入試情報

試験科目一覧  
過去の入試問題  
【2020年度実施大学院工学研究科・情報科学研究科(秋季・上期)
筆答試験室(対面)および面接・口述試験の日程について】2020/8/21更新

筆答試験(対面)の試験室と面接・口述試験に日程をお知らせします。
該当の受験者はご確認願います。

筆答試験室(対面) <PDF>
面接・口述試験日程表 <PDF>

電子情報システム・応物系1号館
https://www.eng.tohoku.ac.jp/map/?menu=campus&area=d&build=10

※送付した受験案内にてお知らせしておりますが、
筆答試験時間が両日とも9:30~11:00に変更となりましたのでご注意願います。

(2020/8/3更新) コロナウイルス感染症拡大防止のため、所属大学の所在地が県外の受験者についてはオンラインで実施することとなりました。 一方、県内の受験者については、状況が大きく変わらない限り、感染防止対策を徹底した上で通常と同様に対面で実施する予定です。
宮城県内の大学に所属する受験生は、県外の実家に帰っている場合でも「県内」に該当し、対面での試験となりますので、帰仙する必要があります。 帰仙 のタイミングについては、以下のHPから本学で定められた対応をご確認ください。

<参考:工学研究科の県境を越える移動に関する対応>
https://www.eng.tohoku.ac.jp/news/detail-,-id,1561.html

オンラインでの受験となる方は、誰もいない個室の確保とWeb試験が可能な情報端末の準備をお願いします。
また、試験前一週間以内に、事前の接続テストを行う可能性があります。詳細については、願書に記載のメールアドレス宛にお知らせしますので、定期的に確認してください。

関連専攻と入学試験情報

GSE

工学研究科

電気エネルギーシステム専攻、通信工学専攻、
電子工学専攻、技術社会システム専攻

GSIS

情報科学研究科

情報基礎科学専攻、システム情報科学専攻、
応用情報科学専攻

BME

医工学研究科

医工学専攻

RIEC

電気通信研究所

試験科目一覧

電気・情報系の前期課程(修士課程に相当)一般入試及び推薦入試B日程の筆答試験科目は、 以下の表のとおり、基礎科目、専門科目、英語に分かれています。 試験初日に基礎科目を、2日目に専門科目を受験します。基礎科目6題、専門科目6題が一冊の問題冊子で出題されます。そのうち、基礎科目は2題、専門科目は2題を、その場で選んで解答します。

本ページ(リンク先も含む)は、記載内容の間違いの修正や内容の変更のために定期的に更新しております。正確な情報を得るために、定期的に本ページをチェックしてください。

令和元年度春季入試(2020年3月実施分)より専門科目「電気工学」のキーワードを変更しました。
The keywords of specialized subject Electrical engineering are amended from entrance examination on spring 2019 (To be implemented from March 2020).

基礎科目(6題から2題を選択)

科目名 キーワード 教科書の例
電磁気学
Electromagnetics
  1. 真空中の静電界
  2. 真空中の静磁界
  3. 誘電体中の静電界
  4. 磁性体中の静磁界
  5. 電磁誘導の法則とインダクタンス
  6. 変位電流とMaxwell方程式
  7. 平面電磁波

1~7:
・宇野亨、白井宏 共著
「電磁気学」、コロナ社

電気回路
Electrical circuits
  1. 交流回路
  2. 回路に関する諸定理
  3. インピーダンス整合
  4. 二端子対網
  5. 分布定数線路
  6. 回路の伝達関数
  7. 回路の過渡現象

1~4:
・大野、西 共著
「大学課程 電気回路(1)」 オーム社 (第3版)、
1章~9章

5~7:
・喜安、斎藤 共著
「電気回路」 朝倉書店、2章~8章

情報基礎1
Basic information
science 1
  1. 論理関数の諸性質、論理式、積和標準形、最簡形
  2. ブール代数、ブール環、束
  3. 組み合わせ論理回路
  4. 順序論理回路、有限オートマトン、状態割当、正規表現

1~4:
・阿曽弘具 著
「計算機学入門~デジタル世界の原理を学ぶ」
共立出版、2、3、4、8章
・笹尾勤 著
「論理設計 - スイッチング回路理論」 近代科学社、全章
・当麻喜弘 著
「スイッチング回路理論」 コロナ社、全章

情報基礎2
Basic information
science 2
  1. アルゴリズム
  2. データ構造
  3. 集合論、組み合わせ論
  4. グラフ理論

1~2:
・茨木俊秀 著
「Cによるアルゴリズムとデータ構造」オーム社、1章~6章

3~4:
・斎籐、西関、千葉 共著
「離散数学」朝倉書店、1章~3章

物理基礎
Basic physics
  1. 質点の運動と力学(振動を含む)
  2. 仕事とエネルギー
  3. 相対運動
  4. 質点系の力学
  5. 剛体の運動

1~5:
・原島鮮 著
「力学」裳華房、第1章~第9章
・阿部龍蔵 著
「力学・解析力学」岩波書店、全章

数学基礎
Basic mathematics
  1. 行列・行列式
  2. 固有値と固有ベクトル
  3. 線形空間
  4. フーリエ解析
  5. 複素関数
  6. ラプラス変換

