こんにちは。
Step-QIスクール事務局です。

ご連絡が遅くなりましたが、1年生ロボティクスコース第1回目の日程が決定いたしました。
直前のご案内となり申し訳ありませんが、みなさんのご参加をお待ちしております。
なお、2回目以降の講義・実習は、10月以降の予定です。

              記


日 時:2015年7月28日(火)16:20~17:50

場 所:青葉山キャンパス 
     電子情報システム・応物系2号館(D12)
                  204会議室

内 容:イントロダクション、LabVIEWの講義

持ち物:筆記用具


学生掲示WEB.jpg


PDFはこちら)

こんにちは。
Step-QIスクール事務局です。

先日は、英語学習法セミナーに参加された皆様、お疲れ様でした。
セミナーの中で紹介のあった外国語学習用e-ラーニング教材「ALC NetAcademy2」実際に使ってみましたか?

講師は、アルク社英語学習アドバイザーの先生。

◎P1030720.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

セミナーは、Step-QIスクールの「Q」の意味の説明から始まりました。
「Q」は、「Quadruple: 4重の~」という意味から取った言葉です。
アイスクリームのsingle,double,triple,quadruple・・・の例えはわかりやすかったですね!
※補足
  QI=Quadruple‐I:以下、4つの「I」から構成されます
  I=international,interdisciplinary,industry-academic,interchange
※※詳細は、工学部HPへ。


前半では、企業に就職する際に必要とされる英語力(TOEIC)や実際に就職した後も、海外勤務の際だけでなく、日本で働いていても英語を話す必要に迫られる現状などについて、具体的な企業での事例を交えてのお話がありました。「英語が向こうからやってくる」という表現に、はっとした方も多かったのではないでしょうか?


後半では、自宅学習できる外国語学習用e-ラーニング教材「ALC NetAcademy2」について、どんなことができるのか、また、効果的な使用方法等のお話がありました。提出頂いたレポートの中でも「こんなに充実した機能があることは知らなかった」と書いてある方も多く、まだ使いこなせていない方も多かったようです。

効果的な使い方として、特に日本人で苦手と感じる方が多い「Listening」について。
"音と文字を一致させる学習が重要"ということでした。


方法としては・・・

1.あえてテキストは一切見ず、ひたすら音だけを聞き続ける
     ↓
2.聞き取れない部分が明確になる
     ↓
3.初めてテキストを見る
     ↓
4.もう一度聞く



そうすると、今度は今まで聞こえなかった、意味がわからなかった部分がはっきりと理解できるようになり、音と文字が一致し、定着するそうです。

是非、「ALC NetAcademy2」等の教材をうまく活用して、「Listening」の壁を越えられるようになるといいですね!


最後に、英語学習へのモチベーションを維持させるためには、「具体的な目標の仮据えをすること」が一番だそう。留学や就職をイメージする際も、何のためどんな場所に行くのか、どんな分野に就職したいのか、場所や状況なども具体的にイメージすること。
また、そのために必要な語学力はどのくらいなのか、今できることは何があるのか・・・と大きな目標から小さな目標につなげ、直近の行動リストに落とし込んでいくとよいようです。

さらに、学習を続けるために、「4W1H(When,Where,Who,What, How)をはっきりさせる」こと。
特にWhere(どこで)とWho(誰と)という2つは決めておくとよいということでした。


また、一人ではなかなか学習が進まなかったり、方法に迷ったり等英語学習での不安や悩みに関しては、セミナーでも紹介がありました、川内のグローバルラーニングセンター内にある「英語学習カウンセリング室」を利用するのもよいですね。


毎日ほんの少しの時間でも英語に触れて学習を習慣化する、一緒に勉強する仲間を見つける、カウンセリング室等でアドバイスをもらいながら自分なりの目標を立てるなど、身近なところでできることから、始めてみましょう!
日々の努力の積み重ねが、4年後には実感できる力として身に就いているかもしれません。

スクールに自ら応募し、"自主的に進める行動力"を持っている皆さんなら、きっとできると思います。
まずは、目標を仮据えし、できることを、明日からではなく、「今日から」頑張っていきましょう!













  • 1

東北大学 工学部 電気情報物理工学科
〒980-8579 仙台市青葉区荒巻字青葉 6-6-05 青葉山キャンパス

© 2014 Department of Information and Intelligent Systems, Tohoku University All Rights Reserved.
「Step-QIスクール」は、東北大学工学部 電気情報物理工学科が運営しています。