病態ナノシステム医工学[神崎]研究室


インカレ集合.jpg
 

いつも傍でご支援さいました指導教員の先生方・研究室の皆様にこの場をお借りして、事務局一同心から御礼申し上げます。引き続き、早い年次から研究に触れられる場や学習環境の提供を通してスクール生がより充実した学生生活を送ることができるように、私共も精一杯お手伝いさせていただきます。

発表や受賞の様子は、後日サイエンス・インカレの公式ページにて公開される予定となっています。

スクール運営に関わるご意見やお問合せがございましたら、以下までお願いします。

- お問合せ -
東北大学工学部 情報知能システム総合学科
Step-QIスクール事務局
step-qi@ecei.tohoku.ac.jp