研究内容

PROJECT

西條研究室(東北大学 大学院医工学研究科医用イメージング分野)は、安全性・リアルタイム性・可搬性の高い超音波イメージングの利点を活かしながら、超音波で見える生命現象の世界を広げられるよう、日々挑戦しています。

「生体内の流れの時空間変動をもっと詳細に」「数十ミクロンの毛細血管網をもっと鮮明に」「生きた細胞内部の構造変化を克明に」「血管の3次元構造を一瞬で」

医学における多様な「見たい・見せたい」の実現に向け、超音波トランスデューサ設計から、信号・画像処理、光学システム、人工知能工学まで、幅広い工学アプローチを融合し、未来の医用イメージング技術を創り上げていきます。

最新情報

NEWS

  • 2021.10.25-27

    第42回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム(https://use-jp.org/)に参加いたします。
    当研究室からは、光音響イメージング、生体内の流れ解析、AIによる超音波画像解析などの領域で研究成果の発表を行います。

  • 2021.09.21

    第62回日本超音波医学会東北地方会学術集会において、当研究室博士2年の菅野尚哉君が奨励賞を受賞しました。

  • 2021.09.15

    International Conference on Biomedical Engineering (ICoBE 2021)において、当研究室修士2年のAnam BhatteiさんがBest Presenter Awardを受賞しました。