本文へスキップ

非平衡プラズマ学際研究センター

固体、液体、気体に次ぐ第4の物質の状態である“プラズマ”は、宇宙の物質の99%以上を占める「生命の起源」といえる存在であり、空気清浄器や半導体製造装置など身近で生活を支えてくれるものでもあります。
「非平衡プラズマ学際研究センター」では、新たな学術領域が拡がっている非平衡プラズマを基軸とした学術融合研究により、環境共生型・低消費電力・医療福祉・食の安全・未来社会を実現します。

トピックスtopics

2021.3.3 シンポジウム

2021年3月3日〜4日に、非平衡プラズマ学際研究センター シンポジウムを、仙台“プラズマフォーラム”と共催で開催。

2021.2.4 プレスリリース・研究成果

宇宙空間を大出力で推進する無電極プラズマ推進機の推進性能更新に成功。

2021.1.5 プレスリリース・研究成果

強力な酸化・ニトロ化剤 五酸化二窒素を空気から電気的に合成することに成功。

履歴news

2021年4月1日
非平衡プラズマ学際研究センターのパンフレットを作成しました。
2020年4月1日
研究組織を更新しました。
2020年4月1日
非平衡プラズマ学際研究センターが設置されました。

非平衡プラズマ学際研究センター

〒980-8579
仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-05
東北大学大学院工学研究科
電子情報システム・応物系
教育研究実験棟内

email: IRCNP◎grp.tohoku.ac.jp
(◎を@に変更して下さい)