HOME

Step-QIスクール
東北大学 工学部 電気情報物理工学科

ステップQIスクール

Student Blog

2016年4月13日 21:21

Step-QIスクールで経験できたこと(修士1年 細谷友崇さん)

はじめまして。
私は学部2年~4年の間にStep-Qiスクールを受講していた細谷です。
先月東北大学を卒業し、今は大学院通信工学専攻にて研究を続けています。

私の大学生活は部活もサークルも無いキャンパスライフでした。しかし、Step-Qiにて開催されている「アドバンス創造工学」が何にも代えがたい経験を与えてくれました。

学部2年では末光研究室、学部3年では鷲尾研究室にてアドバンス創造工学を受講しました。末光研究室では炭化ケイ素の結晶成長について、鷲尾研究室ではゲルマニウム結晶成長について研究しました。材料は違いますが、どちらも結晶成長についてです。

さて、アドバンス創造工学はサイエンス・インカレに出ることを一つの目標としています。私は学部2年で口頭発表、学部3年でポスター発表が採用され、発表してきました。受賞することはできませんでしたが、同年代の熱意を持って研究してる人がどんな感じなのか、ということがわかったり、私の大好きな半導体を作っている会社の方々と交流出来たり、世界が広がる経験でした。
◎細谷さん2013インカレ (口頭).JPG

◎細谷さん2013インカレ.JPG
◎細谷さん2014インカレ(ポスター)修正.JPG

また、学部2年では指導教員である末光先生からの提案で、学会で発表もしてきました。しかも2回も。
初めて体験する学会は、インパクトの有る発表やプロの研究者からの鋭い指摘などどれも新鮮で、刺激のあるものでした。ポスター発表だったので、指摘をしてくれた方と直に議論でき、勉強になりました。

この2年間のアドバンス創造工学を通して、研究のやり方、実験はこう進めて、サンプル評価はこうして、考察はこうして、結果はこうやってまとめて、こんな感じで発表する、という流れを勉強できました。例えば結晶についての研究だと、ただ実験して評価するだけでなく、結晶の原子模型を眺めてどの原子が結晶性を崩す原因なのか一日中考えたりなど、実験結果から考察する手法の一部が勉強できました。
学部4年ではどのアドバンス創造工学でも選ばなかった尾辻研究室にて化合物半導体の研究を行い、今も続けています。今の研究では、末光研究室・鷲尾研究室で勉強したすべての事が活かせています。

研究をやっていると、自然と関連する講義の勉強にも熱が入ります。その結果かどうかはわかりませんが、卒業時に工学部長賞をいただくことができました。同時に、Step-Qiを取りまとめていた松浦先生、安藤先生が工学研究科長賞を受賞されたのも嬉しい限りです。

◎P1000922.JPG

◎P1000963.JPG
Step-Qiを通して、学部生では経験できないことを数多く経験することができました。感謝です。
そして、後輩たちにもオススメします。

                                                                                                尾辻・末光(哲)・ボーバンガ研究室 修士1年 細谷 友崇



コメント(0)

この記事にコメントする


URLは自動的にリンクに置き換わります。