研究内容のご紹介


リンパ節転移の早期診断・治療法に関する前臨床試験

担当教員:教授 小玉哲也 / 講師 森士朗(腫瘍医工学分野)


浸潤性で転移性を示す「がん」は、浸潤-転移という連鎖を繰返ことが知られています.本分野では、この連鎖の初期段階にあるリンパ節転移の診断法と治療法の開発に関する前臨床試験を実施しております.主な研究テーマは以下の通りです。
1) リンパ節転移の機序に関する研究
2) ナノ粒子を用いたリンパ節転移薬剤送達システムに関する研究
3) 画像解析を用いたリンパ節転移診断法に関する研究

体に優しい集束超音波治療

担当教員: 教授 梅村晋一郎 / 准教授 吉澤晋(超音波ナノ医工学分野)


マイクロ気泡には超音波治療の効果を顕著に高める働きがありますが、これを超高強度の短い集束超音波パルス照射により発生させる方法や、腫瘍集積性をもつナノ液滴を超音波刺激により相転移させて発生させる方法を開発しています。発生させたマイクロ気泡により、治療の選択性と治療体積/治療時間を抜本的に高めることを目標としています。さらに、このような集束超音波治療を高速超音波イメージングにより照準・監視することも研究しています。

粒子線がん治療における新治療法の研究

担当教員: 准教授 寺川貴樹(量子医工学分野)


X線に比べて腫瘍へ線量を集中できる粒子線治療と腫瘍血流遮断薬を併用した低侵襲・低副作用のがん治療の基礎研究を行っています。治療効果の診断には、1mm以下の高空間分解能を有する小動物用半導体PET装置を用い、腫瘍の糖代謝や低酸素の画像を活用しています。また、PIXE法と呼ばれる多元素同時分析法により、腫瘍組織や細胞内の抗がん剤の濃度分布を取得する技術開発を行い治療研究に応用しています。

低侵襲がん治療用材料に関する研究

担当教員: 准教授 川下将一(医用材料創製工学分野)


中性子線照射によりβ線放射体となる元素(イットリウムやリン)を含む微小球、あるいは交流磁場の下で発熱する磁性体(マグネタイトやマグへマイト)を含む、直径約25ミクロンの微小球をカテーテルによりがん近傍の毛細血管内に送り込めば、がんを局部的に放射線照射あるいは加温して治療できる可能性があります。当研究室では、そのようながんの血管内治療に役立つ微小球の開発を進めています。