1~3:
・内田、高木、劔持、浦川 共著
「線形代数入門」裳華房、全章
・斉藤正彦 著
「線型代数入門」東京大学出版会、第1章~第6章

4~6:
・田中、林、海老澤 共著
「電子情報系の応用数学」朝倉書店、第1章~第5章
・広池、守田、田中 共著
「応用解析学」共立出版、第1章、第2章、第4章、第5章

専門科目(6題から2題を選択)

科目名 キーワード 教科書の例
電気工学
Electrical engineering
  1. 電磁エネルギーと電気機械結合系
  2. 磁気回路方程式
  3. 変圧器
  4. フィードバック制御系
  5. 安定性
  6. 周波数応答法

1~3:
・松木、一ノ倉 共著
「電磁エネルギー変換工学」朝倉出版、1章~4章

4~6:
・樋口龍雄 著
「自動制御理論」森北出版、全章
・伊藤正美 著
「自動制御概論」昭晃堂、1~6章

通信工学
Communication engineering
  1. 波形と周波数スペクトル
  2. サンプリング定理
  3. 信号の伝送と雑音
  4. アナログ変復調、ディジタル変復調
  5. 多重伝送方式

1~5:
・安達文幸 著
「通信システム工学」朝倉書店、2~12章、14章
・平松啓二 著
「通信方式」電子情報通信学会大学シリーズ、全章

電子工学
Electronic engineering
  1. 半導体デバイスとその基礎特性
  2. 半導体デバイスのモデル
  3. 回路解析(動作点解析、微小信号解析)
  4. 増幅回路(接地方式、バイアス回路)

1~4:
・樋口、江刺 共著
「電子情報回路I」、森北出版、1章~4章

1:(参考)
・古川静二郎 著
「半導体デバイス」コロナ社、1章、2章

計算機1
Computer science 1
  1. 組合せ回路の設計
  2. フリップフロップと順序回路の設計
  3. レジスタトランスファ論理と計算機の設計
  4. 演算回路の設計

1~4:
・亀山充隆 著
「ディジタルコンピューティングシステム」朝倉書店、全章

計算機2
Computer science 2
  1. プログラミング言語の構文解析
    (BNF、構文木など)
  2. コンパイラ(スタック、コード生成など)
  3. プログラムの性質
    (再帰手続き、正当性など)
  4. オペレーティングシステム
    (基本機能、並行プロセスなど)

1~4:
・白鳥、神長、高橋 共著
「ソフトウェア工学の基礎知識」昭晃堂, 1章~6章

物理専門
Advanced physics
  1. 1次元ポテンシャル中の粒子
  2. 調和振動子
  3. 固有状態と物理量
  4. 波束の運動
  5. スピンと角運動量
  6. 時間非依存型摂動論

1~4:
・末光、枝松 共著
「量子力学基礎」朝倉書店、第7章、第9章~第11章

5~6:
・中島康治 著
「量子力学」朝倉書店、第2章~第7章

1~6:
・David Griffiths 著
「Introduction to Quantum Mechanics」 Prentice-Hall,第1章、第2章、第4章、第6章

表の見方

キーワード
その試験科目のおおよその内容を表すキーワードです。あなたの大学のどの科目にあたるかの参考にしてください。
教科書の例
その試験科目の教科書の例として考えられる本があげてあります。 ただし、これらの教科書の内容がそのまま出題されるわけではありませんので、 各科目の試験範囲・内容を知る参考程度にとどめてください。

英語

東北大学大学院電気・情報系入学試験に
おける英語試験について

令和2(2020)年8月実施の大学院入試においては,新型コロナウイルスの感染拡大に伴い英語外部試験が中止になっている状況を受け, 「TOEFL® Test(PBT,iBT)又は TOEIC® Listening & Reading Test スコアシートの提出を求めない」ものとします.

【以下参考:2019年8月実施要領】


東北大学大学院電気・情報系では、英語にTOEFL iBT® Test、TOEFL® PBT TestおよびTOEIC®公開Testのスコアを利用しています。 本系を受験希望の方は下記の点に注意され、受験準備されるようお願いいたします。

1. 対象試験

TOEFL iBT® Test、TOEFL® PBT TestおよびTOEIC®公開Testのいずれかの試験のスコアを採用します。
団体受験用のTOEFL ITP® Test およびTOEIC® IP Test は認めません。

2. スコアシートの提出

TOEFL iBT® Test、TOEFL® PBT TestおよびTOEIC®公開Test のスコアシートの原本を出願時に提出すること。
詳細については、各研究科ウェブサイトを参照してください。

3. 有効期間

入学試験日実施日から遡って過去2年以内に受験したものを有効とします。

4. 得点の換算

提出されたスコアは一般的な方法を用いて換算し、英語の得点を算出します。スコアが提出されなかった場合には、英語の得点を0点とします。

(TOEFL®,TOEFL iBT®, TOEFL ITP®およびTOEIC®はエデュケーショナル・テスティング・サービス(ETS)の登録商標です。)

過去の入試問題

電気・情報系の大学院入学試験のこれまでの筆記試験問題です。
なお、小論文、英語小論文の問題は公開しておりません。

平成28年度春季入試(2017年3月実施分)より試験科目が一部変更になっています。
The examination subjects are partly amended from entrance examination on spring 2016 (To be implemented from March 2017).

基礎・専門科目筆記試験問題

※科目名をクリックすると問題冊子の pdf ファイルがダウンロードされます。