概要

東北大学「電気・情報系(ECEI)」とは、電気・情報分野の発展・向上のため関連する学科・専攻・研究所の研究室が参画するグループであり、電気・通信・電子・情報・医工学分野にわたる研究と教育を協力して進めています。約60の研究室から構成されており、120名を超える教員と、約1500名の学部生・大学院生を擁します。1学部に匹敵する国内最大級の規模で、同分野で日本を代表する総合研究教育拠点と言えます。その卒業生・修了生の数は、15000名に達します。

今日、電気や情報は社会インフラとして、人々のライフスタイルに欠かせないものになっています。東北大学の電気・情報系は100年にも及ぶ輝かしい伝統と歴史を誇ります。研究第一主義・実学尊重という大学理念を基に、日本のエレクトロニクス研究の黎明期から現在まで、通信・放送用アンテナ、高周波用デバイス、光通信三大要素、高性能半導体デバイス、高密度磁気記録の発明・発見など、世界的にも突出した数々の研究業績を挙げてきました。さらに、幅広い研究分野と高度な専門教育により、最先端研究プロジェクトや卓越大学院プログラムなど多くの大型研究プロジェクト・教育プログラムを主導して、情報化社会のイノベーションを牽引してきました。これらの実績は、東北大学が指定国立大学に指定されたことにも大きく貢献しました。今後も、豊かな社会を築く基盤研究と実践教育を推進することで、技術と人の未来と文化の発展を考えていきます。例えば、人工知能・ビッグデータなどの知的情報システム、IoTや5Gなどの高速大容量情報通信、生活をスマートに支援する次世代半導体デバイス、持続可能な社会を実現するエネルギー関連技術、人に優しい健康管理・医療支援技術などの取り組みです。

電気・情報系の教育では、独創性と創造性を重視しており、国際的にもリーダーシップの取れる技術者・研究者を育成することを目標としています。幅広い関連分野の基盤科目と高度な専門科目を個人の目標や興味に合わせて学ぶことができ、のびのびと研究できるのが特徴です。卒業後の就職についても、多彩な業種への進路が開かれており、一貫した専門課程を修めた多くの卒業生が、社会の中で中核的な役割を担って活躍しています。学術分野のみならず産業界でも著名な人材を多く輩出しています。社会に出てノーベル賞を受賞した卒業生もいます。

今後も電気・情報系は、最高レベルの施設・設備環境、充実した研究教育体制、同窓生の支援も交えた幅広く密接な産学連携をベースに、社会に役立つ先進技術の創出と中核的人材の輩出を図り、人の幸せと豊かな社会の実現を目指していきます。

東北大学 電気・情報系 組織図 東北大学 電気・情報系 組織図

沿革

HISTORY of ECEI

電気・情報系「活躍の軌跡」

本系は世界の先進技術に貢献する独創的研究の中心として、輝かしい伝統を継承しています。また、既存の分野にとらわれない開発精神も受け継がれており、現在では、バイオ・ナノエレクトロニクス、ロボティクス、情報セキュリティ、宇宙・環境にまで、その教育研究分野を広げています。このような先進的な環境の中から、ノーベル賞受賞者の田中耕一さんをはじめ、多くの優秀な人材を社会に送り出し続けています。

 

1919

電気工学科創立

1925

八木・宇田アンテナ

八木秀次博士と宇田新太郎博士は、1925年に構造が簡単で性能の良い指向性アンテナを発明しました。現在、世界中の家庭でテレビ放送の受信アンテナとして最も広く用いられています。

八木・宇田アンテナ

1928

分割陽極マグネトロン

岡部金次郎博士は、1928年に波長が長く強い電波を発見することができる真空管(分割陽極マグネトロン)を発明しました。電子レンジには、この発明を改良したマグネトロンが使われています。

分割陽極マグネトロン

1950

電子管・半導体

渡邉寧博士の指導の下で、1950年ころから電子管や半導体が本格的に研究されました。この中で、ブラウン管や、半導体集積回路の技術の基礎が築かれました。

電子管・半導体

光通信の3要素

西澤潤一博士は、フォトダイオード、半導体レーザ、光ファイバの光通信の三要素を発明しました。光通信は携帯電話とともに、現在の情報通信ネットワークに不可欠なものとなっています。

光通信の3要素

垂直磁気記録(ハードディスク)

岩崎俊一博士は、合金粉末型塗布テープと垂直磁気記録方式を1958年と1977年に発明しました。前者はメタルテープとして、後者はハードディスクの最新方式として、世界中で広く用いられています。

垂直磁気記録(ハードディスク)

1980

2002

ソフトレーザー脱離イオン化法
(ノーベル化学賞受賞)

田中耕一さん(卒業生)
生体高分子の質量分析を可能とした「ソフトレーザー脱離イオン化法」の開発を高く評価され、2002年に日本人で12番目のノーベル賞受賞者(化学賞)となりました。
※(株)島津製作所における業績です。

ソフトレーザー脱離イオン化法(ノーベル化学賞受賞)

2002

西澤メダル創設

西澤潤一博士の顕著な業績を称え、IEEE※は、発明王エジソンや電話を発明したベルなどに続いて個人名を冠した賞(西澤メダル)を創設しました。
(※米国を拠点とする世界最大の電気・電子学会)

西澤メダル創設

2010

日本国際賞を受賞(岩崎俊一博士)

西澤潤一博士の顕著な業績を称え、IEEE※は、発明王エジソンや電話を発明したベルなどに続いて個人名を冠した賞(西澤メダル)を創設しました。
(※米国を拠点とする世界最大の電気・電子学会)

日本国際賞を受賞(岩崎俊一博士)

2013

文化勲章を受賞(岩崎俊一博士)

岩崎俊一博士は、磁気テープや磁気ディスクの大容量化に関して、高性能金属微粉末テープ(メタルテープ)を発明したほか、磁気記録理論の確立とともに世界で初めて垂直磁気記録方式を実現しました。これらの貢献に対して、文化勲章が贈られました。

2010

文化功労者に選出(舛岡富士雄博士)

舛岡富士雄博士は、半導体工学・電子産業技術分野の貢献に対して、平成25年度文化功労者として顕彰されました。同博士は磁気テープや磁気ハードディスクに続く新しい記憶媒体として「フラッシュメモリ」という革新的なメモリを開発しました。フラッシュメモリはその後、大きな発展を遂げ、今では、携帯電話、デジタルカメラ、メモリカード等、大容量記録媒体として社会に不可欠なものとなっています。

文化功労者に選出(舛岡富士雄博士)