ニュース 第8回サイエンス・インカレ応募要項及び応募書類の提出について

| ニュース
既にメールでお知らせしておりますが、学生による自主研究の祭典 第8回サイエンス・インカレ(2019年3月2日、23日/立教大開催)の応募受付が開始されています。

以下の通り、Step-QIスクールとしての応募指針を記載します。4年生及びアドバンス創造工学研修受講生は、応募条件を確認し、指導教員に相談の上応募して下さい。応募にあたり不明点や困ったことがありましたら、スクール事務局で可能な限りサポート致しますのでご相談ください。

▼第8回サイエンス・インカレ応募要項はこちら

<第8回サイエンス・インカレ開催概要>
◆大会日程  :平成31年3月2日(土)~3日(日)
◆開催場所  :立教大学 池袋キャンパス(東京都豊島区)
◆大会出場者の選抜日程
  エントリー期間 :平成30年10月20日(土)~11月29日(木)17時まで
  書類提出期間   :平成30年11月1日(木)   ~12月 3日(月)17時まで
◆出場者の決定: 平成31年1月下旬

<4年生>
以前あった卒業研究の有無は撤廃されているため、応募可能です。所属研究室のテーマで応募したい場合は、指導教員に相談し許可を得て下さい。

<2-3年生アドバンス創造工学研修受講者>
応募について、まずは指導教員にご相談下さい。
学外での発表は、専門学会での発表の機会もありますが、インカレの特徴の一つは、"全国の自然分野を学ぶ様々な学部生、先生方が一堂に会する場"であることです。そのため「自分の研究内容や成果を専門外の方にもいかにわかりやすく伝えられるか」という力が試される場でもあります。また参加したスクール生によると、意欲の高い学部生との人脈が学外に広がることも参加する大きなメリットのようです。
アドバンス創造工学研修は配属されてから短い期間の中で成果をどれだけ出せるのか心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、4か月後の発表をイメージしながら指導教員の方と実験の進め方や応募内容についてお話ししてみて下さい。過去に出場した先輩方も、短い期間でしたが準備を進めしっかり発表されていました。

個人・または最大3名のチームでの応募が可能となっています。

大まかに分けると

 ◆募集分野:自然科学系の全分野
     (①数物・化学系②工学系③生物系④情報系⑤文理融合系の5分野に区分して募集)
 ◆発表部門:「口頭発表」「ポスター発表」の2部門
 
となります。

<応募された方へ>
スクールとして応募人数や審査の状況を確認しますので、インカレ事務局へ送付した応募書類(表紙・要約・研究内容)をStep-QIスクール事務局【step-qi@ecei.tohoku.ac.jp】にも必ずメール送信願います。【締切厳守:12/7(金)】

昨年の研究発表会のデータも参考にしてください。

※昨年度、スクール先輩の出場テーマはこちら
-第6回サイエンス・インカレでの受賞報告記事
-第4回サイエンス・インカレでの受賞報告記事
-第3回サイエンス・インカレでの受賞報告記事
-第2回サイエンス・インカレでの受賞報告記事

東北大学 工学部 電気情報物理工学科
〒980-8579 仙台市青葉区荒巻字青葉 6-6-05 青葉山キャンパス

© 2014 Department of Information and Intelligent Systems, Tohoku University All Rights Reserved.
「Step-QIスクール」は、東北大学工学部 電気情報物理工学科が運営しています。