2014年10月10日(金)に開催されました英語プレゼンテーション成果発表会において、今年は18名の発表がありました。
20時近くまでの長い時間となりましたが、最後まで活発な質疑応答がありました。

Step-QIスクールのワーキンググループの先生方に審査いただきました結果、以下の方々にBest Presentation Awardが授与されることになりました。



Step-QIスクール 2014年度英語プレゼンテーション成果発表会
Best Presentation Award受賞者



   【4年】 千葉大徳 さん (石黒研究室)

   【3年】  細谷友崇 さん



千葉さん、細谷さん、受賞おめでとうございます!

たくさんの学生さんをご推薦いただき、審査員の先生方からは嬉しいコメントもいただいていますのでいくつか抜粋します。(来年度の参加者の参考になればと思います)


<審査員からのコメント>

・日本語での講演でも通用する内容を話していた

・英語は,妙なクセのない,素朴なnon-nativeらしい発音で,おそらくnative speakersにも通じやすい

・自分の講演内容に関する理解度が高い

・高度な内容をなるべく分かりやすく説明しようとする姿勢が感じられた

・質問にもしっかりと答えられていた

・プレゼン資料が分かりやく,見栄え良く,非常に分かり易い


昨年の発表会では、全体的な英語プレゼンの能力が上がってきたことが評価されていましたが、今年は英語プレゼンの手法をしっかり修得した上で、更に自分の発表テーマをわかりやすく、いかに興味を持って聞いてもらえるようにプレゼンするかというところまで到達していたように感じられます。相手に説明するということは、自分自身が十分に理解していないといけないということですから、発表者の皆さんが研究室やアドバンス創造工学研修においてどれだけ真剣に研究に取り組んでいるかということも証明された発表会だったのではないでしょうか。

同じ学科の中にいても他の学生が、どのような研究分野にいるのか、また研究分野名は見聞きしたことがあるけれど実際にどんな手法で研究を進めているのか、同級生でもなかなか知る機会がないものです。今回は英語プレゼンでしたが、学内では他にも一般聴講が可能な研究会等も多く開催されていますので、時間を作って色々な分野を知る・興味を持つということにもチャレンジして欲しいと思います。(講義でいっぱいいっぱいだと思いますが)

盾の授与の様子は、後日お伝えいたいと思います。

まずは、ご報告まで。
みなさん、お疲れさまでした。




--- 11/19追記 ---

受賞者に対し、松浦先生から盾の授与がありました!

tate.jpg


▼4年生の千葉さん(石黒研究室)

pict-c.jpg 

▼3年生の細谷さん

pict-h.jpg

二人ともとても研究熱心な学生さんです。
通常の研究活動や講義で忙しい中でもしっかりとプレゼン発表に向けて準備し参加してくれました。

とてもいい笑顔ですね。先生が一番笑顔です!
先生にとってもわたくしたち事務局にとっても、学生さんの頑張りはとても嬉しいものですからねー。自然と笑顔になってしまいます。

受賞おめでとうございました。



東北大学 工学部 電気情報物理工学科
〒980-8579 仙台市青葉区荒巻字青葉 6-6-05 青葉山キャンパス

© 2014 Department of Information and Intelligent Systems, Tohoku University All Rights Reserved.
「Step-QIスクール」は、東北大学工学部 電気情報物理工学科が運営しています。