Step-QIスクール事務局です。

2014年度の研究成果の発表の場となる「アドバンス創造工学研修成果ポスターセッション」についてのお知らせです。

昨年に続き2回目の取組みとして、アドバンス創造工学研修受講学生にポスター前に立ってもらいポスターセッションを実施することになりました。今年度は、20の研究テーマ・27名の参加です。



20150323ロビー写真HP用.jpg



多くの方々に自分の研究について説明し新たな気づきを得られる貴重な機会です。普段はスクール生が集まるイベントがなかなかありませんので、この機会に学年を越えて交流を図りましょう。

サイエンス・インカレの出場者・受賞者も多数います。次回応募の参考に、応募書類作成のコツや実験や研究過程でどんな工夫をしたかなど意見交換もして欲しいと思います。

当日は、オーディエンス賞の投票も行います。たくさんの発表を聞いて、一票を投じて下さい。

                 記

   日時:2015年4月13日(月) 16:20-(2時間程度)

   場所:電子情報システム・応物系 2号館 1Fロビー(MAP)



学内・学外問わず、多くの皆様にご来場いただければ幸いです。
不明点・お問合せ等ございましたら、事務局まで。 



2014Pテーマ一覧.jpg

テーマ一覧はこちら(PDF)



2015年2月28日(土)から3月1日(日)にかけて兵庫県・神戸国際会議場において開催された、文部科学省主催「第4回サイエンス・インカレ -学生による自主研究の祭典-」において、Step-QIスクールから2名の受賞がありました。昨年・一昨年に引き続き、受賞者が出たことを大変嬉しく思っております。

工学部情報知能システム総合学科で実施されている文部科学省「理数学生支援事業」Step-QIスクールのプログラムの一つである「アドバンス創造工学研修」において2年次・3年次学生が研究室に配属され取り組んだ研究です。


【口頭発表部門】

◇サイエンス・インカレ・コンソーシアム奨励賞(DERUKUI賞)

igarashi.JPG

五十嵐 祐貴(2年)
「リアルタイムトーキングアバターの実現に向けたキャラクタ依存声質変換の研究」
研修先:ヒューマンインターフェース[伊藤・能勢]研究室


◇企業賞(HUAWEI賞)

kanemura.JPG

金村 卓郎(2年)
「薄膜磁性体・絶縁体接合における強磁性共鳴の直流電圧測定」
研修先:半導体スピントロニクス[大野]研究室(電気通信研究所)

Step-QIスクールからは、他に以下7テーマが出場しました。

【口頭発表部門】

<生物系>
 鑓水 大和・王 子超(2年) 「生きた細胞内での単一分子ナノ計測 ~ミオシンモータを "追う "~」


<情報・融合領域系>
 珊瑚 彩主紀(2年) 「Flood-it を解くアルゴリズムに関する研究」



【ポスター発表部門】

<情報・融合領域系>
 亀井 大樹(2年) 「圏外でもスマホの通信が可能? -端末間通信技術の基礎性能に関する評価実験-」

 渡邉知晟(2年)  「自走式デジタルテーブルのためのマルチタッチサーフェスインタフェース」


<工学系>
 細谷 友崇(3年)  「四角と六角をくっつけろ! ~多機能集積回路のためのサファイア基板上ゲルマニウムヘテロエピタキシャル成長~」

 堀内 伸一(3年)本田 竜介(2年) 「プラズマ直接照射による標的細胞内への高分子導入」


<生物系>
 栗本 優美(2年) 「遺伝子共進化法からみるヒトの特徴」


all_15.JPG


今回は2年連続出場の学生もおりましたし出場人数が多かったこともあり、いい意味で仲間意識を持って2日間を過ごしていたように感じました。ポスターブースの作業も、お互いに協力しながら進めている様子も見受けられました。口頭発表会場は独特の雰囲気がありますが、緊張の中でも自分らしさを存分に出した発表をしており、質疑応答でもしっかりとしたやり取りをされていました。自身の研究について理解を深められているからこその堂々とした受け答えでした。

いつも傍でご支援さいました指導教員の先生方・研究室の皆様にこの場をお借りして、事務局一同心から御礼申し上げます。引き続き、早い年次から研究に触れられる場や学習環境の提供を通してスクール生がより充実した学生生活を送ることができるように、私共も精一杯お手伝いさせていただきます。

尚、4月13日(月)には電子情報システム・応物系2号館1Fロビーにて、アドバンス創造工学研修ポスターセッションを行います。こちらのイベントでは、アドバンス創造工学研修を行った学生全員の研究成果がご覧になれます。もちろん、インカレ出場者の研究テーマもご覧いただけます。来年度、アドバンス創造工学研修にチャレンジしてみようと思っている学生の方は、どのような研究テーマがあるのか参考にしてみると共に、どのようなペースで研修を進めていたのかなど、先輩達に聞いてみるよい機会だと思いますので、ぜひ聴講参加して下さい。

発表や受賞の様子は、後日サイエンス・インカレの公式ページにて公開される予定となっています。

スクール運営に関わるご意見やお問合せがございましたら、以下までお願いします。

- お問合せ -
東北大学工学部 情報知能システム総合学科
Step-QIスクール事務局
step-qi@ecei.tohoku.ac.jp





東北大学 工学部 電気情報物理工学科
〒980-8579 仙台市青葉区荒巻字青葉 6-6-05 青葉山キャンパス

© 2014 Department of Information and Intelligent Systems, Tohoku University All Rights Reserved.
「Step-QIスクール」は、東北大学工学部 電気情報物理工学科が運営しています。